YouTube企業チャンネル運用で動画編集作業を外注する方法

新規顧客獲得や商品の販売促進のためにYouTubeチャンネルを運用する企業が増えています。
日々、試行錯誤しながら自社のYouTubeチャンネルに動画をアップロードしている企業の担当者の方の中には、「動画編集の作業はとにかく手間がかかるので外注したい」と考えている方も多いのではないでしょうか?
本記事ではYouTube動画編集を外注する方法や注意点などについて解説していきます。
 

YouTube企業チャンネル運用で動画編集作業を外注したい

YouTube動画編集を外注する際に選択肢としてあげられるのは、動画制作会社とフリーランスの動画クリエイターです。それぞれの特徴について解説していきます。

動画制作会社に外注した場合

動画制作会社にYouTube動画編集を外注した場合、安定して高いクオリティの動画を制作してもらえます。しかし費用についてはフリーランスの動画クリエイターに依頼するよりは割高となるでしょう。
動画の構成、テロップ、サムネイルなど、様々な部分でYouTubeに最適な表現が可能になり、再生回数や視聴者維持率の高い動画となることが期待できるでしょう。
また動画制作会社のなかにはYouTube運用ノウハウを持った会社や、ユーチューバーが所属しているなどYouTube動画制作に特化した会社もあります。
このようなYouTubeの特性を知り尽くした制作会社に依頼すれば、動画の企画構成、撮影、編集、投稿、分析まで、企業チャンネル運用をまるごと外注することも可能です。この場合、外注費用はかなり高くなるでしょう。

フリーランスの動画クリエイターに外注した場合

フリーランスの動画クリエイターは、実績・スキルなどによって費用は変わってきますが、動画制作会社よりも比較的安く依頼できます。またフリーランスならではの柔軟な対応をしてもらえる可能性が高いです。
編集する動画のクオリティはその動画クリエイター次第ではありますが、フリーランス歴が長く実績を多数持っている人ならば動画制作会社と同等もしくはそれ以上のクオリティを期待できるでしょう。
またクリエイターによっては、独自で動画編集チームを持っていたり、動画編集だけでなく企画構成や投稿した動画の分析まで請け負っていたりなど、YouTubeディレクターとして活躍している人もいます。
一方、動画クリエイターの中には仕事欲しさでこちらが出した要望をなんでも大丈夫と引き受け後になって「できませんでした」と言ってきたり、最悪の場合急に連絡がつかなくなってしまう人もいます。
フリーランスの動画クリエイターに依頼する際には、しっかりその人の実績や得意分野、できることできないことを確認してから依頼しましょう。

料金相場

動画編集のみの場合
動画編集のみの料金相場は1本1.5万円~5万円です。作業内容や種類によって料金が変動します。格安プランを用意している動画制作会社もありますが、テンプレートが決まっていたり、演出に制約があったりして、クオリティが低くなる可能性が高いです。

 

企画構成と動画編集の場合
企画構成と動画編集を外注する場合の料金相場は1本5万~20万円です。企画・構成を考えてもらい、撮影は自社でおこない、撮影データをわたして編集してもらいます。企画・構成からお願いすることでより効果的な動画に仕上げてもらえるでしょう。

 

撮影費
撮影費の料金相場は1時間1~2万円です。撮影費はカメラマンなどの人件費と機材費で構成されています。YouTube動画の場合は大掛かりな機材もカメラマンの人数も必要としません。ただし特殊な撮影、例えば360°カメラやドローンなどを用いる場合は、機材費が高くなります。

YouTube企業チャンネルの動画編集外注費を安く抑える方法

動画制作会社とフリーランスの動画クリエイターを価格面で比べた場合、ほとんどの場合フリーランスのほうが安価で動画編集を請け負っています。
スキルの高いフリーランスの動画クリエイターに出会うことができれば、高品質な動画を安価で制作できます。YouTubeで企業チャンネルを運用していくのであれば、気軽に発注できるフリーランスとつながっておくといいでしょう。

フリーランスの動画クリエイターを探す方法

フリーランスの動画クリエイターを探す方法を紹介していきます。

 

クラウドソーシングで探す
クラウドソーシングとは、フリーランスと企業をつなぐプラットフォームです。「クラウドワークス」「ランサーズ」「ココナラ」などが有名で、動画クリエイターも数多く登録しています。
クラウドソーシングに登録している動画クリエイターは、フリーランスとして比較的経歴が浅い人や、副業として動画クリエイターをしている人も多いです。
副業として動画編集をおこなっている人の場合、納期の短い依頼やまとまった依頼には対応できないこともあります。

 

SNSで探す
フリーランスの動画クリエイターはTwitterやInstagramといったSNSで自身の情報を発信している人も少なくありません。
クラウドソーシングのプロフィールはかしこまったものが多いですが、SNSの普段の投稿には人間性が出ている場合があります。ダイレクトメールなどで直接問い合わせる前に、普段の投稿もチェックしてみましょう。

 

知人からの紹介
知人経由でフリーランスの動画クリエイターを紹介してもらうパターンもあります。そのフリーランスに仕事を依頼したことのある知人からの紹介であれば、スキル的な心配も少なく、また仕事の途中で突然音信不通になるなどのリスクも少ないといえるでしょう。

撮影は自社でおこなう

最近はスマートフォンのカメラの性能が著しく向上してます。画質を「フルHD」などに設定しておけば、十分にYouTube動画として使える撮影ができるでしょう。ただその場合でも、撮影時の音声収録や照明は専用機材できちんと行った方がいいでしょう。

撮影データを短くカットする

自社で撮影したデータをもとに編集してもらう場合、撮影データの長さによって料金が変わる場合があります。そういった場合、無駄なシーンをカットして使いたいシーンだけにしてから依頼することで、外注費を安く抑えられます。

動画の完成尺を短くする

動画の完成後の長さで編集料金が異なる場合があります。当然、短い動画のほうが安くなるので、少しでもコストを抑えたい場合は短めの尺で依頼しましょう。

YouTube動画のテンプレートを作る

YouTube動画は継続的に投稿していくものなので、動画のテンプレートを作り編集作業効率をアップさせましょう。
継続的に動画編集を外注する場合もそのテンプレートがあればコストが下がったり、納期が短くなったりする可能性があります。

YouTube企業チャンネル運用で動画編集を外注する方法まとめ

YouTube企業チャンネル運用で動画編集を外注する方法まとめ

本記事では、YouTube企業チャンネルを運用していく際に動画編集の作業を外注する方法を解説しました。
YouTubeの企業チャンネル運用を成功させるのはとても手間がかかりますが、外注を利用しながらうまく運用できれば、低コストで集客や商品の販売促進に役立ちます。
この記事を参考に是非チャレンジしてみてください。

 

✔集客方法がわからない
✔ホームページを制作したい
✔今の広告・媒体に反響がない
✔相談できる相手もいない

 

株式会社アシストではホームページや各種SNSの構築・運用などを活かした集客・求人に関する相談を受けております。
集客方法がわからない、求人方法に悩まれている方はぜひ一度、ご相談下さい。

NEW
ARCHIVE