モバイルセルフオーダー,

モバイルオーダーシステム市場は小規模。なぜ飲食店こそ導入すべきなのか。

大手飲食企業が取り入れていることで話題のモバイルオーダーシステム。新型コロナウイルスの影響で集客・売上が低下している飲食店が多く存在する中で、モバイルオーダーシステムを導入している大手飲食企業は、新型コロナウイルスの影響を受けず、営業利益が増加傾向にあったのです。

しかし、モバイルオーダーシステムを導入するにあたって新しい業務や負担が増えてしまうのではないかと不安を抱えている店舗も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、モバイルオーダーシステムの市場規模から考察し、飲食店がモバイルオーダーシステムを導入すべき理由、挙げられる課題について解説していきます。大手飲食企業はなぜモバイルオーダーシステムを導入しているのか、本記事を参考にモバイルオーダーシステムについての理解を深めていきましょう。

モバイルオーダーシステムの市場規模

モバイルオーダーシステムの認知・利用状況

まずは、モバイルオーダーシステムの市場規模について解説していきます。

モバイルオーダーシステムの認知・利用状況について、スマートフォンを利用している18歳から69歳の男女5,630人を対象に調査をした結果です。

このグラフからわかるように、モバイルオーダーシステムの認知・利用状況における市場規模はおよそ半数以下と、まだまだ小規模であることがわかります。

出典:MMD研究所

モバイルオーダーシステムが注目されている理由

新型コロナウイルスが流行したことにより、多くの飲食企業は集客・売上の低下といった大きな打撃を受けました。しかし飲食企業の中でも大手飲食企業は新型コロナウイルスの影響を受けず、唯一売上高が好調したと言われています。

新型コロナウイルスの影響による打撃を受けなかった大手飲食企業の多くがモバイルオーダーシステムを導入していたことにより、現在は多くの飲食企業がモバイルオーダーシステムの導入を検討しています。

飲食店がモバイルオーダーシステムを導入すべき3つの理由

大手飲食企業のように、コロナ渦で飲食店を持続して経営するためには、モバイルオーダーシステムを導入すべきと言えるでしょう。そこで、飲食店がモバイルオーダーシステムを導入すべき3つの理由について解説していきます。

新型コロナウイルス感染拡大防止

モバイルオーダーシステムを導入することで、顧客は事前に注文や決済が可能となり、店舗側との対面でのやり取りは最小限に抑えられます。また、キャッシュレス決済であるため現金への接触を避けることができ、モバイルオーダーシステムを導入することは新型コロナウイルスの感染拡大防止対策に有効と言えるでしょう。

顧客にとって、新型コロナウイルスの感染防止対策がされている店舗は、安心して店舗に足を運ぶ理由の一つになります。飲食店は一人でも多くの顧客を確保するために、新型コロナウイルス感染拡大防止に対する配慮は欠かせないでしょう。

営業時間短縮の売上低下への対策

緊急事態宣言の発出に伴い時短営業の要請を受け、大きな打撃を受けている飲食店。しかしモバイルオーダーシステムを導入した場合、導入していない店舗に比べ、外出を控えている顧客からの注文を受ける機会が増えることで、結果的にテイクアウトでの受注数の増加が見込めます。

モバイルオーダーシステムを導入することにより受注数が増加することは、営業時間短縮による売上低下への対策になるでしょう。

従来の作業負担軽減

モバイルオーダーシステムを導入することで、混雑する時間帯でも顧客は事前に注文・決済を済ませることができるため、レジに並ぶ時間が必要が無くなり、結果的に混雑を回避します。店舗側の人手が少ない場合でもより多くの注文を受けることができ、忙しい時間でも回転率をキープすることができるため、店舗の売上アップにも繋がるでしょう。

また、モバイルオーダーシステムを導入することで、会計業務などの人手が必要であった業務が自動化されます。飲食店の課題である人手不足もモバイルオーダーシステムを導入することで解消され、従業員は他の業務に専念することができるでしょう。

モバイルオーダーシステム導入に伴うビジネス課題

飲食店はコロナ渦における売上低下対策のために、モバイルオーダーシステムを導入すべきであることがわかりました。一方で、モバイルオーダーシステムを導入したからといって全ての問題が解決する訳ではありません。

ここからは、市場規模が拡大しているモバイルオーダーシステムを導入することで挙げられるビジネス課題について解説していきます。

テイクアウト注文への対応

顧客がモバイルオーダーシステムを利用し、店外で商品を注文する際、専用アプリのインストールが必要となるため「面倒」と感じさせてしまう可能性があります。また、せっかく注文しようと思っても専用アプリのインストール方法がわからないために注文を断念する顧客もいるでしょう。

テイクアウトで注文を試みている顧客の場合、店舗側は対応することはできないため、店舗にとっての大きな機会損失となってしまいます。

モバイル注文&決済システムの導入

導入したモバイルオーダーシステムが既存レジのPOSシステムと連携ができなかった場合、新しいシステムの操作方法を一から覚える必要があります。店舗は、操作方法を覚えるための時間を確保できないために、結果的にモバイルオーダーシステムを導入することで作業効率が悪くなってしまう可能性があるでしょう。

店舗運営の業務効率化

飲食店がモバイルオーダーシステムを導入することで、より多くの顧客からの注文を受けることになるでしょう。しかし、せっかく受注をしてもオーダーの整理ができなければ、結果的に業務内容が増えてしまい、店舗運営の負担になってしまいます。

まとめ

本記事ではモバイルオーダーシステムの市場規模から考察して、飲食店がモバイルオーダーシステムを導入すべき理由、挙げられる課題について解説しました。結果として、飲食店はモバイルオーダーシステムをコロナ渦だからこそ導入すべき必要があることが分かりました。

しかしモバイルオーダーシステムの導入に伴い、導入する会社によっては上記のようなビジネス課題が挙げられてしまうため、必ずしも店舗側にメリットがあるとは言い切れません。自社店舗に合ったモバイルオーダーシステムを導入する上で、店舗にとってのデメリットは無いか見比べながら、導入する必要があると言えるでしょう。

飲食店を経営されている方は、モバイルオーダーシステムの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

弊社では、上記課題を解決したモバイルオーダーシステムの開発を行っております。

メリット 弊社のシステムならデメリットを解決
従来型のデメリット 株式会社アシストなら
【主に飲食店側】 ・業務・コスト削減 ・ミス・トラブル回避 ・販促活動しやすい 【主にお客様側】 ・スキマ時間を有効活用 ・衛生的 注文回数・配膳回数が増える オーダーを自動整理
POSシステムとの連携が心配 既存レジのPOSシステムと連携可
提供まで遅延しがち 通知・アラーム等の遅延対策
機械操作が不安 従来オペレーションもできる
専用アプリのインストールが面倒 注文はアプリのインストール不要

セルフオーダーシステムを導入するかどうか迷ったら、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW
ARCHIVE