MEO対策,

MEO対策会社の選び方、費用相場や契約形態も解説まとめ

MEO対策とは、自社の店舗情報をマップ検索やローカル検索に置いて上位表示されるよう最適化するマーケティング施策です。自社サイトが検索上位に表示されるよう最適化するSEO対策と比べ、MEO対策は効果が出やすく集客に結びつきやすいと言われています。しかし店舗情報の更新や検索順位のチェック、口コミの管理など作業も多く手間がかかります。MEO対策会社ではこれらの作業を代行してくれたり、どうすれば効果的に対策できるかなど指南してくれます。

本記事では、MEO対策会社を選ぶポイントや、費用や契約について解説していきます。

MEO対策とは?

MEO対策とは?

MEOとは「Map Engine Optimization」の略称で、自社の店舗情報をGoogleビジネスプロフィールに登録し、ユーザーがマップ検索やローカル検索をした際に上位表示させるための施策です
ローカル検索とは「新宿(地名)+居酒屋(業種名)」のように検索をかけることで、Googleではユーザーの現在地から近いお店が検索結果として表示されます。スマートフォンが普及した昨今では、多くの人がお店を探すときにローカル検索やマップ検索を利用しています。またローカル検索をかけたユーザーは、検索後高い確率で店舗に訪問します。

MEO対策を行い、自社の店舗情報を地図エンジンで上位表示させることは、顧客獲得のための重要なポイントとなっているのです。

MEO対策会社とは?

MEO対策会社とは?

MEO対策会社とは、MEO対策を支援する会社です。

MEO対策をノウハウのない状態で行うと、効果が得られるまでにトライアンドエラーを繰り返すなど多くの時間を費やすことになるでしょう。その間、本業が疎かになってしまう可能性も考えられます。MEO対策会社に依頼すれば、自社の人員は店舗での仕事に集中できるため、より生産的に売上を伸ばせます。

MEO対策で効果を出すためには、順位チェックや、情報の更新、口コミの収集などが必要です。MEO対策会社なら、これらの施策に必要なノウハウやツールの使い方を熟知しているので、成果につながりやすいといえるでしょう。

またMEO対策会社へ依頼は、SEO対策やWEB広告などの費用よりも安価です。予算に余裕がないという中小規模の事業者でも依頼しやすい価格となっています。

MEO対策会社を選ぶポイント

MEO対策会社を選ぶポイント

成果が得られる適切なMEO対策を行ってくれる会社を選ぶために気を付けるべきポイントは次の6つです。

 

●どんな実績があるか
●独自のMEO対策ツールがあるか
●サービス内容
●適切なキーワードの選定
●目標までのトータルサポートがあるか
●Googleガイドラインを遵守しているか

どんな実績があるか

MEO対策会社のWEBサイトには多くの場合、過去の実績が記載してあります。同じようなエリアや業種での事例があるか、対策の結果どれだけの集客につながったのかなど、細かく確認しましょう。

独自のMEO対策ツールがあるか

MEO対策会社が自社独自の対策ツールを導入しているかも重要ポイントです。

MEO対策ツールは、順位やユーザーのインサイトデータを分析するために、膨大なGoogleビジネスプロフィールアカウントのデータを保有している必要があります。無料のツールではデータ量の少ないため分析結果が正確ではありません。

独自の対策ツールを導入し、毎日のデータ分析をより高い精度で行えている会社ほど、より的確なMEO施策を打ち出すことができます。

サービス内容

Googleビジネスプロフィールへの登録など基本的なMEO対策に加えて、投稿代行や口コミの返信などにも対応してくれる会社もあります。ビジネスプロフィール運用の作業時間を少しでも減らしたいという方はこの点もチェックしておきましょう。

適切なキーワードの選定

MEO対策は検索キーワードの選び方が重要です。検索ボリュームだけを見て検索キーワードを選んでも、競合には勝てません。自社店舗のサービスやターゲットを分析し、適切なキーワードを提案してくれる会社を選びましょう。


実績のある会社ならばデータ分析を行って対策を取ってくれるので、キーワードを選定するための体制が整っているかどうか確かめましょう。また対策したいキーワードが決まっている場合は、そのキーワードが適切かどうか判断してもらいましょう。

MEO対策会社の中にはこのキーワード選定を適当に行っているような会社も存在するため注意しましょう。

目標までのトータルサポートがあるか

MEO対策はMAP検索における自社の店舗情報の最適化ではありますが、最終的な目標は多くの場合、お店の集客数アップや認知拡大にあります。検索上位となりアクセスを集められたとしても、その先の目標が達成されなければ対策の意味がありません。

MEO対策会社を選ぶ際には、最終的な目標が達成できるよう、ユーザーの反応数などをレポートにまとめ改善案まで提案してくれる会社を選びましょう。

Googleガイドラインを遵守しているか

Googleガイドラインを遵守しているMEO対策会社を選びましょう。

MEO対策はGoogleビジネスプロフィールの登録を行い、Googleマップでの上位表示を目指しているため、Googleのガイドラインに沿った施策でなければなりません。もしGoogleガイドラインに違反した場合、アカウントの停止や削除されてしまう可能性があります。

よくあるガイドライン違反の例としては、本来は店名を書くべき「ビジネス名」の欄にキーワードを入れてしまうことがあげられます。ビジネス名にキーワードをいれれば、店名による直接検索以外でも検索結果に表示されやすくなりますが、これはガイドライン違反となりますのでペナルティを受ける可能性があります。

MEO対策会社の費用相場や契約形態

MEO対策会社の費用相場や契約形態

MEO対策会社の費用の相場

MEO対策を専門の会社に依頼する場合の費用相場は月3万円前後です。もちろん契約プランや契約期間などによって変動しますので、より詳しく知りたい場合は会社に問い合わせてみましょう。

MEO対策会社の契約プラン

MEO対策の契約プランは一般的に、成果報酬型と固定月額型があります。

成果報酬型は、目標とした順位まで上昇したら費用を支払う契約形態です。設定した目標を達成しなければ費用はかからないので、依頼する側にとってリスクが少ない契約形態です。

例えば目標設定を3位以内とし、1ヶ月間のうち25日間は3位以内に入れたとしたら、25日分の費用が請求されます。日額は数千円程度であることが多いです。

一方、固定月額型は、毎月決まった料金を支払う契約形態です。上位表示を実現できなくても料金は発生しますが、インサイトを分析しながら対策していくためより効果的です。

MEO対策でGoogleビジネスプロフィールの上位表示を実現したとしても、ユーザーに来店してもらえなければ意味がありません。「来店予約」ボタンのクリック数を分析し、クリック数が増加するように施策を改善していく、といったようにインサイトを分析しながらMEO対策をすることは、本来の目的である集客UPを実現するためにとても効果的といえます。

MEO対策会社の契約期間

多くのMEO対策会社では契約期間は6ヶ月~12ヶ月になります。1ヶ月契約や2ヶ月契約といったものは基本的にできないので注意しましょう。

MEO対策は比較的即効性のあると言われていますが、地域、業種によって効果を感じられるまでの期間はばらつきがあります。短すぎても効果が出るか分からず、長すぎても無駄な支出が増えてしまうので、契約期間は6ヶ月~12ヶ月が打倒といえます。

また、契約期間中の解約は違約金が発生する場合が多いので、違約金の発生条件や金額は事前に確認しておきましょう。

MEO対策会社の選び方、費用相場や契約形態も解説まとめ

MEO対策会社の選び方、費用相場や契約形態も解説まとめ

本記事では、MEO対策会社を選ぶ際のポイント、費用相場や契約形態について解説しました。
MEO対策は実店舗ビジネスを展開する経営者のあいだでも、取り組み状況がさまざまで競合が少ない状況です。まだ取り組んでいない経営者の方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

✔集客方法がわからない
✔ホームページを制作したい
✔今の広告・媒体に反響がない
✔相談できる相手もいない

 

株式会社アシストではホームページや各種SNSの構築・運用などを活かした集客・求人に関する相談を受けております。
集客方法がわからない、求人方法に悩まれている方はぜひ一度、ご相談下さい。

NEW
ARCHIVE