YouTubeの企業チャンネル運用を成功させるために必要なコンセプト設計の方法を解説!

近年、企業が消費者にアプローチする手段の1つとして、YouTubeのチャンネル運用が注目されています。

新型コロナ感染拡大による外出自粛の影響で、YouTubeの利用者はそれまであまり利用していなかった世代にまで広がり、もはや現代人の生活の一部として浸透しました。

また2020年に始まった高速・大容量かつ高信頼・低遅延な次世代ネットワーク「5G」の普及により、動画をストレスフリーに視聴できる環境が整いつつあります。

しかしチャンネルを開設し動画を投稿し続けてはいるものの、いまいち伸び悩んでいるという企業も多いのではないでしょうか?

チャンネル運用がうまくいかない原因は、多くの場合コンセプト設計やターゲティングに問題があります。本記事ではYouTubeの企業チャンネル運用を成功させるために重要なコンセプト設計やターゲティングについて解説していきます。

企業のYouTube運用を成功に導くチャンネルコンセプトの考え方

チャンネルコンセプトとは、そのチャンネルで「誰が、誰に、何を伝えたいか」ということです。YouTubeで企業チャンネルの運用を成功させるためには、このチャンネルコンセプトをきちんと決めることが重要です。

なぜならコンセプトに沿った動画を継続的に投稿することで、視聴者は「このチャンネルは今後もこうした動画を投稿するだろう」と期待し、チャンネル登録をしたりファンになります。裏を返せばコンセプトがなく動画に一貫性がないチャンネルは視聴者から高い評価を得られないのです。

Youtubeチャンネルコンセプトを決めるための5つのポイント

チャンネルコンセプトを決めるためには、次の5つのポイントについて考えましょう。

・チャンネル運用の目的
・どんなターゲットにむけて発信するか
・視聴者のニーズと市場規模
・誰が発信するか
・競合チャンネルについて

それぞれについて解説していきます。

YouTubeチャンネル運用の目的

企業がYouTubeチャンネルを運用する目的は、集客、売上アップ、商品やブランドの認知向上、採用活動などさまざまです。目的にあった動画を企画し、チャンネルを運用していかなければ、当然思うような成果は得られません。

チャンネル運用の目的をはっきりと決めることで、目的を達成するために『誰が誰にどんな企画の動画を発信するか』というチャンネルのコンセプトが決まってきます。

どんなターゲットにむけて発信するか

ターゲットとは動画を届けたいメインの視聴者のことです。

ターゲットとなる視聴者を考える際は、具体的な人物像を作り上げましょう。年齢、性別、職業、家族構成、住んでいるところ、趣味、普段の行動、抱えている悩みなど、細かく設定することで、ひとりの人物像が出来上がります。

ターゲットとなる人物像が完成すると、どのような企画の動画をどのような形で伝えればいいのか、動画の構成を考えることができます。

視聴者に支持されやすい動画というのは、不特定多数に向けた動画よりも、誰か1人をターゲットとして狙った動画です。特定の誰かに向けた動画は、悩みのポイントを抑えることができるため、同じような悩みを抱えた人たちの支持を得ることができるのです。

視聴者のニーズと市場規模

YouTubeで人気がでる動画の多くは「誰かのためになる動画」です。自分がしたいことを動画にして発信しているだけでは視聴者に支持されず、チャンネルも伸びません。

視聴者はどんな悩みがあり、どんな情報が欲しいのかなど、ニーズを把握して動画を企画できれば動画の再生回数が伸び、チャンネル登録者も増えていきます。

またニーズの市場規模も合わせて調べる必要があります。市場規模が小さく、必要とする視聴者が少ない動画をチャンネルに投稿し続けても、チャンネルは伸びません。

ニーズの市場規模を調べるには、関連するキーワードをYouTubeで検索してみましょう。YouTubeの検索結果が多く、再生回数が多いのであればそれは市場規模が大きいニーズといえるでしょう。

またGoogleなどのサーチエンジンでも同じように検索をかけてみましょう。YouTubeの検索結果が少なくても、Googleでの検索結果が多ければ、ニーズの市場規模はある程度大きい可能性が高いです。

誰が発信するか

YouTubeなどの発信活動において、誰が発信するかはとても重要です。誰が発信するかによっても視聴者の反応は異なります。

例えば料理企画の動画を投稿していく場合でも、フランスで修業を積んだフランス料理のシェフがレシピを紹介する動画と、料理が苦手な人が紹介する苦手な人でもできるレシピの動画では、興味を示す視聴者の層は異なります。

シェフのレシピはどちらかといえば料理が得意な人向けですし、料理が苦手な人のレシピは同じように料理が苦手な人が興味を持つと考えられます。

企業チャンネルならば、商品の使い方を紹介する動画にその商品の開発者を出演させるなど、企業ならではの権威性があるキャスティングも考えられます。

また出演人数は1人なのか複数人なのかといったチャンネルの形態についても決めることで、より明確なコンセプトの設計に繋がります。

競合チャンネルについて

同ジャンルで運用している競合チャンネルも必ずチェックしましょう。競合チャンネルのコンセプトや、人気の動画の企画、構成、演出、出演者、ターゲット、タイトル、タグ、サムネイルなどを研究し、なぜそのチャンネルが人気なのかを探りましょう。

競合チャンネルの人気の秘密をひも解くことができれば、自社の企業チャンネルの運用に生かすことができます。

また競合チャンネルと比べて自社で運用する企業チャンネルは、どのような点が強みで、何が足りないのかということが把握できれば、自社の強みをいかしチャンネルの差別化も可能になるでしょう。

「誰が」「誰に」「何を」発信するかを決める

ここまでで解説してきた5つのポイントを踏まえ、自社のYouTubeチャンネルで、誰が(発信者)、誰に(ターゲット)、何を(企画)発信するのかを決めましょう。 

これらのポイントを押さえてコンセプトを明確にすることで、競合チャンネルと比べ自社チャンネルの強みがどこなのかということを把握でき、視聴者に刺さる動画制作が可能になります。

企業のYouTube運用を成功に導くチャンネルコンセプトの考え方まとめ

本記事ではYouTubeで企業チャンネル運用を成功させるために欠かせないチャンネルコンセプトの決め方を解説してみました。

企業チャンネル運用の目的、ターゲット、ターゲットのニーズを満たす動画企画、競合チャンネルの動向を把握し、「チャンネルを通して何を伝えたいか」をしっかり決めてチャンネル運用をすれば、チャンネルは自然と伸びていきます。

コンセプトやターゲットがあいまいのまま見切り発車せず、しっかりと戦略をたててから企業チャンネル運用に取り組みましょう。

 

✔集客方法がわからない
✔ホームページを制作したい
✔今の広告・媒体に反響がない
✔相談できる相手もいない

 

株式会社アシストではホームページや各種SNSの構築・運用などを活かした集客・求人に関する相談を受けております。
集客方法がわからない、求人方法に悩まれている方はぜひ一度、ご相談下さい。

NEW
ARCHIVE