YouTubeで企業チャンネルを宣伝する方法まとめ

昨今、高速大容量の通信を可能にする5Gが普及し、スマートフォンで動画を見る習慣が浸透しました。動画を使ったマーケティングはますます注目され、YouTubeで自社商品を宣伝する企業が増加しています。
しかし、YouTubeに企業チャンネルを開設し動画を投稿しても、多くのユーザーに視聴してもらうことは決して簡単ではありません。優れた動画を制作しているにも関わらず、視聴回数が伸びず効果的なマーケティングを行えていない企業も少なくありません。
そこで本記事では企業のYouTubeチャンネルの宣伝方法について解説していきます。

YouTubeで企業チャンネルを無料で宣伝する方法

企業がYouTubeチャンネルを無料で宣伝する方法は5つあります。
●タイトルや説明文を工夫する
●再生リストを活用する
●終了画面をつくる
●カード機能を活用
●他のSNSで宣伝する

タイトルや説明文を工夫する

ユーザーは、YouTubeでみたい動画を探すときにキーワードで検索をかけます。ユーザーがキーワード検索をしたときに自社が投稿した動画がヒットする確率を高めるためには、検索されそうなキーワードを投稿する動画のタイトルや説明文に含めるようにしましょう。
またユーザーは検索結果として並んだ動画のサムネイルとタイトルを見て、どの動画を見るかを決めます。つまりタイトルは一目で動画の内容がわかり、かつ目を引く言葉である必要があります。

たとえば「人気のイタリア料理店~」では何が人気か分かりませんが、「ワイン100種以上!デートに使える人気のイタリア料理店」だと人気の理由が分かるうえ、内容も想像しやすいです。

再生リストを活用する

チャンネル内の一連の企画動画や関連動画などがある場合は再生リストとしてひとまとめにしておきましょう。するとその自社の動画に興味をもって視聴してくれたユーザーをチャンネル内の他の動画に誘導することができます。

終了画面を活用する

YouTubeでは動画が終わる間際に終了画面を挿入できます。終了画面には他の動画や再生リスト、チャンネル登録ボタン、承認済みWebサイト、チャンネルなどのリンクを差し込むことができます。
動画を最後まで見て、終了画面も見てくれているようなユーザーは、その企業チャンネルに一定の興味を抱いています。終了画面にチャンネル内の他の動画のリンクを張ったり、チャンネル登録ボタンを設置して登録を促しましょう。

カード機能を活用する

YouTubeでは動画の途中で他の動画や再生リストなどを宣伝できるカード機能があります。カードとして表示できるのは、「動画カード」「再生リストカード」「チャンネル カード」「リンクカード」の4種類です。
リンクカードはYouTubeパートナープログラムに参加している必要がありますが、その他のカードは無料で利用可能です。

他チャンネルとコラボをする

自社の企業チャンネルや動画を宣伝する方法として効果的なものに、他チャンネルにコラボを依頼し、動画を配信するというものがあります。視聴者属性が似ているユーチューバーにコラボを依頼できれば、大きな宣伝効果を得られるでしょう。
コラボ動画を投稿し、コラボ相手のユーチューバーの視聴者層にも認知してもらうことで、自社の企業チャンネルの登録者数や再生回数の増加が期待できます。

他のSNSで宣伝する

Twitter、Instagram、TikTok、Facebookなど、YouTube以外のSNSを活用することも有効な方法です。
特にTwitterやTikTokは拡散性が強いSNSです。投稿した動画が話題となり、拡散されれば、自社の企業チャンネルを知らない人のところまで情報を届けることが可能です。
SNSに動画情報を投稿して視聴回数やチャンネル登録者数を増やすためには、そのツイートを見た人が思わずクリックするような短い文章を添えることを心がけましょう。

ただし、SNSでのフォロワーとYouTube企業チャンネルの視聴者の属性があってない場合には、SNSからのアクセスを流入させると、YouTube上のエンゲージメント率を下げてしまう可能性があります。
この場合はSNSを使って無闇に宣伝しないほうが無難でしょう。

YouTubeで企業チャンネルを有料で宣伝する方法

企業がYouTubeチャンネルを有料で宣伝する方法としてあげられるのは、YouTube広告で企業チャンネルを宣伝する方法です。より効果的に宣伝したいなら広告を出すことを検討してみましょう。

YouTube広告で企業チャンネルを宣伝する

YouTube広告は、目的と予算に合わせて以下の4種類から選べます。


●バンパー広告
●インストリーム広告
●ディスカバリー広告
●マストヘッド広告


この4つのフォーマットはそれぞれ表示される場所や形式、広告費の仕組みが異なります。

 

バンパー広告
バンパー広告は視聴中の動画の始まりや途中に表示される動画広告です。
長さは6秒以下ですが、スキップできないため、動画広告が流れている間は視聴者の視点を独占できます。広告費は、取り扱う広告ジャンルによって異なりますが、表示回数が1,000回に達すると課金されるインプレッション課金制です。

 

インストリーム広告
インストリーム広告は、バンパー広告と同様に動画の始まりか途中で表示されますが、開始5秒でスキップできる動画広告です。
スキップされてしまえば課金されませんので、5秒間で視聴者に強い印象を残せれば、費用をかけずに広く宣伝することができます。
またインストリーム広告には、もう1つ「15秒以下でのスキップを不可とする」というものもありますが、こちらはインプレッション数で広告費が発生します。

 

ディスカバリー(ディスプレイ)広告
ディスカバリー広告は、YouTubeの検索画面や関連動画として表示される動画広告です。モバイル版YouTubeではトップページに表示されます。
視聴者が動画を探している際にタイトルとサムネイルが表示され、クリックすると動画広告が再生されます。
ユーザーがクリックしない限り課金されないクリック課金制です。


マストヘッド広告
マストヘッド広告は、YouTubeのホーム画面の最上部、最も目立つ位置に表示される動画広告です。
音声はミュート可能ですが、最大30秒間動画広告が自動再生されるので、絶大な訴求効果が期待できます。さらにパソコンやスマートフォンなど、どのデバイスからも視聴可能です。
マストヘッド広告の広告費は高額となっており、1日で数百万の費用が発生することもあります。

YouTubeで企業チャンネルを宣伝する方法まとめ

本記事では、YouTubeで企業チャンネルを宣伝する方法を解説しました。
YouTubeに企業チャンネルを開設し動画を投稿しても、動画を多くのユーザーに視聴してもらうことは決して簡単ではありません。しかし、企業チャンネルを適切に宣伝していけば、チャンネル登録者数や再生回数は着実に伸びていきます。
本記事を参考に、自社の企業チャンネルも積極的に宣伝していきましょう。


✔集客方法がわからない
✔ホームページを制作したい
✔今の広告・媒体に反響がない
✔相談できる相手もいない

 

株式会社アシストではホームページや各種SNSの構築・運用などを活かした集客・求人に関する相談を受けております。
集客方法がわからない、求人方法に悩まれている方はぜひ一度、ご相談下さい。

NEW
ARCHIVE