モバイルセルフオーダー,
【並ばず注文!】モバイルオーダーを使用して座席で注文するメリットとは?
2021/09/06

緊急事態宣言の発出、休業要請や営業時間の短縮など新型コロナウイルスの影響による感染予防対策によって、飲食店は集客・売上の低下という大きな打撃を受けています。

そんな中、大手飲食企業がこぞって導入しているモバイルオーダーシステムに興味のある飲食企業も多いのではないでしょうか?モバイルオーダーシステムを導入している大手飲食企業は、新型コロナウイルスの影響を受けず、営業利益が増加傾向にありました。

そこで本記事では、様々な使用用途やメリットがある「モバイルオーダーシステム」をテーマに、顧客が商品を「座席」で注文するメリットや流れについて解説していきます。本記事を参考に、多くの飲食企業で需要が高まっているモバイルオーダーシステムについての理解を深めていきましょう。

飲食店はモバイルオーダーシステムを導入すべきなのか?

新型コロナウイルスの影響で集客・売上が低下している飲食店が存在する中で、大打撃を受けなかった大手飲食企業の多くは、モバイルオーダーシステムを導入していることがわかっています。有名な企業を例に挙げ、どのような企業が導入しているのかをご紹介しましょう。

・マクドナルド
・スターバックス
・松屋フーズ
・すき家
・ほっかほっか亭(ハークスレイ)

大手飲食企業を始めとした飲食店にとって、コロナ渦で経営破綻を回避するためには、モバイルオーダーシステムの導入が欠かせないことがわかります。

モバイルオーダーを使用して座席で注文するメリット

顧客によってモバイルオーダーシステムの使用方法は様々です。多くの顧客は「事前注文」や「デリバリー」を使用しているでしょう。しかし、それだけでなく「座席」で注文することが、モバイルオーダーシステムを飲食点に導入することで可能になります。

顧客が座席で商品を注文することのメリットについて、顧客側・企業側それぞれのメリットについて解説していきましょう。

顧客側の3つのメリット

まずは、顧客が商品を座席で注文する際に発生する、顧客側の3つのメリットについて解説していきます。

混雑時でもスムーズに注文可能

顧客が座席で注文をすることで、混雑時でも並ぶことなく商品を注文することができます。また、顧客は店内で席の確保をしてから注文することができるため、商品受け取り後に座席を見つけ出す手間を省くことが可能です。

自分の席に座ったまま、店舗の混雑状況を気にせずに、自分の好きなタイミングで商品を注文することができます。

追加の注文に対応

顧客が商品を「追加で注文したい」と感じた際、「従業員に声をかけにくい」と気を遣ったり、「並びなおすのが面倒くさい」と感じてしまい、結果的に諦めてしまうこともあるでしょう。このことは、店舗にとって大きな機会損失となります。

しかし、顧客は座席で注文をすることで、そのような問題は解消され、スムーズに注文することができるでしょう。

このように、追加の注文時にもモバイルオーダーシステムは活用できます。

事前に決済可能

電子マネーやクレジットカードなどを使用して、事前に決済を完了させることが可能です。

座席で商品を注文すると同時に決済を完了することでレジに並ぶストレスなく、モバイルオーダーシステムを活用して、食事を楽しむことができます。

企業側の3つのメリット

続いて、顧客が商品を座席で注文する際に発生する、企業側の3つのメリットについて解説していきます。

作業負荷軽減

顧客が座席から注文することで、レジに並ぶ必要が無いため、より多くの顧客からの注文を受けることになるでしょう。しかし、オーダーの整理ができなければ、多くの受注をしても結果的に店舗運営の負荷が増えてしまい結果的に店舗運営の負荷が増えてしまいます。

モバイルオーダーシステムはそのような問題点を改善すべく機能がしっかりと搭載されています。店舗を効率良く運営していくためにも、従業員の作業負荷を軽減し、モバイルオーダーシステムを導入すべきと言えるでしょう。

人手不足解消

近年、新型コロナウイルスの影響により雇用者への給料問題や他人との接触を避けるために離職したりと、従業員不足で頭を抱えている店舗も多いのではないでしょうか?

そこで、店舗の人的な負担を減らすために挙げられることは、モバイルオーダーシステムを導入して、顧客自身で注文から決済までを完結したり、対面での注文や店舗での現金管理などを減らしたりすることなどがあります。このことで、結果的に少ない人手でも店舗を回すことができ、人手不足問題は解消へと繋がるでしょう。

最小限の接触

非対面、非接触での対応が可能となるため、モバイルオーダーシステムを導入することは、新型コロナウイルスの感染予防対策として有効です。

コロナ渦で問題視されている「三密」の解消にも繋がるモバイルオーダーシステムの導入による効果は、レジの緩和や従業員を減らすことが挙げられます。接触機会が減ることは顧客にとって、店舗に出向く際の安心な要素となるため、結果的に店舗の売上増加を見込むことができるでしょう。

座席で商品を受け取るまでの5ステップ

顧客が座席で商品を注文してから受け取るまでの5ステップについて解説していきます。

顧客が事前に店舗のアプリを導入していることで、テーブルに記されている番号を記入するだけで、座席へ商品を届けるシステムを採用している大手飲食企業もありますが、今回は各テーブルごとに商品を注文するシステムの流れについて紹介していきます。

1.テーブルごとにQRコードを設置する

店舗は、各テーブルごとにQRコードを設置します。このQRコードに掲載されている店舗のアプリ、もしくは注文画面は予め店舗と連携しているため、顧客からの注文が入ると一目で気付くことができるシステムが搭載されています。

2.顧客がQRコードを読み込む

顧客が店舗で座席を確保した後、テーブルごとに設置されているQRコードをそれぞれの端末で読み込みます。

3.商品を注文する

顧客はQRコードから読み取った店舗の商品情報を元に、注文する商品を選択します。商品名だけでなく、商品をイメージさせる画像を掲載しておくことで、より商品の魅力を感じることができるでしょう。

また、顧客は注文する際に決済を完了させておくことで、レジに並ぶ必要がなくなります。

4.顧客の注文を受ける

モバイルオーダーシステムを通して顧客の注文を受けた後すぐに店舗へ通知が届くため、店舗は顧客を待たせることなく対応出来るでしょう。

5.商品を提供する

モバイルオーダーシステムの情報を元に、顧客へと商品を提供します。顧客は席に座っているだけで、スムーズに商品を楽しむことができるでしょう。

まとめ

本記事では、様々な使用用途やメリットがある「モバイルオーダーシステム」をテーマに、顧客が商品を「座席」で注文するメリットや流れについて解説しました。結果として、飲食店がモバイルオーダーシステムを導入することで、顧客側・企業側どちらにもメリットがあることが分かりました。

モバイルオーダーシステムを利用する流れは明確であり、多くのメリットが挙げられるモバイルオーダーシステムを飲食企業が導入しない理由は無いでしょう。

飲食店を経営されている方は、コロナ渦でも店舗を持続して経営していくために、モバイルオーダーシステムの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

弊社では、モバイルオーダーシステムの開発を行っております。

メリット 弊社のシステムならデメリットを解決
従来型のデメリット 株式会社アシストなら
【主に飲食店側】 ・業務・コスト削減 ・ミス・トラブル回避 ・販促活動しやすい 【主にお客様側】 ・スキマ時間を有効活用 ・衛生的 注文回数・配膳回数が増える オーダーを自動整理
POSシステムとの連携が心配 既存レジのPOSシステムと連携可
提供まで遅延しがち 通知・アラーム等の遅延対策
機械操作が不安 従来オペレーションもできる
専用アプリのインストールが面倒 注文はアプリのインストール不要

セルフオーダーシステムを導入するかどうか迷ったら、ぜひ弊社にご相談ください。

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム