モバイルセルフオーダー,

モバイルオーダーは混雑時こそ役に立つ!

緊急事態宣言の発出、時短要請や休業要請、新型コロナウイルスの影響で店内飲食を中心とする飲食店は、集客や売り上げの低下といった大きな打撃を現在もなお受け続けています。
リモートワークや三密回避のために、外食をする機会が減少していることから、多くの店舗の売り上げが低下してしまいました。

しかし一方で、新型コロナウイルスの影響をあまり受けなかった店舗もあります。それは、モバイルオーダーシステムを導入している店舗でした。

そこで本記事では、なぜモバイルオーダーシステムの導入に伴い混雑を回避することで、集客や売り上げの向上に繋がるのかについて解説していきます。多くの飲食店が導入しているということもあり、需要が高まっているモバイルオーダーシステム。本記事を参考にモバイルオーダーシステムについての理解を深めていきましょう。

モバイルオーダーは混雑時こそ役に立つ!

モバイルオーダーシステムを導入している店舗は店内飲食のみを中心とする飲食店と異なり、テイクアウトやデリバリーといった取り組みを行うことができ、店舗として幅広い需要の確保ができます。これにより、低下した売り上げをカバーすることができ、新型コロナウイルスの影響による大打撃を回避することができたのです。

このことからわかるように、コロナ渦において飲食店がモバイルオーダーシステムを導入することは、今後の集客や売り上げを向上させるためには欠かせないと言っても過言ではないでしょう。

しかし飲食店がモバイルオーダーシステムを導入する必要がある理由はそれだけではありません。モバイルオーダーシステム導入により多くの店舗が顧客の「混雑」を回避しているからです。

モバイルオーダーシステムはテイクアウトやデリバリーの他に、店内でのメニュー注文時や会計時に取り入れている店舗も多く存在しています。様々な利用用途がある中で、モバイルオーダーシステムが本領を発揮するのは混雑時です。ではなぜ混雑時にこそ役に立つのでしょうか。

モバイルオーダー、混雑時は双方ともにメリットがある

まずは、モバイルオーダーが混雑時にどのようなメリットをもたらすのかについて「店舗側のメリット」「顧客側のメリット」に分けて、それぞれ解説していきます。

店舗側のメリット

・業務の効率化
モバイルオーダーシステムを導入する上での最大のメリットは、混雑時の業務を効率化できることです。これにより、店舗で働く従業員はミスや見落としをすること無く円滑に業務をこなすことができます。

店内やテイクアウトでの注文に直接対応した場合、その都度従業員の人員と時間がとられてしまいます。しかしモバイルオーダーシステムを導入することにより、混雑時に発生する従業員の人員不足や多くの注文対応に振り回されることなく、店舗として最善の対応を提供することができるでしょう。

 

・回転率のアップ
モバイルオーダーシステムを活用することにより、注文された料理の調理時間や完成までの待ち時間を予測して顧客に提示することや、混雑時でもたてこむことなく料理を提供することができます。これにより、顧客の回転率をあげることができ、結果的に売り上げアップに繋がるでしょう。

顧客側のメリット

・時間の有効活用
混雑時に発生してしまう行列や待ち時間を、モバイルオーダーシステムを導入することで解消へと導くでしょう。モバイルオーダーシステムを活用し事前に来店・注文予約をしておくことで、カウンターに並ぶことなくスムーズに席の確保ができ、スピーディーに料理を楽しめます。

テーブルデリバリーの場合、各テーブルから自分の好きなタイミングで注文をすることで、自分の席に座っているだけで出来立ての料理を楽しむことができます。

また、モバイルオーダーシステムの対応時間内であれば自宅だけでなく通勤時間やおでかけ中といった隙間時間を活用し、いつでもどこでも対応することができます。そのためモバイルオーダーシステムは顧客にとっての時間的自由度が高いシステムです。

 

・メニューを吟味できる
混雑時には、その店舗に「不慣れな人」ほどモバイルオーダーシステムの効力を発揮します。店舗に不慣れな人にとって混雑時に店舗での注文に悩み、他の人を待たせてしまうと感じてしまうことはストレスです。一方でモバイルオーダーシステムであれば、急かされることなくゆっくりとメニューを吟味しながら選ぶことができます。

また、従業員が忙しそうだから「なかなか声がかけられない」と気を遣ってしまい、注文のタイミングを逃してしまうことがあります。「注文したいものが頼めなかった」となれば店舗にとっては大きな機会損失です。モバイルオーダーシステムを活用することで、従業員に気を遣うことなく自分の好きなタイミングで好きな料理を注文することができるでしょう。

飲食店のモバイルオーダー導入状況

大手飲食企業の多くがモバイルオーダーを導入しています。モバイルオーダーシステムは、どのような企業が導入しているのか、有名な企業を例に挙げてご紹介します。

・マクドナルド
・スターバックス
・松屋フーズ
・すき家
・ほっかほっか亭(ハークスレイ)

このような、大手飲食企業もモバイルオーダーシステムを導入しております。モバイルオーダーシステムの需要は今後も高まり、飲食店を経営する店舗にとっては欠かせないシステムとなるでしょう。

まとめ

本記事では、モバイルオーダーシステムが混雑時ほど役に立つことについて解説しました。
結果として、モバイルオーダーシステムを店舗に導入することにより「店舗」「顧客」それぞれに大きなメリットをもたらすことがわかりました。

新型コロナウイルスの影響で外食をする機会が大きく減少し、店舗にとっても大きな機会損失となりました。数々の店舗がやむを得ず「閉店」という選択をしていく中で、飲食店を経営し続けるためにはモバイルオーダーシステムを導入するという選択は必須になることでしょう。

コロナ渦の不況により、人員不足や顧客の回転率で頭を抱えながら経営されている方は、モバイルオーダーシステムの導入により業務の効率化を検討されてみてはいかがでしょうか。

弊社では、モバイルオーダーシステムの開発を行っております。

メリット 弊社のシステムならデメリットを解決
従来型のデメリット 株式会社アシストなら
【主に飲食店側】 ・業務・コスト削減 ・ミス・トラブル回避 ・販促活動しやすい 【主にお客様側】 ・スキマ時間を有効活用 ・衛生的 注文回数・配膳回数が増える オーダーを自動整理
POSシステムとの連携が心配 既存レジのPOSシステムと連携可
提供まで遅延しがち 通知・アラーム等の遅延対策
機械操作が不安 従来オペレーションもできる
専用アプリのインストールが面倒 注文はアプリのインストール不要

セルフオーダーシステムを導入するかどうか迷ったら、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW
ARCHIVE