MEO対策,
MEO対策でインバウンド成功!?効果的な方法とポイントを解説!
2023/07/28

MEO(Map Engine Optimization)は、Googleマップなどの地図検索エンジンでの店舗や施設の表示順位を最適化する施策のことを指します。具体的には、Googleマップでの店舗や施設の検索視認性を上げることで、訪れる可能性のある顧客に対する店舗の認知度を高めることを目指します。これは特に観光ビジネスなど、地域や場所に密接に関連するビジネスにとって重要な施策となります。

 

インバウンドマーケティングは、顧客自身が自発的に商品やサービスに興味を持ち、企業のウェブサイトや店舗を訪れるようなマーケティング手法を指します。ここでの「インバウンド」は、外国人観光客が日本を訪れることを指す言葉としても使われます。インバウンドマーケティングの成功には、顧客が求める情報を適切に提供し、顧客の関心を引くことが重要となります。

 

この記事では、MEO対策とインバウンドマーケティングの関連性について解説します。具体的には、MEO対策がインバウンドマーケティング、特に訪日外国人観光客の増加にどのように貢献するのか、その方法とポイントについて詳しく説明します。また、成功事例や注意点についても触れ、MEO対策を成功させるための具体的なアドバイスを提供します。

MEO対策の基本とその重要性

MEO対策の基本的なポイント

MEOとは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略称で、Google検索の際に店舗や施設情報に絡んだ語句で検索したり、Google Mapsで店舗や施設を探す、いわゆる「地域検索(ローカル検索)」の際に地図検索での上位表示など改善を目指して行う最適化施策のこととして使われることが多い用語です。

MEO対策の基本的なポイントは以下の3つです。

 

検索キーワードとの関連性:

キーワードとビジネスとの関連度がどのくらい高いかが評価されます。


検索される場所から店舗との距離:

検索しているユーザーの位置情報や、検索キーワードに含まれる地域名から見た店舗との距離の近さが評価要因です。


店舗や企業の知名度(視認性):

ビジネスがどれくらい認知されているか、ウェブ上に口コミやサイテーション(言及されたコンテンツ)などの店舗情報が多く存在しているかを評価します。

MEO対策の重要性とその効果

MEO対策は、特にインバウンド集客において非常に重要です。Googleマップは世界で最も利用されている地図アプリで、世界220以上の国と地域でサービスを提供しています。訪日外国人のみならず、多くの旅行客が利用するGoogleマップに自店舗を検索表示させていくことで、集客につながることが期待できます。また、インバウンド需要が急速に回復している現状において、訪日外国客の集客となるMEO対策の準備をしておくことが求められます。

MEO対策とSEOの違いと関連性

MEOとSEOは、共に検索エンジン最適化の一部であり、ウェブサイトや店舗情報を検索エンジンに最適化することで、検索結果の上位表示を目指すという共通の目的を持っています。しかし、その対象となる検索エンジンや最適化の方法が異なります。

 

SEOは、一般的にはウェブサイト全体の検索エンジン最適化を指し、ウェブサイトのコンテンツや構造、バックリンクなどを最適化することで、Googleなどの検索エンジンでの検索結果の上位表示を目指します。

 

一方、MEOは、特に地図検索エンジン(Google Mapなど)に焦点を当てた最適化施策を指します。店舗や施設の位置情報、営業時間、連絡先などの情報を最適化し、地図検索での上位表示を目指します。

 

これらの違いを理解し、それぞれの対策を適切に行うことで、より多くのユーザーに自店舗やウェブサイトを見つけてもらうことが可能となります。

インバウンドマーケティングとMEO対策の関連性

インバウンドマーケティングにおけるMEO対策の役割

インバウンドマーケティングは、顧客が自然と商品やサービスに興味を持ち、自発的に情報を求めてくるマーケティング手法です。一方、MEO(Map Engine Optimization)は、Googleマップなどの地図検索エンジンでの店舗や施設の情報表示を最適化することを目指す施策です。これらはどう関連しているのでしょうか。

 

インバウンドマーケティングの成功には、顧客が自分から情報を求めてくる環境を作ることが重要です。そのためには、顧客が求める情報を適切に提供し、それを容易に見つけられるようにする必要があります。ここでMEO対策が重要な役割を果たします。

 

MEO対策により、Googleマップなどの地図検索エンジンで店舗や施設の情報が上位表示されるようになると、顧客が自分からその情報を見つけやすくなります。特に、訪日外国人などのインバウンド顧客にとっては、地図検索エンジンは現地の店舗や施設を探す重要なツールとなります。そのため、MEO対策はインバウンドマーケティングの一部として非常に重要な役割を果たします。

インバウンドマーケティングを成功させるためのMEO対策のポイント

インバウンドマーケティングを成功させるためのMEO対策のポイントは何でしょうか。以下にいくつかのポイントを挙げてみます。

 

多言語対応:

Googleマップのビジネス名を多言語で登録することで、外国人顧客が自分の言語で店舗や施設の情報を見つけやすくなります。

情報の充実:商品やメニューなど、自動翻訳されない情報には英語などの外国語を併記することで、外国人顧客でも理解しやすくなります。

 

広範な登録:

Googleマップだけでなく、海外で利用されるアプリにも店舗情報を登録することで、より多くの顧客に情報を届けることができます。

 

決済方法の表示:

店舗で利用可能な決済方法を明示することで、外国人顧客が安心して利用できます。

 

これらのMEO対策を行うことで、インバウンドマーケティングの一環として、外国人顧客が自分から店舗や施設の情報を見つけやすくなり、結果的に集客につながります。

MEO対策の具体的な方法とその効果

Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)の活用方法

Googleビジネスプロフィールは、店舗や企業の情報をGoogle検索やGoogleマップで表示するためのツールです。これを活用することで、店舗の認知度を高め、集客を促進することが可能になります。具体的な活用方法としては、まず自店舗の情報を正確に登録し、その後定期的に情報を更新することが重要です。また、Googleビジネスプロフィールでは、商品やメニューなど、一部自動翻訳されないものがあります。そのため、インバウンド集客をメインとしている場合、ビジネス名は英語、中国語など、来店が想定される方の言語レコードにも設定しておきましょう。 また、ビジネス説明や商品など、それぞれの情報は英語など多言語を併記し、外国人でも理解できるようにしておくことで、外国人ファーストな印象を与え、集客につながる可能性が高まります。

適切なキーワード設定の重要性

キーワード設定は、MEO対策において重要な要素の一つです。Googleマップでの検索視認性を上げるためには、検索キーワードとビジネスとの関連度が高いことが求められます。そのため、自店舗の業種や提供する商品・サービスに関連するキーワードを設定することが重要です。また、地域名や地名などの地域に関連するキーワードも設定することで、地域検索(ローカル検索)での上位表示を目指すことができます。

口コミと評価の管理とその効果

口コミや評価は、店舗や企業の知名度(視認性)を高めるための重要な要素です。Googleマップでは、ユーザーからの口コミや評価が表示され、これが店舗選択の重要な判断基準となります。そのため、口コミや評価の管理は、MEO対策において重要な役割を果たします。具体的には、ユーザーからの口コミに対しては、店舗側からの返信を行うことで、ユーザーとのコミュニケーションを図ることができます。また、高評価を得るためには、良質な商品やサービスを提供し、顧客満足度を高めることが求められます。これらの取り組みを通じて、店舗の評価を高め、集客を促進することが可能になります。

インバウンドマーケティングにおけるMEO対策の成功例

インバウンドマーケティングとMEO対策は、訪日外国人客の増加とともに、その重要性が増しています。特に、観光ビジネスや飲食店など、訪日外国人によるインバウンド集客がビジネスの拡大に欠かせない業種では、MEO対策は必須となっています。

成功例の紹介

ある飲食店では、Googleマップのビジネス名を多言語登録し、自店舗の情報を多言語設定し最適化しています。これにより、外国人客にも自店舗が認知されやすくなり、集客の機会損失を防ぐことができるようになります。

 

また、Googleマップだけでなく、海外で広く使われている旅行系アプリにも店舗情報を登録しています。これにより、インバウンド客と店舗とのタッチポイントをGoogleマップ以外にも幅広く用意しておくことで、店舗の認知度が高まり、集客につながるようになります。

 

さらに、キャッシュレス決済を充実させ、決済情報を設定しています。これにより、訪日外国人客が利用しやすい環境を整え、集客につながるようになります。

成功事例から学ぶべきポイント

これらの成功事例から学ぶべきポイントは、インバウンド集客を成功させるためには、いかに外国人旅行客に対して安心感を与えられるかという、おもてなしの気持ちが重要であるということです。

 

具体的には、Googleマップのビジネス名を多言語登録すること、Googleマップだけでなく、海外で広く使われている旅行系アプリにも店舗情報を登録すること、キャッシュレス決済を充実させ、決済情報を設定することなどが挙げられます。

 

これらの対策を通じて、訪日外国人客に対して自店舗が認知されやすくなり、集客の機会を増やすことができます。また、これらの対策は、店舗の認知度を高めるだけでなく、訪日外国人客が利用しやすい環境を整えることにもつながります。

 

以上のように、インバウンドマーケティングとMEO対策は、訪日外国人客の増加とともに、その重要性が増しています。特に、観光ビジネスや飲食店など、訪日外国人によるインバウンド集客がビジネスの拡大に欠かせない業種では、MEO対策は必須となっています。これらの成功事例を参考に、自店舗のMEO対策を進めてみてはいかがでしょうか。

インバウンドにおけるMEO対策の注意点とその対策

NG行為とその回避方法

インバウンドマーケティング、特にMEO対策を行う際には、注意すべきポイントがいくつかあります。これらを無視すると、集客効果が薄れるだけでなく、逆にビジネスにマイナスの影響を及ぼす可能性もあります。以下に、NG行為とその回避方法について詳しく解説します。

 

不適切なキーワードの使用:

MEO対策では、検索キーワードとビジネスとの関連性が重要です。しかし、無理に関連性を持たせようとして不適切なキーワードを使用すると、ユーザーに誤解を与えるだけでなく、Googleの評価も下がる可能性があります。そのため、自社のビジネスに直接関連するキーワードを選び、それを適切に使用することが重要です。

 

情報の不正確さ:

Googleマップや他の地図サービスに登録する情報は、必ず正確で最新のものであるべきです。古い情報や誤った情報を掲載すると、ユーザーの信頼を失うだけでなく、検索エンジンの評価も下がる可能性があります。そのため、定期的に情報を更新し、正確さを保つことが重要です。

 

多言語対応の不足:

インバウンドマーケティングでは、外国人旅行者をターゲットにするため、情報を複数の言語で提供することが求められます。しかし、Googleマップのビジネス名や商品情報など、一部の情報は自動翻訳されないため、それらの情報を英語などの外国語で併記しないと、外国人ユーザーにとって理解しにくい可能性があります。そのため、自店舗の情報を多言語設定し、最適化することが重要です。

 

キャッシュレス決済の不足:

現在、多くの外国人旅行者がキャッシュレス決済を利用しています。そのため、店舗がキャッシュレス決済に対応していないと、その店舗を選ばない可能性があります。特に、Apple PayやGoogle Pay、Alipay・Wechat Payなどの国際的な決済サービスに対応していると、多くの外国人旅行者にとって利便性が向上します。

 

これらのNG行為を避け、適切なMEO対策を行うことで、インバウンドマーケティングの成功につながります。また、これらの対策は一度行ったら終わりではなく、定期的に見直しを行い、最新の情報に更新することが重要です。

まとめ

今回のブログでは、インバウンドマーケティングにおけるMEO対策について詳しく解説しました。MEO(Map Engine Optimization)は、Googleマップなどの地図検索エンジンを最適化することで、訪日外国人などのインバウンド集客を増やすための重要な手段です。

 

具体的なMEO対策としては、Googleマップのビジネス名を多言語登録すること、翻訳されないビジネス情報には英語を併記すること、Googleマップだけでなく海外で利用されるアプリにも店舗情報を登録すること、そしてキャッシュレス決済を充実させ、その情報を設定することなどが挙げられます。

 

MEO対策は、単に検索エンジンの最適化だけでなく、店舗や施設の情報を外国人観光客が理解しやすい形に最適化することが求められます。そのためには、店内の表示や看板に英語表記を追加する、メニューやサービス一覧を外国語対応にする、外国人旅行客向けのチラシやポップを作成するなど、具体的な対策が必要です。

 

また、MEO対策は一度行ったら終わりではなく、常に最新の情報に更新し続けることが重要です。特に、訪日外国人の動向やニーズは変わりやすいため、定期的にチェックし、必要な対策を追加・修正していくことが求められます。インバウンドマーケティングにおけるMEO対策は、訪日外国人の集客を増やすための有効な手段です。しかし、その成功は一朝一夕には達成できません。地道な努力と継続的な改善が必要です。今回のブログが、皆様のMEO対策の一助となれば幸いです。MEO対策をご検討でしたらぜひアシストにお問い合わせください。

あわせて読みたい
MEO対策に必要なポイントや施工内容上位表示するためのノウハウを大公開
MEO対策に必要なポイントや施工内容上位表示するためのノウハウを大公開

MEO対策はGoogleマップなどの検索で上位表示を目指す対策。検索結果ページで自社サイトを見つけやすくし、ユーザーの検索ニーズに合わせたコンテンツやキーワード選定、リンク戦略、Googleマップの活用が必要。本記事ではMEO対策のポイントと方法を紹介。

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム