モバイルセルフオーダー,

【業務効率化】モバイルオーダーの利点はどこにある?

近年、飲食店での導入事例が増えてきている「モバイルオーダー」をご存知でしょうか?主に「マクドナルド」や「スターバックス」などで活用されており、業務効率化に繋がるという点からも非常に注目されているサービスとなっています。

しかし、「モバイルオーダー」という名前は知っているけど、実際にどのようにして使うのか、導入することでどのようなメリットがあるのかを理解出来ていない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、モバイルオーダーの利点について、店舗側、顧客側の目線から利点を紹介していきます。業務効率化に繋がったり、顧客側も注文時の手間が減るなど様々な利点があるため、本記事を参考にモバイルオーダーについての理解を深めていきましょう。

モバイルオーダーが飲食店で注目される理由

本来、モバイルオーダーの導入はもう少し先を予定されていました。しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、非接触でも注文が可能になるモバイルオーダーシステムが予定よりも早く導入されたという経緯になっています。

また、店舗でのイートインだけでなくでテイクアウトやデリバリーサービスの需要が高まったこともあり、モバイルオーダーは徐々に市場を拡大しつつあり、顧客側からの満足度も高まってきている状況です。

このように、店舗スタッフのみならず、顧客側にも大きなメリットがあるモバイルオーダーの需要は今後も拡大していくことでしょう。

モバイルオーダー、店舗側の利点

ここからは、モバイルオーダーを導入することでもたらされる店舗側の利点について解説していきます。

注文が自動なので手が止まらない

モバイルオーダーは顧客側が事前にスマホのアプリ内で注文を済ませてくれるため、厨房で調理しながら注文待ちの顧客をチェックする必要がありません。自動の注文システムにより、スタッフは接客以外の業務に集中することが可能です。

決済も自動なのでレジを気にしなくて良い

注文と同時に決済まで自動的に済ませてくれるため、店内レジに並ぶ顧客を気にする必要はありません。飲食店は、商品の提供もスムーズである必要がありますが、レジでの対応が遅れてしまうことでも回転に影響を及ぼします。

モバイルオーダーを導入することにより、商品の提供、レジでの決済サービスの全てを自動で完結することが可能です

ピークタイムでも安定してこなせる

飲食店には、昼食時や夕飯時などピークタイムが存在します。このピークタイムはレジも厨房も忙しくて仕事が円滑に回らず、焦ってしまうことでミスが増えるというような悪循環に陥りがちでした。

しかし、モバイルオーダーの導入により事態は改善の方向に進んでいきます。前述のとおり、従来では注文や決済を人が対応していましたが、完全自動化することにより全員が厨房に専念出来る上に、システム上での管理なので、注文を聞き間違えるなどもヒューマンエラーも削減出来ます。

その結果、ピークタイムであっても問題なく業務をこなせるというシステムになっています。

人員不足をカバーできる

モバイルオーダーの導入により自動化を図ることで、業務の効率化に繋がります。その結果として、慢性的な問題点であった人員不足を改善することが可能になりました。モバイルオーダーシステムによって人件費を削減しつつ、ヒューマンエラーのリスク低下を見込めます。

モバイルオーダー、顧客側の利点

ここからは、モバイルオーダーシステム導入による顧客側の利点について解説していきます。

ゆっくりメニューやクーポンを選べる

従来のような店頭レジ前での注文の際に気になるのは、店員の顔色や後ろに並んでいる顧客。ゆっくりと注文をしたいにもかかわらず、店員や後ろに並んでいる顧客に気を使ってついつい適当に商品を選んでしまった、という経験がある方も多いのではないでしょうか。

店舗での注文の場合、自分の意志で商品を選んでいる時間は、他人にとってはただの待ち時間となってしまい、ストレスを浴びせてしまっているという自己嫌悪に陥ってしまう方も少なくありません。

このような理由から、店舗での注文に苦手意識を抱いている方も一定数いらっしゃいます。結果的に、モバイルオーダーシステムによる事前注文や決済、クーポンの利用などを自分のペースで行えるという点から顧客側もメリットを感じているようです。

事前決済でスムーズ

レジ前での決済の場合、現金であれば現金を出す手間が、キャッシュレス決済であればいざ決済アプリを開くと残高が足りない、ログイン出来ていないなどの問題も珍しくありません。事前に決済しておくことで、このようなトラブルに陥ることがありません。

オーダー後の対応も迅速

モバイルオーダーシステムで商品を注文、決済しておくことで店舗側もシングルタスク化出来るため、商品提供に専念出来ます。結果として、顧客側への対応も迅速になるため、顧客満足度も上がるという好循環になります。

モバイルオーダー導入の際の注意点

モバイルオーダーシステムは店舗側、顧客側双方にとってメリットの大きいものになっていますが、導入の際に注意しておかなければならないことも潜んでいます。ここからは、モバイルオーダー導入時の注意点について解説していきます。

食材の在庫の確保

顧客が自宅で、モバイルオーダーシステムで商品を注文します。このタイミングで、必要な食材の在庫が切れてしまった、ということはよくあることです。このように、商品の売切れ表示をタイミングと顧客の注文が入れ違いで起こると思わぬトラブルにも発展しかねません。

このような場合は、顧客に電話連絡などで謝罪のうえ注文をキャンセルしていただくという流れになりますが、このような事態が起こらないように、事前に対策をしておく必要があります。

システムの連携

モバイルオーダーシステムを導入するだけでは不完全です。様々なシステムとの連携や、管理システムの導入など、全体の業務効率化を図るためには、その他システムとの連携が必要不可欠になってきます。

短期的な売上を伸ばす目的であれば、ある程度のシステム導入で良いのですが、長期的に顧客をリピーターにしたいという目的があるのであれば、導入時点でしっかりとシステムの連携を行い、顧客管理などもシステム上で管理できることが一番効果的と言えます。

まとめ

本記事では、モバイルオーダーの利点についてまとめました。モバイルオーダーは導入時のシステム連携などが必要にはなるものの、店舗、顧客双方ともにメリットの大きいシステムとなっています。

実際に、モバイルオーダーシステム導入により人的コストの削減を図れたり、業務効率化により売上が向上したりとメリットが大きいことも事実です。

弊社でも、モバイルオーダーシステムの開発を行っております。

●    年間5000サイト、2000アプリ以上の制作
●    コロナ禍の中で5000社以上のIT相談を実施

このような豊富な実績をもとに、お客様の求めるモバイルオーダーシステムを開発させていただきます。モバイルオーダーシステム導入を検討されている方は、是非お気軽にご相談ください。

NEW
ARCHIVE