モバイルセルフオーダー,

【導入済み企業から学ぶ】モバイルオーダーでの受け取り方と工夫の違い

近年、モバイルオーダーシステムを活用する飲食店が急増しています。

マクドナルドやスターバックスなど、多くの人が1度は利用したことのある有名企業もその1つです。これらの企業は、モバイルオーダーシステムを自社の業態に合わせて活用し、外食需要が落ち込んだ中でも、売り上げを回復させてきました。

このような時代の流れから、自社でモバイルオーダーシステムの導入を検討している企業も多いのではないでしょうか?導入を検討し、様々な事例を見ながら自社に適したシステムを探す中で、多彩な活用方法があることは、もう理解されていることと思います。

その上で、本記事ではモバイルオーダーシステム活用例別の、商品の受け取り方の違いや工夫について解説していきます。

モバイルオーダーシステムは、店内飲食・テイクアウト・ドライブスルー等様々な受け取り方に対応していますが、企業ごとにその活かし方は異なります。本記事を参考に、自社に活かせる工夫や新たなアイディアはないだろうか?と検討してみてはいかがでしょうか。

モバイルオーダーとは?概要を抑えよう

まずは基本をおさらいしておきましょう。
モバイルオーダーシステムとはスマートフォンやタブレットを使って、商品の選択・注文・決済ができる仕組みのことを指します。モバイルオーダーシステムを活用している企業の代表例がマクドナルドやスターバックスです。

モバイルオーダーは、テイクアウトが出来る業態で大きく注目されることが多い為、テイクアウトの際に使用する印象が強いかもしれません。

しかしモバイルオーダーシステムは、テイクアウトだけでなく様々な方法で利用可能です。モバイルオーダーシステムは大きく分けると2種類の活用方法があり、「店内型」と「店外型」が存在します。

店内型は、基本的に店内での飲食を想定した活用方法です。店内で席に着き、メニューを選んでお金を払うところまでスマートフォンで行います。すると、店員が注文した商品を運んでくれるという流れです。

一方で店外型は、テイクアウトやドライブスルーでの「お持ち帰り」を前提としています。さらに、モバイルオーダーシステムによっては、この両方の機能を兼ね備えたものもあります。

モバイルオーダーシステムの機能は、ある程度カスタマイズ出来る場合もあるため、自社のサービスを最大化する為に必要な機能は何かをしっかりと検討しましょう。また、モバイルオーダーシステム導入によりどのようなことを実現したいのかを明確にしておくと、より良いサービスに繋がる可能性が高まります。

【基本をおさらい】モバイルオーダーの手順を解説

ここからは、モバイルオーダーを使って商品を注文・決済を行う手順を解説します。既に使ったことがある場合はイメージしやすいと思いますので、今一度確認していきましょう。

店内で受け取り、テイクアウトする場合の手順です。

1.アプリで商品を選択
2.注文する店舗を選択(最寄りの店舗を選択)
3.レジに進む(カートに追加)
4.利用方法で「テイクアウト」を選択
5.支払方法を選択
6.注文を確定(この時点では調理は開始されていません)
7.受け取りに進む(この時点で調理が開始されます)
8.店舗で受け取り

上記の手順は、実際に使ったことがある人も多いかもしれませんね。


次にドライブスルーの場合です。

1.注文する店舗を選択
2.利用方法を選択(ドライブスルーを選択)
3.車両のナンバーを入力
4.商品を選択
5.支払い方法を選択
6.注文完了
7.店舗のドライブスルーレーンに並ぶ
8.注文番号を伝え、商品を受け取る

ドライブスルーは対応している店舗とそうでない店舗がありますが、ドライブスルーに対応していない場合は、代替サービスを展開している例が多く、顧客ニーズがあるのは明らかです。

モバイルオーダーシステムを自社に導入する際の重要な判断材料になるのではないでしょうか。


そして最後に店内利用の場合を見てみましょう。

1.注文する店舗を選択
2.利用方法を選択(ここで店内利用を選択)
3.席の番号を入力
4.商品を選択
5.支払い方法を選択
6.注文完了
7.店員が席に商品を運んでくれるのを待つ

細かい手順は、導入するシステムにより異なりますが「店舗・商品・利用方法・支払い方法」の4つを選択して完了するのは大抵の場合共通です。

そのうえ、どのシステムも難しい操作はありません。普段からスマートフォンを操作する習慣があれば、誰にでも簡単に商品選択から決済まで完了できます。

もし、まだ1度もモバイルオーダーシステムを使ったことがない場合は、是非1度使ってみることをおすすめします。自社でのモバイルオーダーシステムの活用方法について、より良い方法を思いつくかもしれません。.

