YouTubeに企業チャンネルを開設するメリット・デメリットを徹底解説!

全世界で20億人以上が利用し、毎日数十億回、時間にすると10億時間以上再生されているというYouTube、企業も続々とYouTubeチャンネルを開設し商品のプロモーションや集客を行っています。本記事では今、マーケティング施策として注目されているYouTubeのチャンネル運用のメリット・デメリットについて徹底解説していきます。

なぜYouTube企業チャンネルが流行っているのか?

かつては動画で消費者にアプローチできるのはTVCMを流せる大手企業だけでした。しかしスマートフォンやデジタルカメラなど誰でも気軽に動画を撮影できるようになり、またYouTubeなど動画を投稿できるプラットフォームもできたことにより、資金力に乏しい中小企業でも動画を使って消費者にアプローチできるようになりました。

そして2020年に発生し、未だに続く新型コロナウィルスの感染拡大。これにともなう外出自粛の影響で、それまでYouTubeを利用しなかった層もYouTubeの視聴層として加わり、YouTubeはもはや生活の一部として浸透しています。

さらには高速・大容量かつ高信頼・低遅延な通信回線「5G」も始まり、動画をストレスフリーで視聴できる環境が整いつつあるため、動画市場は留まる気配がありません。

このような背景により、YouTubeチャンネルを開設し商品のプロモーションや集客に利用する企業が増えているのです。

YouTubeに企業チャンネルを開設するデメリット

それでは企業がYouTubeチャンネルを開設する上で生じるデメリットを解説します。

成果を出すためにはノウハウが必要

YouTubeチャンネルを運用していくためには、まずどのような動画を発信していくかなどのチャンネルのコンセプトを決めます。そこからコンセプトに沿った企画を考え、動画をつくっていくわけですが、成果が出るようにチャンネル運用するためには…

 

●コンセプトに沿った企画を考える
●動画の構成をつくる
●撮影する
●編集する
●視聴者の反応を分析する
●改善点を見つけ出し次の動画にいかす

 

というような過程を経て、継続的に動画をアップロードしていく必要があります。こうすることでチャンネル登録者数や視聴回数が伸びていきます。

それぞれの過程にさまざまなノウハウがあるため、未経験者が思い付きでチャンネル運用を始めてしまっても継続は難しく、成果にはつながらないのが現状です。

社内でこれらのノウハウを持った人材が確保できない場合は、制作会社やYouTubeコンサルなどに依頼することになります。

制作・運用のコストがかかる

YouTubeはチャンネルを開設したり、動画を投稿するのは無料でできます。しかし継続的にチャンネルを運用していくためには様々なコストがかかります。

前述したように、チャンネル運用を成功させるためには、企画→構成→撮影→編集→投稿→分析→改善を継続していかなければなりません。1人で全てをやっていくには困難が多いため、チームで取り組むことが必要です。

そして撮影にはもちろん撮影機材が必要です。一眼レフ等の撮影機材、音声機材、照明器具など全て買い揃えるとなると100万円以上はかかるでしょう。

さらには撮影、音声、照明の機材を一通り扱うスキル、、動画編集ソフトを扱うスキルなども必要です。

撮影や編集を外注したり、YouTube専門のコンサルタントを雇えば当然コストがかります。

成果が出るまで時間がかかる

チャンネルに動画を何本かアップロードしただけでは、動画の再生回数は伸びず、ターゲットとしている視聴者のところまで届きません。ターゲットの視聴者にリーチし、再生回数があがり、売り上げアップなどの成果につながるまでには1年以上かかることもあります。このため途中でリタイアしてしまう企業も多いです。

YouTubeに企業チャンネルを開設するメリット

つづいて企業のYouTubeチャンネル開設には、どんなメリットがあるのかを見てみましょう。

企業や商品・サービスの理解を深められる

動画はテキストや画像に比べて情報量が多く、文字だけの場合と比較すると5,000倍もの情報を伝えることができると言われています。

テキストや写真で伝わりにくいもの、例えば動きのあるものや音がなるものなどは、動画をつかって伝えたほうが消費者により分かりやすく情報を伝えることができます。

自社の商品やサービスの紹介に動画をもちいれば、テキストや写真よりも多くの情報を届けることができ、消費者に興味を持ってもらえる可能性が高まります。

ターゲットに直接アプローチできる

YouTubeが生活の一部として浸透したことにより、興味のあることをYouTubeで検索をかける人が増えました。Google検索でも検索結果の上位に動画が表示されます。

このためターゲットとなる層が興味を抱きそうな動画を自社のチャンネルにアップロードすれば、購入を見込める層に直接的にアプローチをしていくことが可能です。

ファンとして囲い込める

YouTubeに自社のチャンネルを開設すれば、コアなファンを育成し囲い込むことが可能です。

YouTubeにはチャンネル登録機能があります。チャンネルにアップロードした動画を通して、自社の商品やサービスに興味を持ってもらい、チャンネル登録をしてもらえれば、継続的にそのユーザーに情報を配信できます。またコメント欄やライブ配信を活用すれば視聴者と交流することも可能です。

人間は接触頻度が多くなると親近感がわいてきて、視聴者からファンへと変わっていきます。継続的な発信や交流を行うことでファン化した視聴者に、キャンペーン情報や新商品情報を発信すれば、キャンペーン参加や商品購入を検討してもらえます。

拡散により商品やサービスの周知ができる

YouTubeにアップロードした動画が見た人の心を捉えることができれば、FacebookやTwitterなどの各種SNSでの拡散が期待できます。

拡散されると、YouTube以外のユーザーにも自社を知ってもらえるきっかけとなります。SNSは無料で使用できるにも関わらず、情報の拡散力は絶大です。企業側でも想像ができないほどの売り上げにつながるという場合もあります。

YouTube外のサイトにも誘導できる

アップロードした動画に視聴者が興味をもてば、チャンネル概要欄に載せておいたURLに飛んでくることが期待できます。商品の購入などを促すWEBサイトやランディングページのURLを記載しておけば、そこからマネタイズすることも可能です。

データを元に分析と改善ができる

YouTubeでは視聴者の年齢層、性別、視聴時間などデータ化し分析することが可能です。データを元にして、どんな動画が視聴者に見られやすいのか、商品やサービスの購入につながりやすいのかなどを分析し、チャンネル運用を改善していくことができます。

テレビCMは大規模な予算をかけて一発勝負ですが、YouTubeの企業チャンネル運用ならば、低予算から初めて視聴者の反応をみながら動画を改善していき、売り上げや集客力のアップなど成果につながるように試行錯誤ができます。

YouTubeに企業チャンネルを開設するメリット・デメリットを徹底解説!まとめ

本記事では、YouTubeの企業チャンネルをつくるメリットについて解説しました。YouTubeは今後も伸びていくことが期待される今、注目のメディアです。企業チャンネル運用を通して、商品の認知拡大や販促に役立てましょう。


✔集客方法がわからない
✔ホームページを制作したい
✔今の広告・媒体に反響がない
✔相談できる相手もいない

 

株式会社アシストではホームページや各種SNSの構築・運用などを活かした集客・求人に関する相談を受けております。
集客方法がわからない、求人方法に悩まれている方はぜひ一度、ご相談下さい。

NEW
ARCHIVE