企業がYouTubeチャンネルのスポンサーになるには?

誰でも気軽にチャンネルを開設できるYouTube。投稿した動画が話題となり多くのファンを獲得できれば、ユーチューバーとして芸能人に匹敵する影響力を持つことも。企業は今、YouTubeチャンネルのスポンサーになることに注目しています。多くのファンを抱える人気YouTubeチャンネルやユーチューバーに自社の商品やサービスを宣伝する動画の制作・投稿を依頼するのです。
本記事では企業がYouTubeチャンネルやユーチューバーのスポンサーとなる方法を解説していきます。

企業が人気YouTubeチャンネルやユーチューバーのスポンサーになるメリット

多くのファンを抱えている人気YouTubeチャンネルやユーチューバーのスポンサーになることで得られるメリットは大きく分けると2つです。
●人気YouTubeチャンネルで自社の商品やサービスを宣伝できる
●人気ユーチューバーに自社のイベントのゲストや司会として出演してもらえる

人気YouTubeチャンネルで自社の商品やサービスを宣伝できる

多くのファンを抱える人気YouTubeチャンネルやユーチューバーのスポンサーとなれば、自社の商品やサービスについて紹介動画を制作・投稿してもらうことができます。
人気ユーチューバーに商品やサービスをレビューしてもらう動画の制作を依頼することを企業案件といいます。企業案件は企画ごとにその都度、依頼し契約することが主流です。テレビCMなどより商品に関する詳細な解説がされるため視聴者からの人気も高く、販売促進の効果が高いといわれています。
YouTubeを利用している多くの視聴者は広告動画が流れるとすぐにスキップしてしまいますが、お気に入りのチャンネルの動画なら、たとえそれが企業の商品やサービスの宣伝だったとしても見てくれる可能性が高いです。
また人気ユーチューバーを介してPPL広告を出すことも可能です。PPLとはプロダクト・プレイスメント(product placement)で間接広告と呼ばれることもあります。
ユーチューバーに商品やサービスを直接的に紹介してもらうのではなく、動画内に小道具として商品を登場させる広告手法です。
人気ユーチューバーならば「ユーチューバーの〇〇が動画で使用していた〇〇」というだけで、商品を特定して同じものを購入しようとするファンがいます。

人気ユーチューバーに自社のイベントのゲストや司会として出演してもらえる

多くのファンを抱える人気ユーチューバーのスポンサーとなれば、自社が主催するイベントに司会やゲストとして出演してもらうこともできます。芸能人に匹敵する影響力を持つ人気ユーチューバーを自社のイベントによぶことができれば、イベントの集客効果が高まります。

人気YouTubeチャンネルやユーチューバーのスポンサーとなり企業案件を依頼する方法

ここからは人気YouTubeチャンネルやユーチューバーのスポンサーとなり、企業案件を依頼する際の具体的な手順を解説していきます。

YouTubeチャンネルやユーチューバーの選定

まず初めにするのは起用するYouTubeチャンネルやユーチューバーの選定です。自社の商品のターゲットと親和性の高いファンを抱えるYouTubeチャンネルを選びましょう。
例えば商品が20代女性へ向けたダイエットグッズだった場合は、20代女性でダイエットに強く興味を持っているファンを多く抱えるYouTubeチャンネルを選びましょう。


 

依頼する

起用したいYouTubeチャンネルを選定したら、実際にコンタクトをとり依頼します。依頼する方法としては主に
●直接依頼
●マッチングプラットフォームの活用
●キャスティング会社/事務所への依頼

の3パターンがあります。

 

直接依頼
依頼したいYouTubeチャンネルやユーチューバーに直接連絡してコンタクトを取る方法です。
契約後のマネジメント、ステルスマーケティング防止、その他トラブル発生時の対応も自社で行う必要があるため、手間や工数がかかります。きちんと専任担当者をつけましょう。
社内にノウハウが無い場合、効果的な施策ができないほか炎上のリスクも高まるため注意が必要です。
またチャンネル運営者がユーチューバー事務所に所属していて直接依頼を受け付けないケースもあります。

