YouTubeを企業PRの場として使う方法3選

昨今YouTubeは企業のブランディングや、商品やサービスの認知度向上など、PRの場として注目されています。

YouTubeのユーザーは世界で月間20億人を突破、日本でも6200万人を超え、就学前の子供から高齢者まで幅広い年代で見られています。若い世代を中心にYouTubeはもはやテレビを超える一大メディアとなり、さまざまなカテゴリーの商品やサービスをPRすることができます。

また調べたいことがあるときに、GoogleやYahooなどのサーチエンジンではなく、YouTubeで検索をかけるという人も多くなっています。そしてGoogle検索では検索結果の1ページ目上部にYouTubeの動画が表示されます。YouTubeは今やWEBサイトやブログ以上に集客力と訴求力があるメディアといえます。

本記事では今注目のYouTubeを企業PRの場として使う方法について解説していきます。

YouTubeを企業PRの場として使う方法3選

YouTubeで企業PRを行う主な方法は3つあります。

●YouTubeで企業チャンネルを開設する
●YouTubeで動画広告を運用する
●YouTuber(ユーチューバー)にPRしてもらう

YouTubeで企業チャンネルを開設する

YouTubeに企業チャンネルを開設し、自社の商品やサービスのターゲットとなる層が興味を抱きそうな動画をアップロードすれば、購入を見込める層に直接アプローチをしていくことができます。

YouTubeにはチャンネル登録機能があるので、チャンネルにアップロードした動画をきっかけに視聴者にチャンネル登録をしてもらえれば、継続的にその視聴者に自社の情報を配信できます。

動画を見続けることでそのまま自社のファンになってもらえれば、新商品紹介動画をアップした際には購入を検討してもらえます。つまりYouTubeチャンネルの運用は購入を見込めるファンの囲い込みができるのです。

YouTubeで動画広告を運用する

YouTubeのアカウントには、ユーザーの年齢、性別、居住地域、子供の有無、興味の範囲など、さまざまな情報が登録されています。これらの情報を基にしたターゲティングによって、YouTubeでは動画広告をより精緻にターゲットに届けることが可能です。

さらにYouTubeには特定のユーザーを追跡し、YouTubeの視聴中などに動画広告を表示させることができるリマーケティング機能もあります。ターゲティングできるユーザーは、YouTube動画広告を一定時間以上視聴した人や、特定の動画を視聴した人など、さまざまです。リマーケティングすることにより、ユーザーに何度も同じ動画広告を見せ、認知度を高められます。

またYouTube動画広告の場合、動画が一定時間視聴されるか、広告がクリックされて企業が用意したサイトへ移るなどした場合のみ、料金が発生するという課金システムになっています。この課金システムでは動画がスキップされるなどした場合、広告料が発生しないため、比較的費用を安くおさえられます。

そして動画広告は配信して終わりではありません。複数のバージョンの動画広告を配信して比較し、どちらのパフォーマンスが優れているのかを検証し改善していくことで、継続的に成果を出すことができます。

YouTuber(ユーチューバー)にPRしてもらう

近年は芸能人を起用したTVCMなどに莫大なコストを投じ商品をPRしても、思ったほど効果が出なくなりました。一方、YouTubeで多くのファンを抱えるYouTuber(ユーチューバー)に商品やサービスをPRしてもらえば、視聴者の購買意欲を上昇させることができます。

例えば20〜30代女性向けにダイエット用品をPRするなら、20~30代女性をターゲットにダイエットに関する発信をしているYouTuber(ユーチューバー)にPRを依頼します。そうすれば企業が自らチャンネルを運用をしなくてもターゲット層に自社の商品やサービスの情報を届けることができ、売り上げアップなどの効果が得られます。

YouTubeで企業チャンネルを開設する際の注意点

YouTubeで企業チャンネルを開設し運用するには、チャンネルのコンセプト設計から動画の企画、撮影、編集、視聴者の動向分析など、かなりのノウハウと人材が必要になります。
YouTubeは無料でチャンネルを開設し、動画を投稿することができるサービスです。このため多くの企業が十分な準備をせずに参入しようとしてしまいます。しかしYouTubeでは年々、投稿される動画の質が向上しているため、素人が思い付きで作った動画で視聴者の心をとらえるのは難しくなってきています。
魅力的な企画を多数用意し、企画→撮影→編集→分析→改善の流れで継続的に動画をアップロードしていかなければ、チャンネルはのびません。チャンネルを伸ばしていくためには、十分な準備が必要となります。自社にYouTube運用のノウハウがない場合、制作会社やYouTubeコンサルタントを利用するといいでしょう。

YouTubeで動画広告を運用の際の注意点

YouTube動画広告を運用する際の注意点としては、動画広告を出すことによるイメージダウンです。特にスキップができないタイプの広告の場合、視聴者の反感を買う可能性があります。

また動画広告のクオリティによっては、ブランドの印象を悪くしてしまう場合もあります。動画が伝える情報量はテキストに比べて5000倍と言われていますが、質の悪い動画広告を配信した場合、その質の悪さも5000倍で伝わってしまいます。

YouTuberにPRしてもらう際の注意点

YouTuber(ユーチューバー)にPRをしてもらう際は、動画の企画については企業側である程度決めてから話を進めないと、企業イメージに合わない企画や正確性を欠いた企画になってしまう可能性があります。その場合、企画の練り直しのためのタイムロスが起こります。

しかし動画の細かいディレクションはできる限り行わないことが望ましいです。YouTuber(ユーチューバー)のファンは彼らの個性やセンスを支持しているため、それらが崩れてファンを失望させてしまうと、依頼した企業にとっても良い結果は出ないでしょう。ディレクションはできる限り行わず、YouTuber(ユーチューバー)が個性やセンスを活かせることを大切にしなければなりません。

またステルスマーケティングとならないよう視聴者に宣伝を伴う動画であることを知らせるために「有料プロモーションが含まれている」ことを申告しましょう。申告した場合はYouTubeで公開した動画に「プロモーションを含みます」というメッセージが表示されます。

YouTubeを企業PRの場として使う方法3選まとめ

本記事では、YouTubeで企業PRする方法について解説しました。動画を使ったPRは、企業やサービスの認知度向上やブランディングに非常に効果の高い方法です。注意点を踏まえ、自社のPRにはどの方法が最適か考えてみてください。


✔集客方法がわからない
✔ホームページを制作したい
✔今の広告・媒体に反響がない
✔相談できる相手もいない

 

株式会社アシストではホームページや各種SNSの構築・運用などを活かした集客・求人に関する相談を受けております。
集客方法がわからない、求人方法に悩まれている方はぜひ一度、ご相談下さい。

NEW
ARCHIVE