【導入済み企業から学ぶ】モバイルオーダー受け取り方の工夫とは?

大まかな流れを把握したところで、既にモバイルオーダーシステムを導入している企業を参考に、受け取り方の工夫について見ていきましょう。

モバイルオーダーシステムの導入に成功している企業をいくつか挙げ、それぞれが実施している工夫を解説します。「自社サービスに活かすにはどうするか?」「顧客満足度は上げられるか?」など考えながら確認しましょう。

まずは、マクドナルドの例を取り上げてみましょう。マクドナルドはモバイルオーダーシステム導入の先駆者的企業です。既存の公式アプリから注文を可能にしたことで、顧客への浸透がスムーズだったのかもしれません。

マクドナルドのモバイルオーダーシステムは、テイクアウトと店内利用の双方で利用できます。ドライブスルーには現在対応していないものの、駐車場に止めた車まで出来立ての商品を店員が持ってきてくれるサービスを開始しているようです。

顧客ニーズを把握し、しっかりと活かしていると言えますね。モバイルオーダーシステムの導入、顧客への浸透のさせ方、受け取り方の種類や方法まで、参考に出来るポイントはとても多くあるのではないでしょうか。


マクドナルド同様、モバイルオーダーシステムを導入している大手企業の代表格といえば、スターバックス。こちらも参考にする企業としては外せないでしょう。

スターバックスのモバイルオーダーシステムも、店内利用とテイクアウトの双方で活用されています。さらにスターバックスのシステムは、ドライブスルーにも対応可能です。

また、受け取り時間の目安も表示される仕様になっており、非常にユーザビリティが高いのも特徴です。

最後に丸亀製麺の例を見てみましょう。丸亀製麺がモバイルオーダーシステムを導入したのは2021年2月。本記事で紹介した企業の中では最も後発ですが、コロナ禍におけるテイクアウト需要の高まりに応える形で導入がスタートしました。

丸亀製麺の1番の特徴はモバイルオーダー専用の受け取り口を設置している点です。モバイルオーダーで商品を受け取りに来ても「結局店内で支払いをする他の顧客と同じ列に並ぶ」のでは、スピーディーさに欠けます。

商品の受け取り口を別で設けることで、受け取りまでの導線をよりスムーズにし「早く済ませたい」という要望に見事に応えています。うどんは「安く・早く」済ませたいサラリーマンのランチ時等にも需要が高い業態のため、非常に顧客ニーズにマッチした戦略のひとつと言えそうです。

このように、自社の顧客ニーズに合わせた受け取り方の工夫は様々あります。既に導入している企業を参考に、施策を考えていきましょう。

モバイルオーダーでの受け取り方と工夫の違いまとめ

本記事では、モバイルオーダーシステムを活用した場合の商品の受け取り方について解説しました。モバイルオーダーシステムには「店内型」と「店外型」があり、それぞれで商品の受け取り方は異なります。

とはいえ、どの企業も顧客ニーズを把握し、それに応える形で様々なサービスを展開しています。テイクアウトでも、ドライブスルーに対応するのか、マクドナルドのように、また違ったサービスを提供するのかなど、自社にできる様々な方法を検討しましょう。

いずれにせよ、モバイルオーダーシステムを導入する際は、自社の顧客が何を求めているかをしっかりと把握した上で、自社に最適なモバイルオーダーシステムを選択することが求められています。


飲食店を経営されている方は、モバイルオーダーシステムの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

弊社では、モバイルオーダーシステムの開発を行っております。

メリット 弊社のシステムならデメリットを解決
従来型のデメリット 株式会社アシストなら
【主に飲食店側】 ・業務・コスト削減 ・ミス・トラブル回避 ・販促活動しやすい 【主にお客様側】 ・スキマ時間を有効活用 ・衛生的 注文回数・配膳回数が増える オーダーを自動整理
POSシステムとの連携が心配 既存レジのPOSシステムと連携可
提供まで遅延しがち 通知・アラーム等の遅延対策
機械操作が不安 従来オペレーションもできる
専用アプリのインストールが面倒 注文はアプリのインストール不要

セルフオーダーシステムを導入するかどうか迷ったら、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW
ARCHIVE