 

マッチングプラットフォームの活用
ユーチューバーを検索できるマッチングプラットフォームを活用し依頼することもできます。
ユーチューバーの抱えるファン属性もわかるため自社商品のターゲットと親和性の高いユーチューバーを見つけやすいです。プラットフォームを通してPR依頼や投稿の確認、効果分析もできます。
直接依頼の場合と同様に、マネジメントなどを行う必要があるため、ある程度のノウハウと専任担当者をおく必要があります。

 

キャスティング会社/事務所への依頼
さまざまなジャンルのユーチューバーが所属するキャスティング会社/事務所に依頼する方法もあります。
過去の企業案件の実績も豊富なため、自社商品のターゲットと親和性がよく高い成果が期待できるユーチューバーを紹介してもらえるでしょう。
また、企画立案、マネジメント、ステルスマーケティング防止、効果測定など一貫してプロのサポートが受けられるため安心感が高いです。

条件交渉

後にトラブルや大きな変更を招かないように きちんと取り決めを行いましょう。
動画内容の詳細、制作と公開のスケジュール、下書きチェックはいつか、動画の掲載保証期間、報酬など細かな点までお互いが納得できるよう条件を明文化し依頼しましょう。

自社製品やサービスを体験してもらう

起用するYouTubeチャンネル運営者やユーチューバーに、宣伝したい商品やサービスを体験してもらいます。
宣伝する商品やサービスについて事前に深く理解してもらうことがとても重要です。本番の撮影前に体験したことがあるかないかで動画のできは変わってきます。
またYouTubeなどのSNSでは視聴者に共感してもらうことがとても大切です。「製品に込める想い」といった感情に訴えるストーリーもあわせてチャンネル運営者やユーチューバーに伝えておきましょう。

制作した動画を確認・投稿

動画制作が完了したら動画を視聴し内容の確認を行います。内容に不備や間違いがないか、商品の魅力が視聴者に伝わるようになっているか、しっかり確認しましょう。
またステルスマーケティング(ステマ)になっていないか、企業とのタイアップであることもはっきり表現されているかも確認します。
ステマは消費者を欺く行為として炎上につながり、YouTubeチャンネルや企業のイメージを著しく低下させます。企業案件を依頼する際には、広告であることを必ず動画の概要欄に記載しましょう。

また視聴者にPRを伴う動画であることを知らせるために「有料プロモーションが含まれている」ことを申告しましょう。申告した場合はYouTubeで公開した動画に「プロモーションを含みます」というメッセージが表示されます。

効果測定

動画を公開して一定期間が経過したら、案件動画の効果を検証するためにユーチューバーから動画のアナリティクスデータをもらい分析をしましょう。次回以降の施策を行う際にも役に立ちます。
動画の視聴数も大切ですが、ECサイトやホームページへの遷移数、そして動画経由の商品購入数などのデータをもとに効果測定を行います。
施策効果の把握、そして次回どのように改善するかを検討する重要な材料となりますので、データの取得と分析は必ず行うようにしましょう。

企業がYouTubeチャンネルのスポンサーになるには?まとめ

本記事では企業がYouTubeチャンネルやユーチューバーのスポンサーになる方法を解説しました。ユーチューバーは今や芸能人に匹敵する影響力を持っています。スポンサーになれば、莫大なコストをかけてテレビCMをうつよりも効率よく自社の商品やサービスを宣伝できますので、新たなPR方法として検討してみてはいかがでしょうか。

 

✔集客方法がわからない
✔ホームページを制作したい
✔今の広告・媒体に反響がない
✔相談できる相手もいない

 

株式会社アシストではホームページや各種SNSの構築・運用などを活かした集客・求人に関する相談を受けております。
集客方法がわからない、求人方法に悩まれている方はぜひ一度、ご相談下さい。

NEW
ARCHIVE