モバイルセルフオーダー,
【モバイルオーダー】どのような企業が導入しているのか?
2021/06/30

近年、名前をよく耳にするようになった「モバイルオーダーシステム」。実は今、新型コロナウイルス感染拡大による不況を救うシステムとして、飲食業界から大きな注目を集めていることをご存知でしょうか。

スマートフォンを利用してスマホアプリ上で商品を注文・決済まで可能になるため非接触でオーダーが可能になりました。これにより、新型コロナウイルス感染対策も問題なく行えるため、外食産業は少しずつではあるが回復しつつあります。

しかし、モバイルオーダーシステムという名前だけは知っているけど本当に導入する価値があるのかを判断出来ない飲食店も多いのが事実です。そこで本記事では、モバイルオーダーシステムを導入した企業の事例をいくつか紹介していきます。

本記事を参考に、モバイルオーダーシステムの導入も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

モバイルオーダーシステムが注目される理由

まずは、モバイルオーダーシステムが注目される理由について解説していきます。海外では数年前から取り入れられていたモバイルオーダーシステムですが、日本ではまだまだ浸透していないサービスでした。そこでなぜ、ここ数年でモバイルオーダーシステムが日本で話題になっているのかを理解しておきましょう。

新型コロナウイルス感染拡大防止

日本でのモバイルオーダーシステムの導入は、もう少し先と言われていました。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、従来通りの接触での対応は感染拡大を促進するということで危険視されていました。

そこで、モバイルオーダーシステムを導入することで非接触での対応が可能になり、感染拡大防止に繋がるという結論に至ったことで、予定よりも早い導入が行われたという背景があります。

飲食業界の人員不足

飲食業界は近年、慢性的な人員不足が業界の課題となっていました。求人を出しても人が来ない、採用してもすぐに辞めてしまうという悩みは昔よりも最近の方が深刻化していると言われています。

そんな問題解決の糸口となったのが、モバイルオーダーシステムです。注文・決済を自動化出来るため、必然的にレジで対応する人員を削減することが可能になり、少ない人数でも店舗業務をこなせるようになりました。

スマートフォン・キャッシュレスの浸透

スマートフォン、キャッシュレス決済の浸透により、スマートフォンを通じての決済への抵抗が薄れつつあります。オンラインでのショッピングも今や日常に溶け込んでいるため、モバイルオーダーシステムも違和感なく日常に馴染んでいきました。

モバイルオーダーシステムのメリット

ここからは、モバイルオーダーシステムのメリットについて解説していきます。モバイルオーダーシステムは店舗側、顧客側どちらにも大きなメリットがあります。そんな双方のメリットをまとめていきます。

店舗側のメリット

店舗側のメリットとして挙げられるのは

・人員不足のカバー
・業務全体の効率化
・ヒューマンエラーの排除
・ピークタイムでも回転率を落とさず対応出来る

上記のようなメリットが挙げられます。

モバイルオーダーシステムにより、業務効率化を図ることで人員不足をカバー出来ます。また、システム上でオーダーや決済を完結させるため、聞き間違いなどのヒューマンエラーを根本から排除することが可能になりました。

従来では、ピークタイム時は顧客で溢れてレジや厨房も忙しく、ミスも多くなりがちでしたが、モバイルオーダーシステムの導入により、ピークタイムと言えど問題なく業務を遂行出来るため回転率を落とさずに対応出来るようになりました。

顧客側のメリット

顧客側のメリットとして挙げられるのは

・事前決済で手間が減る
・レジ前で待つ必要がない

上記のようなメリットが挙げられます。

顧客側のメリットとして、自宅や出先で商品を事前に注文・決済を完結させられるというメリットがあります。従来であれば、店頭まで足を運び、レジに並ぶ必要がありましたが、モバイルオーダーシステムのおかげで、そのような必要がなくなりました。

モバイルオーダーシステムを導入している企業

モバイルオーダーシステムは、どのような企業が導入しているのか紹介します。


・マクドナルド
・スターバックス
・松屋フーズ
・すき家
・ほっかほっか亭(ハークスレイ)

このような、大手飲食企業もモバイルオーダーシステムを導入しております。既存顧客からも好評で、さらには新規顧客の獲得にも繋がっているため、モバイルオーダーシステムの需要は、今後も確実に高まっていくと予測されています。

モバイルオーダーシステム導入の注意点

ここからは、モバイルオーダーシステムを導入する際の注意点について解説します。メリットの多いモバイルオーダーシステムですが、導入するだけで業務効率化、及び売上アップに貢献するということではありません。

ここで挙げる注意点もしっかりと理解した上で、導入を検討しましょう。

決済手段の選別

モバイルオーダーシステムには、様々な種類が存在します。自社のビジネスモデルや、顧客の年代、性別によって利用する決済手段は異なるため、利用傾向の高い決済手段を取り入れているモバイルオーダーシステムを導入しましょう。

導入コストとのバランス

モバイルオーダーシステムは中小企業や、個人経営の飲食店でも導入可能です。しかし、導入にはコストが掛かるため、コストに対しての利益を見込めるかと考えたうえで、モバイルオーダーシステムを導入することをおすすめします。

システム利用料や機材のレンタル費など、導入するにあたって費用が発生してしまいます。それを鑑みたうえで、作業効率の向上やリピーターの育成など、効果を発揮出来るようであれば導入してもよいでしょう。

まとめ

本記事では、モバイルオーダーシステムは、どのような企業が導入しているのかについて解説しました。モバイルオーダーシステムは、大手飲食企業も参入しているほど、注目度の高いシステムとなっております。

店舗側だけでなく、顧客側にもメリットが大きいということもあり、需要は高まる一方です。今後、モバイルオーダーシステムの導入は、飲食店にとってはスタンダードになるかもしれません。

同業他社に追い越されないためにも、モバイルオーダーシステムの導入を検討されてはいかがでしょうか。

弊社では、モバイルオーダーシステムの開発を行っております。

  メリット 弊社のシステムならデメリットを解決
従来型のデメリット 株式会社アシストなら
【主に飲食店側】 ・業務・コスト削減 ・ミス・トラブル回避 ・販促活動しやすい 【主にお客様側】 ・スキマ時間を有効活用 ・衛生的 注文回数・配膳回数が増える オーダーを自動整理
POSシステムとの連携が心配 既存レジのPOSシステムと連携可
提供まで遅延しがち 通知・アラーム等の遅延対策
機械操作が不安 従来オペレーションもできる
専用アプリのインストールが面倒 注文はアプリのインストール不要

セルフオーダーシステムを導入するかどうか迷ったら、ぜひ弊社にご相談ください。

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム