企業がYouTubeマーケティングを成功させるには?

YouTubeマーケティングとは、企業がYouTubeを利用して商品やサービスのPRをし、集客や販売につなげることです。
YouTubeのユーザー数は全世界で20億人以上、1日あたりの動画視聴時間は世界合計で10億時間以上です。これは全インターネット人口の約3分の1にあたり、この圧倒的なユーザー数を背景に、企業は今YouTubeマーケティングに注目しています。
本記事ではYouTubeマーケティングを成功させるコツや、YouTubeマーケティングの実践方法について解説していきます。

企業がYouTubeマーケティングを成功させるコツ

YouTubeマーケティングを成功させる手順は3つです。
①ターゲットと目標を明確にする
②目標に合ったKPI設定する
③PDCAを常に行う
まずターゲットや目標を明確にしましょう。そして目標達成するための具体的なKPIを決め、KPIの値を参考にPDCAを行えば、最初に決めた目標を達成することができます。

YouTubeマーケティングのKPIとは?

YouTubeマーケティングのKPIとは、目標を達成するための中間目標の事です。
例えば、自社商品を広く認知させる事が目標であれば、KPIを「再生回数の増加」とします。しかし、自社商品を深く理解させることが目的であればKPIは再生回数よりも視聴維持率としたほうがいいでしょう。
このほかにも、YouTubeマーケティングで設定するKPIには、再生回数、クリック率、視聴維持率、視聴後のチャンネル登録率、グッド/バッドボタン、コメント、などがあります。

 

再生回数
自社商品を多くの人に知ってほしい場合には、再生回数をKPIに決めると良いでしょう。
再生回数が増えると関連動画やおすすめ動画としても表示されやすくなりますので、YouTubeマーケティング上では重視しておきたい項目です。
またユーザーの中には、「この動画の再生回数はなぜ多いのか?」と、商品に興味がなくても動画を再生してみる場合があります。商品への興味は後からでも獲得できるので、まずは認知を高めるために再生回数を伸ばすというのも有効な戦略です。

 

クリック率
自社商品を多くの人に知ってもらいたい場合は、クリック率をKPIに決めると良いでしょう。クリック率を高めるには、サムネイル画像とタイトルがポイントとなります。
ただしサムネイル画像やタイトルを誇張しすぎるなどユーザーを釣る行為は、視聴維持率やチャンネル登録率などを下げてしまうことにつながりやすいので注意しましょう。

 

視聴維持率
自社商品について深く知ってもらうことが目標の場合は、視聴維持率をKPIとしましょう。視聴維持率はユーザーが動画のどこまでを視聴したのかを指す値です。再生回数が多くても視聴維持率が低ければ、ユーザーにとって動画が期待はずれだったということです。この場合、自社商品の購入や利用には至りにくいでしょう。
視聴維持率が低い理由には、「結論までに至るまでが長い」「冒頭で結論を述べている」など、さまざまな原因が考えられます。
YouTubeアナリティクスなどのツールを活用して、視聴者が離脱しやすいポイントを明らかにすると、動画の改善点が見えてきます。

 

視聴後のチャンネル登録率
新規顧客の獲得を目標にする場合は、動画視聴後のチャンネル登録率をKPIに決めると良いでしょう。
再生回数やクリック率、視聴維持率よりも、チャンネル登録してもらう方が少しハードルが高くなります。しかしチャンネル登録をするということは、ユーザーにとってそのチャンネルは今後も見たいチャンネルということです。自社のファンになってくれている可能性が高く、商品を購入する可能性も高いといえます。

 

グッド/バッドボタン
グッド/バッドボタンは、動画がユーザーにどう捉えられているのかを表す値です。
もちろん高評価が多ければ、「この動画は定評がある」と判断されますが、低評価が多い動画は最後まで視聴されず離脱するケースが多いです。
クリック率や再生回数が多くても、ユーザーに信頼してもらえる内容であるかが大切です。

 

コメント
ユーザーがYouTubeを利用して商品について知る際には、動画の内容だけではなくコメントも参考にしています。コメント欄にすでに利用したことがある方の感想や、商品への印象が書かれていると、新規顧客獲得にもつながりやすいです。
ただし、コメント欄は良いものだけではなくアンチコメントもあります。アンチコメントは時として炎上にもつながる火種となり得るので扱いに注意しなければなりません。良いコメントを増やすには、やはり動画の内容がユーザーにとって有益である必要があります。

企業がYouTubeマーケティングを実践する方法

企業がYouTubeマーケティングを実践するには、動画を制作して投稿していくことになりますが、動画を投稿する方法としては次の3つのやり方があります。


●企業チャンネルの開設し動画を投稿していく
●YouTuber(インフルエンサー)とのコラボ動画を投稿する
●動画広告の運用

この3つから効果的なものを実践する、もしくは組み合わせることがYouTubeマーケティングの基本です。

企業チャンネルの開設し動画を投稿していく

YouTubeに企業が自らチャンネルを開設し、継続的に動画を投稿していきます。

ターゲットと目標に合わせた動画を企画し、撮影、編集、投稿、分析を繰り返すことになりますので、非常に手間も時間がかかります。しかもチャンネル開設してすぐには設定したKPIも伸びないでしょう。

しかし設定したKPIを達成するべく動画を改善し投稿し続ければ、目標はいずれ達成できます。達成できた頃には企業チャンネルは大きな資産となっていることでしょう。

YouTuber(インフルエンサー)とのコラボ動画を投稿する

YouTubeで多くのファンを抱えるYouTuber(インフルエンサー)とのコラボ動画を制作・投稿するのは有効な手段です。

例えば20〜30代女性向けのダイエット用品をPRするならば、20~30代女性をターゲットにダイエットに関する発信をしているYouTuber(インフルエンサー)にPRを依頼します。そうすればターゲット層に自社商品の情報を届けることができます。

YouTuber(インフルエンサー)は消費者の目線と近く、視聴者から親近感をもって見られています。お気に入りのユーチューバーの動画なら、たとえそれが企業の商品のPRだったとしても見てくれる確率が高いです。

投稿するチャンネルは、自社の企業チャンネルとYouTuber(インフルエンサー)のチャンネルの両方に投稿する方が、企業チャンネルの認知拡大にもつながりより効果的です。

動画広告の運用

YouTubeは動画広告を運用することもできます。
YouTubeのアカウントには、ユーザーの年齢、性別、居住地域、子供の有無、興味の範囲など、さまざまな情報が登録されています。これらの情報を基にしたターゲティングによって、YouTubeでは動画広告をより精緻にターゲットに届けることが可能です。

またYouTube動画広告の場合、動画が一定時間視聴されるか、広告がクリックされて企業が用意したサイトへ移るなどした場合のみ、料金が発生するという課金システムになっています。この課金システムでは動画がスキップされるなどした場合、広告料が発生しないため、比較的費用を安くおさえられます。

企業がYouTubeマーケティングを成功させるには?まとめ

本記事では、企業がYouTubeマーケティングを成功させる方法や実践の仕方について解説しました。YouTubeマーケティングは企業や商品の認知向上や販売促進に非常に効果の高い方法です。是非挑戦してみてください。


✔集客方法がわからない
✔ホームページを制作したい
✔今の広告・媒体に反響がない
✔相談できる相手もいない

 

株式会社アシストではホームページや各種SNSの構築・運用などを活かした集客・求人に関する相談を受けております。
集客方法がわからない、求人方法に悩まれている方はぜひ一度、ご相談下さい。

NEW
ARCHIVE