モバイルセルフオーダー,
【モバイルオーダー】支払い時に現金は選択可能?
2021/06/17

近年、需要が高まっている「モバイルオーダーシステム」。利用頻度や、店舗への導入率も増加傾向にありますが、消費者の多くが、支払い方法で戸惑っているようです。その理由は、現金は利用出来るのかどうか、という問題。

多くの店舗で、現金以外のQRコード決済や電子マネーなどが普及してはいますが、消費者心理として、まだまだ現金以外は信用出来ない、と考えている方も少なくありません。

本記事では、モバイルオーダーシステムの支払いに、現金は対応しているのか、という内容についてまとめていきます。モバイルオーダーシステムの決済はどのような方法が選べるのかを理解して、モバイルオーダーシステムを活用してみてはいかがでしょうか。

本記事では、モバイルオーダーシステムが日本で大きく広まった要因である「マクドナルド」を対象にして解説していきます。

モバイルオーダーの支払い、現金は選べる?

結論から申し上げると、モバイルオーダーシステムの支払いで、現金を選ぶことは出来ません。モバイルオーダーシステムは、全てオンラインで完結可能という点に重きを置いているシステムなので、現金だけでなく、電子マネーでの支払いも対応していない店舗も多いです。

モバイルオーダーシステムでの決済方法は大きく分けて2つ。

・各種Payサービス
・クレジットカード

上記2種類の決済方法でモバイルオーダーシステムを利用可能です。マクドナルドのモバイルオーダーシステムでは、「銀行口座から直接引き落とし」形式のスマホ決済方法は対応しておりません。

少し手間ではありますが、事前に各種Payサービスに銀行口座から入金しておくことで、モバイルオーダーシステムでの決済が可能になります。

モバイルオーダー、支払いから受け取りまでの流れ

ここからは、モバイルオーダーシステムで商品を注文、支払いを済ませて実際に商品を受け取るまでの流れを解説していきます。初めて利用される方は困惑してしまうことが多いため、利用する前に流れを把握しておきましょう。

商品を受け取る店舗を選択

モバイルオーダーシステムは、マクドナルド公式アプリ内に搭載されている機能になります。マクドナルド公式アプリを開き、「オーダー」タブをタップ。注文した商品を受け取る店舗を選択します。位置情報をオンにして、現在地から受け取り可能な店舗を選択しましょう。

注文する商品を選択

メニュー一覧から、注文したい商品を選択しましょう。時間帯によって、「朝マック」「バリューランチ」など選べるメニューが変動するため、選択可能なメニューから商品を選びましょう。

セットメニューを選択した場合は、サイドメニューやドリンクも選びましょう。追加で注文する際は「カートに追加」で商品を追加します。注文を確定する場合は「レジに進む」をタップします。

ご注文内容の確定

注文する商品が決まったら、、ご利用方法として「お持ち帰り」か「店内でお食事」を選ぶ必要があります。

・お持ち帰り…テイクアウト・駐車場で受け取る
・店内でお食事…テーブルにスタッフがお届け・カウンター受け取り

ご利用方法が決まれば、「お支払方法」を選択します。支払い方法まで決定したら、「注文を確定する」をタップ。ここまでで、商品の注文は完了です。

受け取り店舗に向かう

注文が確定したら、受取先に指定した店舗に商品を受け取りに向かいます。「できたての商品を受け取る」ページの「受け取りに進む」⇒「決済確定・商品を作り始める」の流れでタップします。

支払いを完了

決済確定まで進むと、3で選択したお支払方法が表示されるので、ここで支払いを完了させます。自動的に選択した決済アプリが起動するので、案内に沿って支払いを進めていきましょう。

ご注文番号を提示、商品を受け取る

支払いまで完了したら、ご注文番号が表示されるため、番号を確認して店内で待ちます。商品が完成したら、店内モニターにご注文番号が表示されるので、スタッフからの呼び出しがあれば、ご注文番号を提示して商品を受けとります。

マクドナルドで決済可能なモバイルオーダー支払い方法

ここからは、マクドナルドで決済可能な支払い方法について解説していきます。日本でのモバイルオーダー=マクドナルドと言われているほどの認知度なので、今後導入を検討されている方は、導入のための参考にしてみてください。

マクドナルドで利用可能なPayサービス

マクドナルドで利用可能なPayサービスは以下の3つ

・PayPay
・LINE Pay
・Apple Pay

利用頻度の高いPayサービスでの決済が可能なので、決済時に不便を感じることは特にありません。

マクドナルドで利用可能なクレジットカード

マクドナルドで利用可能なPayサービスは以下の4つ。

・VISA
・Mastercard
・JCB
・Diners Club

クレジットカードは上記4つのみ対応しており。AMEXやDiscoverなどは非対応となっております。

まとめ

本記事では、モバイルオーダーの支払いにおいて、現金は選択できるのか、という内容でまとめてきました。結果として、モバイルオーダーシステムの決済で現金を選択することは出来ません。

モバイルオーダーシステムはあくまで全自動で注文、支払い、商品受け渡しが完結するようになっているため、現金を使うことで不要なコミュニケーションコストが発生します。不要な部分を徹底的に排除した結果、現金での支払いの選択肢がなくなっています。

モバイルオーダーシステムを導入することにより、店舗側の業務効率化を図れるだけでなく、顧客満足度も高まります。非常に多くの店舗が導入を進めているため、今後はモバイルオーダーシステム導入はステータスになってくるかもしれません。

弊社でも、モバイルオーダーシステムの開発を行っております。

  メリット 弊社のシステムならデメリットを解決
従来型のデメリット 株式会社アシストなら
【主に飲食店側】
・業務
・コスト削減
・ミス
・トラブル回避
・販促活動しやすい

【主にお客様側】
・スキマ時間を有効活用
・衛生的
注文回数・配膳回数が増える オーダーを自動整理
POSシステムとの連携が心配 既存レジのPOSシステムと連携可
提供まで遅延しがち 通知・アラーム等の遅延対策
機械操作が不安 従来オペレーションもできる
専用アプリのインストールが面倒 注文はアプリのインストール不要

セルフオーダーシステムを導入するかどうか迷ったら、ぜひ弊社にご相談ください。

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム