モバイルセルフオーダー,
モバイルオーダーでテイクアウトをする手順とメリット3選
2021/11/01

ここ数年で、モバイルオーダーシステムを導入する飲食店は大幅に増加しました。現時点で、モバイルオーダーシステムの導入を検討している段階の企業も多いのでは無いでしょうか?

モバイルオーダーシステムは、店内での飲食・テイクアウト・ドライブスルーなど、様々なオーダー方法に対応可能です。しかし導入検討段階では、どのように活用出来るのかイメージが沸かないこともあるでしょう。

そこで本記事では、モバイルオーダーをテイクアウトで活用する際の流れやメリットについて解説します。

モバイルオーダーシステムを「テイクアウトの時にどう活かすのか?」なども実例を交えて紹介します。テイクアウト需要の多い飲食店を経営されている場合は、本記事をモバイルオーダーシステム導入の検討材料の参考にしてみてはいかがでしょうか。

モバイルオーダーとは?種類も解説

まずは、モバイルオーダーとはどのようなシステムなのか?についてを簡単に解説します。基本的なことではありますが、この基本がしっかりと解っていないとこれから解説する内容の理解度が下がってしまいます。イマイチ自信がないという場合はこの機会に今一度、知識の確認をしておきましょう。

モバイルオーダーとは、スマートフォンやタブレットを用いて商品の注文や決済を事前に行えるシステム・サービスのことを指します。さらに、モバイルオーダーシステムは「店内型」と「店外型」の2種類が存在することはご存知でしょうか?

「店内型」は主に店内で飲食をする場合に活用され、「店外型」はテイクアウトやドライブスルーなど、「お持ち帰り」の際に活用されます。

とはいえ、両方の機能を備えたモバイルオーダーシステムもあるため、自社のサービスに適したシステムを選ぶと良いでしょう。

導入している店舗と実例紹介

次に、現時点で既にモバイルオーダーシステムを導入している企業の実例を確認してみましょう。あなたも一度は利用したことのある企業があるのは無いでしょうか。実例を見て、自社にどう活かせるかを、より具体的にイメージしましょう。

本記事では以下の3つの企業を紹介します。
1.マクドナルド
2.スターバックス
3.丸亀製麺

それぞれ、モバイルオーダーシステムの導入に成功している事例ですので、自社に活かせるポイントがないかを確認してみましょう。

マクドナルド

モバイルオーダーシステム導入のパイオニア的企業です。2020年1月頃よりサービスをスタートさせ、現在では全国2,700店舗でモバイルオーダーでの注文・決済が可能です。マクドナルドのモバイルオーダーシステムは、店内型と店外型の両方が使えるシステムになっています。

店内での飲食の際は、テーブルで商品選択や決済を済ませ、店員が商品を運んで来てくれる仕組みです。店外利用の際はテイクアウトまたは駐車場に止めた車まで商品を運んで来てくれるサービスがあります。

決済については、カード・LINE Pay・PayPayなど、様々な方法に対応しており、利便性の高いシステムと言えます。マクドナルドは、以前から導入されていた公式アプリにモバイルオーダーシステムを追加導入した格好になった為、顧客に浸透するのが比較的早かったのではないでしょうか。

スターバックス

スターバックスコーヒージャパンは2020年12月よりモバイルオーダーシステムの導入を開始しています。

公式アプリからだけでなく、Webからの注文も可能な為、アプリをダウンロードしなくても利用できる仕組みです。「気軽に試してみたい」「試してみて、良かったらアプリをダウンロードしたい」といった顧客ニーズに応えた形です。

さらに商品選択の際は、ソースやホイップの追加、変更など幅広いカスタムにも対応しています。また、受け取り時間の指定こそできないものの、受け取り可能時間の目安が表示される仕様になっており、非常に使いやすさを感じるシステムです。

丸亀製麺

丸亀製麺はコロナ禍でのテイクアウト需要の高まりに対応する手段として2021年2月からモバイルオーダーシステムの導入を開始しました。

公式サイトからメニューを選択・支払いを行うことが可能です。丸亀製麺は通常、店舗での飲食の際は並んで商品を受け取り、最後に支払いをする流れです。

しかし店舗に「スマートフォン注文」の受取口を設置したことで、モバイルオーダーを利用した顧客は、列に並ばずに商品を受け取れる仕組みになっています。

密を避けるだけでなく「できるだけ早く受け取りたい」という要望に応えたものとなっており、お昼時など混雑する時間帯は特に、高い導入効果を発揮するでしょう。

テイクアウト利用の際のモバイルオーダーの使い方と手順

モバイルオーダーシステムを実際に使ったことがある場合は、容易に分かる事かと思いますが、今一度手順を確認しましょう。


1.アプリで商品を選択
2.注文する店舗を選択(最寄りの店舗を選択)
3.レジに進む(カートに追加)
4.利用方法で「テイクアウト」を選択
5.支払方法を選択
6.注文を確定(この時点では調理は開始されていません)
7.受け取りに進む(この時点で調理が開始されます)
8.店舗で受け取り

今回は、テイクアウトでの利用を前提にした手順を紹介しましたが、店内利用の場合もドライブスルーの場合も大まかな流れは変わりません。簡単で分かりやすいシステムが多いので、初めての場合も迷いなく、操作を進めることができるでしょう。

モバイルオーダーでテイクアウトするメリット3選

モバイルオーダーシステムを使って、テイクアウトを利用する際のメリットについてお伝えします。本記事で紹介するメリットは次の3つです。


・並ぶ手間がない
・移動中や休憩時間など時間を有効活用できる
・ゆっくりとメニューが選べる

それぞれ詳しく解説します。

レジに並ぶ手間がない

モバイルオーダーシステムを使ってテイクアウトを利用する際、1番のメリットとなるのが「並ぶ手間を省けること」です。並んで商品を購入するのがモバイルオーダーシステムを導入する前の常識ではありましたが、人は便利な方へ流れて行く習性があります。

並ばなくても商品が買えることを覚えてしまえば、それまで普通だと思っていた「並ぶこと」が手間だと感じてしまうのです。従って、並ぶ時間を短く出来る・並ばなくて済むのは非常に便利であり、顧客の満足度を上げるひとつの要因といえるでしょう。

移動中や休憩時間など時間を有効活用できる

これまでは、店頭に到着してから商品を選び、お金を払う流れでした。しかし、モバイルオーダーシステムの導入によって店舗に向かう途中の車や電車の中で商品選択や決済が出来るようになりました。

移動などのスキマ時間を有効活用出来るようになったことで、購買行動がさらに手軽になったと言えます。時間に余裕のない主婦や昼休み中のサラリーマンなど、時間を無駄にしたくないと考える顧客のニーズに応えられる状況がモバイルオーダーシステムの普及によって創り出せたと言えそうですね。

ゆっくりとメニューが選べる

最初に紹介したメリットと共通する部分がありますが、並ばずに商品を買えることによって、自宅や移動中に自分のペースで商品を選べるメリットもあります。

小さなお子さんがいる場合や大人数で来店した場合など、並んでいると次の人が居るからと気を使い焦ってメニューを選んでしまうことがあります。そうした事態を防ぐ効果も期待出来るでしょう。


上記の他にも細かいメリットは沢山あります。顧客ニーズを把握し、それに答えるためには「モバイルオーダーシステムをどう活用していくべきなのか」をよく検討していきましょう。

テイクアウト利用可能なモバイルオーダーシステム導入時のポイント3選

最後に、モバイルオーダーを導入する際のポイントについて解説します。様々なモバイルオーダーシステムがある中で、自社にはどのシステムが最適なのか?と迷うこともあるでしょう。

その際は以下の3点を満たしているシステムの導入がおすすめです。

1.操作が簡単で分かりやすい画面であること
2.多彩な決済手段があること
3.多言語対応

モバイルオーダーは、これからさらに多くの人が利用するようになるでしょう。そのため、誰にでも使いやすく、便利な機能を備えている必要があります。

多彩な決済手段に対応していれば、それだけ利用する人も増えるでしょう。多言語対応可能であれば、外国語が分かる従業員が居なくてもスムーズなオペレーションが実現できます。

自社の状況に合わせて、ある程度カスタマイズ可能なシステムを選ぶと良いでしょう。

モバイルオーダーでテイクアウトを利用する方法まとめ

本記事では、モバイルオーダーシステムを使って、テイクアウト利用する際のポイントやメリットについて解説しました。モバイルオーダーシステムは、テイクアウト・店内利用・ドライブスルーなど様々な方法で利用可能です。

自社の店舗にあったシステムを選択し、顧客ニーズを満たす施策をとっていきましょう。

飲食店を経営されている方は、モバイルオーダーシステムの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

弊社では、モバイルオーダーシステムの開発を行っております。

メリット 弊社のシステムならデメリットを解決
従来型のデメリット 株式会社アシストなら
【主に飲食店側】 ・業務・コスト削減 ・ミス・トラブル回避 ・販促活動しやすい 【主にお客様側】 ・スキマ時間を有効活用 ・衛生的 注文回数・配膳回数が増える オーダーを自動整理
POSシステムとの連携が心配 既存レジのPOSシステムと連携可
提供まで遅延しがち 通知・アラーム等の遅延対策
機械操作が不安 従来オペレーションもできる
専用アプリのインストールが面倒 注文はアプリのインストール不要

セルフオーダーシステムを導入するかどうか迷ったら、ぜひ弊社にご相談ください。

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム