MEO対策,

MEO対策ツールでできることを解説、面倒な作業はツールにおまかせ!

MEOとは「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」の略称で、Googleマップの検索上位に自社の店舗情報が表示されるようにすることです。実店舗ビジネスの集客には欠かせないマーケティング施策として、今注目を集めています。

本記事ではこのMEOを効率的に行うためのMEO対策ツールについて解説していきます。

MEO対策ツールとは

MEO対策ツールとは

MEO対策の具体的な作業としては、Googleビジネスプロフィールに登録すること、こまめに情報を更新して最新状態を保つこと、検索順位のチェック、ユーザーのクチコミ投稿の促進や悪い口コミへのフォローなどがあります。これらを自社で行う場合、手間や時間がかかります。

しかしMEO対策ツールを導入すれば、コストはかかりますが、これらの手間や時間を軽減することができます。

MEO対策ツールの機能

MEO対策ツールの機能

MEO対策ツールにはMEO対策を効率化する機能が備わっています。代表的な機能として次の6つがあります。

 

●Googleマップの順位チェック
●キーワード順位チェック
●インサイトデータの分析
●口コミの管理
●Googleビジネスプロフィールの予約投稿
●レポート機能

Googleマップの順位チェック

Googleマップでの順位チェック機能はほとんどのMEO対策ツールに搭載されています。

Googleマップなどのマップ検索エンジンは、検索する場所によって検索結果が変わりますが、MEO対策ツールを使えば、検索する場所ごとの検索順位を把握することが可能です。

マップ検索の中で利用者が多いGoogleマップでの順位がわかれば、自社のMEO対策の成果を把握できます。店舗がある住所付近で検索しているにもかかわらず、検索上位に表示されない場合は、現状のMEO対策を見直す必要があります。

キーワード順位チェック

キーワード順位のチェック機能もMEO対策ツールの代表的な機能です。

例えば「新宿 居酒屋」というキーワードで検索をかけた場合に、自社の店舗情報が検索結果の何位に表示されるか確認できます。過去のキーワード検索順位もデータとして蓄積していくので、今年1年間の推移を確認したり、昨年の同月の順位と比較することも可能です。

付近にある競合店が自社の店舗情報よりも上位表示される場合は、その競合店のGoogleビジネスプロフィールを分析してみましょう。競合店では新規投稿の頻度が高いなどの違いを見つけたら、自社のGoogleビジネスプロフィールでも新規投稿を増やし、MEO対策ツールで順位の変化をチェックしてみましょう。

インサイト分析

インサイト分析とは、自社のGoogleビジネスプロフィールへのアクセスを分析することです。

ユーザーの検索方法、検索数、検索キーワードなどを分析できます。さらにGoogleビジネスプロフィールに店舗の電話番号を記載していれば、ビジネスプロフィール経由で電話をかけた回数や時間帯なども把握できます。

口コミの管理

Googleビジネスプロフィールにはユーザーが口コミを投稿できる機能があります。口コミの件数や評価(星の数)の状況は、マップ検索における上位表示に大きく関わってきます。また悪い口コミがついてしまった場合、フォローを入れずに放って置くとお店の印象を損ないかねません。

MEO対策ツールの中にはこの口コミを管理する機能が備わっているものがあります。

口コミの数や評価を管理画面のダッシュボードで可視化して分析できたり、複数の店舗でGoogleビジネスプロフィールを登録している場合に店舗別の口コミ件数や平均評価を比較分析できます。

また、口コミへ自動返信したり、口コミに投稿されたネガティブなワードを検出できるものもあります。

口コミを管理して分析すれば、口コミを増やすための施策や改善方法がみえてきます。

Googleビジネスプロフィールでの予約投稿

Googleビジネスプロフィールには、キャンペーンやイベント、新商品の情報など、お店の最新情報をリアルタイムに発信できる投稿機能があります。

ビジネスプロフィールの投稿を定期的に更新すれば、Googleからの評価が高まるため、検索順位も上がることが期待されます。また投稿を見たユーザーの興味・関心を引くこともできるため、集客効果が高まります。

MEO対策ツールには事前につくっておいた投稿を設定した日時に自動で投稿する、予約投稿機能があるものもあります。予約投稿を活用すれば、投稿作業の効率化がはかれます。

レポート機能

多くのMEO対策ツールには、レポート機能が備わっており、インサイト分析やキーワード順位チェックの分析をレポートとして保存できます。PDFやCSVなどのデータで保存できるので、社内で共有することもできます。

MEO対策ツールを導入しない場合の注意点

MEO対策ツールを導入しない場合の注意点

Google検索やGoogleマップ検索では、検索時の位置情報やユーザーの検索履歴で検索結果がパーソナライズされてしまいます。自社の店舗情報の検索順位をスマホやPCでGoogleマップで検索をかけるなどして確認した結果は正確ではないので注意が必要です。

ブラウザをシークレットモードやプライベートモードにし、過去の閲覧履歴やクッキー情報などのパーソナライズの影響を受けずに検索することもできますが、位置情報は影響してしまいます。

より正確な検索順位を把握するためにはMEO対策ツールを使いましょう。

MEO対策ツールを選ぶポイント

MEO対策ツールを選ぶポイント

無料のMEO対策ツールは、順位チェックはできるが口コミ管理はできないなど、特定の機能に特化したものがほとんどです。ある程度MEO対策に関する知識があり、現状を把握するために使用したい人向けのツールといえるでしょう。

有料のMEO対策ツールはキーワード検索に強みをもつもの、口コミ管理に強みのあるものなど、ツールごとに得意分野があります。自社が重点的に取り組みたいMEO対策に合わせて、複数のツールを組み合わせるなどして利用しましょう。

またMEO対策ツールは月額数百円のものから数万円のものまで費用も様々です。高機能で高額なツールを導入したものの使いこなせていないといった事態に陥らないよう、無料トライアル期間のあるツールで利便性を確かめてみるのもいいでしょう。

高機能なMEO対策ツールを使いこなすためは、サポート体制が充実しているツールを選びましょう。
 
簡単な計測しかできないツールであれば、手探りで使えるようになるかもしれませんが
、高機能なツールの場合、使いこなせるまでに時間がかかってしまいます。不明点を解決してくれるサポート体制があるかないか、日本語も対応しているかは、購入前に確認しておきましょう。

MEO対策ツールとは?まとめ

MEO対策ツールとは?まとめ

本記事では、MEO対策ツールについて解説しました。
MEO対策は実店舗ビジネスを展開する企業にとっては、今やかかせないマーケティング施策です。競合店舗の一歩先を行くため、MEO対策ツールを使って効率的に取り組みましょう。

 

✔集客方法がわからない
✔ホームページを制作したい
✔今の広告・媒体に反響がない
✔相談できる相手もいない

 

株式会社アシストではホームページや各種SNSの構築・運用などを活かした集客・求人に関する相談を受けております。
集客方法がわからない、求人方法に悩まれている方はぜひ一度、ご相談下さい。

NEW
ARCHIVE