モバイルセルフオーダー,
モバイルオーダーを便利と感じるポイントはどこにあるのか?
2021/09/03

近年、飲食店を主に導入が進んでいるモバイルオーダーシステムをご存知でしょうか。モバイルオーダーシステムは店舗側だけでなく、顧客からの指示も高く非常に便利なシステムとして人気を博しています。

しかし、まだまだ日本国内での普及率は低く認知度自体も決して高いとは言えない状況です。その大きな理由は、モバイルオーダーシステムがどのような機能なのかを理解されていないことにあります。

そこで本記事では、モバイルオーダーシステムとはどのようなシステムなのか、どのような利便性を兼ね備えているのかについて詳しく解説していきます。

本記事を参考に、モバイルオーダーシステムを活用、飲食店を経営している方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

モバイルオーダーシステムとは

モバイルオーダーシステムとは、商品をスマートフォンやタブレットで事前注文、決済が出来るシステムです。顧客は、専用のアプリなどで商品を注文、さらに決済までがアプリ内で完結するため、店舗へ足を運んで行うことは、商品の受け取りのみとなります。

その他にも、モバイルオーダーシステムには店内で事前注文・決済を完結し、完成した商品を店員が席まで運んでくれる店内モバイルオーダーシステムも存在します。

また、店舗側も事前注文により余裕をもって商品を用意出来るうえに、決済がシステム上で完結しているため、レジでの金銭受け渡しの手間やヒューマンエラーが防げるなど、顧客側・店舗側双方ともに利便性の高いシステムとなっています。

モバイルオーダーシステムが便利な点:店舗側

飲食店と相性の良いモバイルオーダーシステムですが、導入することで実際にどのようなメリットが生じるのかについて深堀していきます。

店舗の業務効率化

モバイルオーダーシステムの導入により、従来であれば人力で対応していた業務もシステムによって自動化が可能になりました。そのため、少ない人員でも円滑に業務が遂行出来るので、効率化に繋がります。

注文端末の導入コストがかからない

モバイルオーダーシステム普及以前も、店内注文用のタブレットなどを取り揃えている店舗は存在しました。しかし、注文用タブレット端末も決して安いものではなく、複数台揃えるにはコストが掛かります。

しかし、モバイルオーダーシステムであれば注文端末は顧客のスマートフォン、またはタブレットとなるため、店舗側が専用の端末を導入する必要は一切なく、結果として端末を新規導入するコストは発生しません。

単純に接触機会が減る

モバイルオーダーシステムを活用することによって、「レジに並ぶ」という行為が必然的に減ってきます。結果として、顧客と店員が接触する機会が減るため、間接的に新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組んでいることになるため、双方ともに安心出来るようになりました。

反対に、顧客との密接な関係値を重んじる老舗の料亭などは導入を嫌うことも珍しくないため、全ての店舗がメリットを感じるということではありません。

顧客単価・売上のアップ

自宅や外出時に、自身のスマートフォンで気軽に商品を注文出来るモバイルオーダーシステム。店舗で注文する場合、顧客はレジに並び、店員や後ろに並んでいる人からのプレッシャーを常に浴びせられている状態に陥ります。


そのような状態では、「急いで選んで注文しなければならない」という考えが先行してしまい、ゆっくり商品を選べません。反対に、モバイルオーダーシステムであればリラックスした状態で商品を選択出来るため、追加注文のハードルが下がる傾向にあり、顧客単価・売上アップに繋がります。

顧客データを分析できる

モバイルオーダーシステムによって、顧客がどのような商品をいつ注文したのかをデータとして保存することが可能です。この顧客データを基に、売れ筋商品を見つけたり、ピークタイムの断定が可能になるため、今後の経営戦略にも役立ってきます。

クーポン配信によるリピート率向上

モバイルオーダーシステムには、クーポンを配信する機能も搭載されています。アプリをインストールしてくださった顧客に向けて、定期的にクーポンを配布することで再度注文してもらうきっかけを作ります。

クーポン経由で再度注文をしてくれる顧客は、安定したリピーターになりやすいため、クーポン配信が非常に効果的といえます。

モバイルオーダーシステムが便利な点:顧客側

店舗側のメリットを深堀したところで、モバイルオーダーシステムの顧客側のメリットについても深堀していきます。

待ち時間がなく、行列に並ぶ必要がない

顧客側の感想として、商品を注文するために並んだり、商品を受け取るための待ち時間などを嫌います。しかし、モバイルオーダーシステムではそのような懸念材料を全て解消。さらに、通常であれば行列が出来て並ばないと入れないような店舗の商品でも、気軽に注文出来るようになりました。

時間指定でタイミング良く受け取れる

従来であれば、わざわざ店舗まで足を運び、商品を受け取るまでにまとまった時間が必要でしたが、モバイルオーダーシステムを活用することでそのような手間は全て省くことが可能となりました。

会社からの帰宅途中、電車の中で注文、さらに受け取り時間を指定しておけば、作り置きで冷めることもなく、温かい状態の料理を受け取ることが出来るため独身の方には特に重宝されるシステムとなっています。

モバイルオーダーシステムを使わない人にもメリットがある

実は、モバイルオーダーシステムを導入することにより、モバイルオーダーシステムを利用しない方にもメリットが発生します。

モバイルオーダーシステムによりレジに並ぶ人数が減ることで、モバイルオーダーシステムを活用しない顧客もスムーズに商品の注文が出来るようになるため、顧客満足に繋がります。

結果として、モバイルオーダーシステムを活用する方はその利便性に、活用しない方は従来よりもスムーズに注文が出来ることによる満足度の向上を感じられるため、モバイルオーダーシステムの導入は今後必須となることは間違いないでしょう。

自動でスタンプ・ポイントが貯まる

モバイルオーダーアプリには、スタンプやポイント機能が搭載されているものが多いです。注文した際、自動的にスタンプやポイントが貯まるため、紙で渡されていたスタンプカードをわざわざ持参する必要はなくなりました。

また、スタンプカードは忘れることも多く、不便な点が多かったため、アプリ内で自動的にスタンプ・ポイントが貯まる制度は顧客にとって非常にありがたいメリットです。

モバイルオーダーシステム、利用の流れ

ここからは、モバイルオーダーを利用した際の、商品受け取りまでの流れについて解説していきます。

商品受け取りまでの、一連の流れは以下の通りです。

1.アプリで商品を選択
2.注文する店舗を選択(商品の受け取りが必要なので最寄りの店舗を選択)
3.レジに進む(カートに追加)
4.利用方法で「テイクアウト」を選択
5.支払方法を選択
6.注文を確定(この時点では調理は開始されていません)
7.受け取りに進む(この時点で調理が開始されます)
8.店舗で受け取り

このような流れとなっております。

Uber Eastsや出前館などのデリバリーアプリの利用経験があれば、問題なく商品受け取りまでスムーズにこなせます。

まとめ

本記事では、モバイルオーダーシステムは何が便利なのか、どのような点を指示されているのかについて解説しました。モバイルオーダーシステムのメリットは非常に多く、顧客からの満足度も高いことが分かります。

しかし、まだまだ導入している飲食店は多くない状況です。ここまで店舗側、顧客側のとってのメリットが大きいにも関わらず導入率が低い理由、それは認知度の低さにあります。

ですが、この状況は捉え方によっては非常にありがたい状況と言えます。同業他社がまだ導入していないのであれば導入することで大きく差別化を図れ、コロナ禍でも売上を伸ばすことは難しくありません。

モバイルオーダーシステムの需要は、今後も確実に増加の一途を辿ります。同業他社に先を越されるだけで新規顧客の獲得や、リピーターの離脱の原因にもなり兼ねません。

飲食店を経営されている方は、モバイルオーダーシステムの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

弊社では、モバイルオーダーシステムの開発を行っております。

メリット 弊社のシステムならデメリットを解決
従来型のデメリット 株式会社アシストなら
【主に飲食店側】 ・業務・コスト削減 ・ミス・トラブル回避 ・販促活動しやすい 【主にお客様側】 ・スキマ時間を有効活用 ・衛生的 注文回数・配膳回数が増える オーダーを自動整理
POSシステムとの連携が心配 既存レジのPOSシステムと連携可
提供まで遅延しがち 通知・アラーム等の遅延対策
機械操作が不安 従来オペレーションもできる
専用アプリのインストールが面倒 注文はアプリのインストール不要

セルフオーダーシステムを導入するかどうか迷ったら、ぜひ弊社にご相談ください。

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム