モバイルセルフオーダー,

個人店に「モバイルオーダーシステム」の導入は必要なのか?

新型コロナウイルスの影響で人気有名飲食店でも「閉店」の2文字が相次いでいます。集客・売上の低下に直面している店舗は、最悪の結果から逃れるためにやむを得ず従業員を解雇したり、SNSを活用して集客をしたりと様々な対策をとっています。

その中でも現在注目を集め、需要が高まっている対策としてモバイルオーダーシステムの導入が挙げられます。

モバイルオーダーシステムと聞くと大手飲食店企業を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし今や大手企業のみならず、個人店でも導入している企業が数多く見受けられています。

そこで本記事では個人店によるモバイルオーダーシステムの導入について解説していきます。コロナ渦で需要が高まるこのシステムについて、本記事を参考に個人店におけるモバイルオーダーシステムの導入についての理解を深めていきましょう。

モバイルオーダーシステムの導入は個人店でも可能?

結論から申し上げると、可能です。

近年では、大手飲食店企業のように店舗が独自のアプリ開発をする必要が無く、自社のイメージに合わせたデザインを簡単に作成できるシステムが存在します。

顧客は専用アプリをダウンロードする必要が無く、自身のスマートフォンからブラウザを使用し、注文・決済できます。また現金のみならず、クレジットカード決済やキャリア決済など、様々な決済手段に対応しています。

モバイルオーダーシステムは、どのような企業が導入しているのか、有名な企業を例に挙げてご紹介します。

・マクドナルド
・スターバックス
・松屋フーズ
・すき家
・ほっかほっか亭(ハークスレイ)

このような、大手飲食企業もモバイルオーダーシステムを導入しております。新型コロナウイルスが流行している中で、有名飲食店もやむを得ず次々と店を畳んでいます。ではなぜ今、モバイルオーダーシステムの需要が高まっているのかを考察していきましょう。

モバイルオーダーシステムを個人店が導入するメリット

なぜモバイルオーダーシステムを個人店が導入するべきなのか、メリットについて解説していきます。

人件費の削減

モバイルオーダーシステムを個人店が導入することにより、顧客対応にかかっていた従業員の人数を大幅に削減することができます。

つまり全てのオーダーを自動化・機械化することによって、非対面での注文や決済が可能になります。これにより業務に携わる人員を削減することができ、結果として人件費の削減・残った予算を他の運営費用へと回すことができるようになるでしょう。

業務効率化の促進

業務の効率を低下させている部分を知ることにより、対策を立てることが可能です。個人店がモバイルオーダーシステムを導入することにより、全ての業務が管理され、データを収集することができます。商品の注文を受ける中で傾向分析をしたり、段取りのマニュアル化を行ったりすることにより、効率よく業務を遂行しましょう。

業務におけるムダを省くことにより、必然的なコストカットに繋げることができるでしょう。例えば、商品の注文における伝票をペーパーレス化することにより、紙代と印刷代を削減することができます。

また、モバイルオーダーシステムを導入することにより、ピーク時でも回転率を維持することができ、従業員の時間的・心理的な余裕ができます。余裕ができればそれだけ良いパフォーマンスを引き出すことができるでしょう。

業務の定型化

モバイルオーダーシステムを個人店が導入することで、日常業務を定型化することができます。定型化をすることにより、人的な作業ミスやムダな作業を減らすことができるでしょう。

コロナ渦において従業員の入れ替わりも激しくなっています。業務の引継ぎを簡素化することにより、より早く能力や段取りを身に付け、スムーズに業務を開始することができます。

新規顧客の獲得

顧客目線で考えると、大手飲食店企業に比べ個人が経営している飲食店の店舗は「気軽に出入りがしにくい」という問題点が挙げられます。接客に力を入れ、顧客ファーストで経営を続けている店舗もあります。しかしそれではどうしても業務に集中できなかったり、常連の顧客のみに偏ってしまう傾向があり、結果として新規顧客の獲得には繋がらない場合があるでしょう。

モバイルオーダーシステムを導入することで注文するまでの工程を簡略化し、敷居を高く感じていた個人経営の店舗へもすんなり馴染むことができます。そして新規顧客でも負担なくスムーズにやりとりを行うことができ、大手飲食店企業と変わらない手軽さを感じることができるため、リピート率の増加を見込むこともできるでしょう。

顧客満足度の向上

モバイルオーダーシステムを個人店が導入することで、お客様が自身の好きなタイミングで注文することが可能になります。注文業務を「セルフオーダー」にすることで、回転率をアップさせ店舗にとっての機会損失が減り、客単価アップにも期待ができます。

モバイルオーダーシステムを使用することで「長い時間待たされる」「店員がなかなか来ない」などの不満が無くなり、注文待ちのストレスを無くすことで顧客満足度の向上にも繋がります。

withコロナ時代の今、店舗が集客施策をする上で重要になってくるのは顧客からの評価や評判です。SNS上で良い評価や評判を得るために、商品の質の担保はもちろん必要です。それに加え、モバイルオーダーシステムを導入することにより注文してからのスムーズな対応や対面でのムダなやりとりを減らすことができます。

結果として他の店舗との差別化を図ることができ、店舗に一定層のファンがつきます。顧客から顧客へと店舗の良い評価や評判が拡散されることになるでしょう。

モバイルオーダーを個人店が導入した際の具体的な流れ

モバイルオーダーシステムは、どのように導入した際の流れについて解説していきます。

導入するまでの、一連の流れはこちらです。

1.テーブルにQRコードを設定する
2.お客の来店。QRコードの読み込み
3.お客様のスマホから注文が入る
4.POS連携
5.注文商品の提供
6.会計

このような流れとなっております。

コロナ渦において、非対面・非接触での対応を取る店舗は増加傾向にあります。近年ではモバイルオーダーシステムによって注文した顧客の「LINE ID」を自動連携することもでき、顧客に合わせた分析アプローチをすることが可能になります。

モバイルオーダーシステムを導入した店舗のLINE公式アカウントより、メニューのお知らせやクーポン発行などを行うことができ、店舗・顧客の両者がメリットを感じることができる充実した機能も備わっています。

まとめ

本記事では、個人店に「モバイルオーダーシステム」の導入は必要なのか?について解説しました。結果として個人店がモバイルオーダーシステムを導入することによって多くのメリットをもたらすことがわかりました。

新型コロナウイルスの影響で余儀なく店舗を閉店してしまうのか、もしくは「モバイルオーダーシステム」を導入することによりこの状況を逆手にとり、withコロナの新時代を乗り越えていくのか、個人店で生き残るためにどちらを選択すべきかは明白でしょう。

飲食店を経営されている方は、モバイルオーダーシステムの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

弊社では、モバイルオーダーシステムの開発を行っております。

メリット 弊社のシステムならデメリットを解決
従来型のデメリット 株式会社アシストなら
【主に飲食店側】 ・業務・コスト削減 ・ミス・トラブル回避 ・販促活動しやすい 【主にお客様側】 ・スキマ時間を有効活用 ・衛生的 注文回数・配膳回数が増える オーダーを自動整理
POSシステムとの連携が心配 既存レジのPOSシステムと連携可
提供まで遅延しがち 通知・アラーム等の遅延対策
機械操作が不安 従来オペレーションもできる
専用アプリのインストールが面倒 注文はアプリのインストール不要

セルフオーダーシステムを導入するかどうか迷ったら、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW
ARCHIVE