YouTubeで企業アカウントを運用するメリット3選【3ステップで簡単開設】

YouTubeは今や、多くの人にとって、日常生活に欠かせないツールの1つとなっています。人によっては「TVはほとんど見ないけど、YouTubeは毎日見る」という方もいるのではないでしょうか?
このような時代の流れがあることから昨今、様々な企業がYouTubeを含む各種SNSの活用に力を入れるようになってきました。
そこで本記事ではYouTubeの企業アカウントについて、その役割や開設の手順、メリットなどについてわかりやすく解説します。

・会社でYouTubeアカウントを作る意味は何?
・個人で開設する場合と違いはあるの?

このような疑問を抱いている方は、ぜひ本記事を読み、YouTubeの企業アカウントについての理解を深めましょう。

YouTube企業アカウントの役割とは?

まずは、YouTube企業アカウントの役割について解説します。
企業アカウントの役割は、その企業がどのような目的でアカウントを運用しているかにもよりますが、主に集客、プロモーション、商品の告知や販促、採用などがあります。

ほとんどの人がスマホを手にして、動画を自由に閲覧できる現代において、YouTubeをうまく活用していくことは、もはや必須の課題と言っても過言ではないでしょう。

企業がYouTubeアカウントを運用するメリット3選

続いて、企業が自社のアカウントを運用することで得られるメリットについてみていきましょう。運用目的の違いによって、様々なメリットがありますが、ここでは、いくつかの目的に共通する代表的なメリットを3つ紹介します。

・ターゲットをファン化できる
・商品の周知が早い
・ユーザーへの情報提供がしやすい

YouTube企業アカウントのメリット1:ターゲットをファン化できる

ファン化とは、ターゲットのエンゲージメント率(行動を起こしてくれる確率)をより高めることを指します。例えば、新商品を出すたびに購入してくれる顧客などは、完全に自社の「ファンである」といえる状態です。このように、自社が促す行動をしっかりととってくれる状態まで、ターゲットを育てられるのがYouTubeの大きなメリットの1つです。

同じユーザーに自社の動画を繰り返し見てもらうことで、商品やサービスへの理解が深まり、より好きになってもらいやすい状況を作り出せるのです。

YouTube企業アカウントのメリット2:商品の周知が早い

ユーザーに動画が面白いと思ってもらえれば、YouTubeだけでなく、TwitterやInstagramなど他のSNSでの拡散も狙えます。つまり、会社のこと・サービスのこと・商品のことが、ものすごいスピードで広まり、急速に認知される状態を作れるということです。動画がバズれば、Google検索のみで認知を広げる場合とは比べ物にならないほど急速に拡散されていくため、ターゲットへの周知の早さもYouTubeのメリットの1つと言えます。

YouTube企業アカウントのメリット3:ユーザーへ正確な情報提供が可能

YouTubeは動画を活用するプラットフォームであるため、映像と音声、さらに文字など複数の方法を使ってユーザーに情報提供が可能です。商品の使用感、場所の雰囲気、味や温度など、文章だけでは伝わりづらいことも、動画なら的確に伝えられるでしょう。このように、より分かりやすく情報を伝えられるのも非常に重要なメリットです。

企業がYouTubeアカウントを作る際の手順とポイント

では、実際にアカウントを作成していくときの手順を確認してみましょう。
YouTubeは、個人用も企業用もアカウントに違いはありません。開設費用も無料です。ただし、広告運用などを行う場合は別ですので、注意しましょう。

アカウント開設の手順は次の3ステップです。非常に簡単ですので、一緒に確認していきましょう。

・Googleアカウントをつくる
・チャンネル開設をする
・各種設定を行う

企業アカウント開設手順1:Googleアカウントをつくる

まずはGoogleアカウントを作成しましょう。YouTubeチャンネルの開設にはGoogleアカウントを持っている必要があるため、まだ持っていない場合は、YouTubeチャンネルの開設前にアカウントを取得しておく必要があります。

YouTubeチャンネル開設用に、1つ企業用のGoogleアカウントを持っていると良いでしょう。

企業アカウント開設手順2:チャンネル開設をする

Googleアカウントの取得が完了したら、いよいよYouTubeチャンネルの開設をしていきます。YouTubeにログインして、「YouTubeの設定」→「新しいチャンネルを作成」と進みましょう。画面の案内に沿って必要事項を入力すれば開設完了です。

企業アカウント開設手順3各種設定を行う

最後に、チャンネル名やアイコン、説明文など、様々な設定を整えていきましょう。チャンネル名やアイコンには、企業名や企業のロゴを入れるなど、パッと見ただけでどの企業のチャンネルかが明確にわかるものが理想です。

細かい設定を整えたら、あとは動画を徐々にアップロードしていくことでチャンネルが充実していきます。ただし、チャンネル開設後も動画をアップロードして放置というのはNGです。チャンネル登録者数や再生数をいかにして伸ばしていくかなどを考えながら運用しましょう。各企業、それぞれの戦略で取り組んでいますから、すでにYouTubeチャンネルを運用し、成功している企業から学び、開設後の体制を整えながら運用していく必要があります。

企業がYouTubeアカウントを開設する時の注意点

次に、企業がYouTubeアカウントを開設する際の注意点について解説します。
今回解説する注意点は2点です。

YouTube企業アカウントの注意点1:公式チャンネルについて

YouTubeは個人用と企業用のチャンネルを基本的には分けていません。しかしながら、企業や影響力のある個人などの場合、Googleに申請することによって、公式ブランドチャンネルを運営できる場合があります。費用も無料です。

公式ブランドチャンネルになると、公式マークがつくことから、なりすまし防止や企業としての信頼度アップにも繋がります。また一般のアカウントとは異なるプロモーション機能が使用できるなどの違いもありますので、本格的に運用していく際は、公式ブランドチャンネルの申請を検討してみると良いでしょう。

YouTube企業アカウントの注意点2:目的やコンセプトを明確に

YouTubeを企業アカウントとして成功させるには、誰に・どんな動画を・なぜ届けるのか?といった発信の目的やコンセプトがハッキリと決まっている必要があります。

目的やコンセプトが明確に決まっており、一貫性のあるチャンネルは、ファンがつきやすく、結果として再生数やチャンネル登録者数が伸びやすくなると言えるでしょう。企業としてYouTubeチャンネルを開設する際は、しっかりとコンセプトを定めてから運用を開始しましょう。

参考にすべきYouTube企業アカウントの特徴

最後に、企業アカウントを開設する際、参考にすべき企業の特徴について解説します。

今回紹介するのは次の3つです。

・チャンネルのコンセプトに沿った企画をしている
・ターゲットのニーズに合わせた動画作りができている
・業界の特性を理解し、活かしている

特徴1:チャンネルのコンセプトに沿った企画をしている

先ほどもお伝えしましたが、動画を撮影する前に、必ず自社チャンネルのコンセプトや動画の目的を明確にし、それに沿った企画を立案しましょう。

すでにYouTubeチャンネルを持ち、上手く運用されているTOYOTAや北欧、暮らしの家具店などはチャンネルに一貫性があることが非常にわかりやすい良い例です。
ぜひ確認してみてください。

特徴2:ターゲットのニーズに合わせた動画作りができている

基礎的なことですが、ここを忘れてはいけません。

・ユーザーに求められていることは何か?
・どんな情報を提供すれば役に立つか?
・喜んでもらえるか?

これらを考えながら、動画を作りましょう。

採用なら会社の雰囲気や年収など、商品の周知なら使用感な味など業界の違いによって求められる情報は変わります。くれぐれも、ユーザーが求めていることよりも自分たちが発信したいことを優先してしまうことのないように注意が必要です。
ターゲットのニーズに応えられず、独りよがりの企画になってしまうと、チャンネルは伸び悩み、充分にビジネスに活かすことができなくなってしまいます。

特徴3:業界の特性を理解し、活かしている

うまくいっている企業アカウントは、自社が属する業界の特性をよく理解して、それを企画に活かしているチャンネルが非常に多いです。

たとえば、食品業界ならTVへの露出も多いため、CM撮影の秘話や裏側を動画にしたり、美容や医療業界なら、清潔感を出して若者ウケを狙うためキレイな芸能人やインフルエンサーを起用したりするなど。

各業界の特性や求められているイメージを把握して、企画に活かしているチャンネルは成功していることが多いと言えそうです。すでに企業アカウントとして結果を出しているチャンネルは各業界でいくつもあります。

様々な業界のいろんなチャンネルを見て、成功の要素や共通点を探してみるのもおすすめです。

YouTubeで企業アカウントを運用するメリット3選まとめ

本記事では、YouTubeの企業アカウントについて、その役割や開設方法、さらには注意点など、基礎的な部分を中心に分かりやすく解説しました。

今や多くの企業がYouTubeをビジネスに活用し、業績を伸ばしています。
今後もSNSの攻略は企業として必須の課題となるため、自社にとってベストな活用方法を見つけ、取り組んでいくべきと言えるでしょう。

✔集客方法がわからない
✔ホームページを制作したい
✔今の広告・媒体に反響がない
✔相談できる相手もいない


株式会社アシストではホームページや各種SNSの構築・運用などを活かした集客・求人に関する相談を受けております。

集客方法がわからない、求人方法に悩まれている方はぜひ一度、ご相談下さい。

NEW
ARCHIVE