ランディングページ制作,
ランディングページのコンバージョン率を向上させる方法
2023/04/05

この記事は、ランディングページのコンバージョン率を向上させるための方法について説明します。まず、ランディングページとは何か、そしてコンバージョン率とは何かについて説明します。その後、ランディングページの作成方法について詳しく説明し、設定やデザイン、コピーなどのポイントを解説します。また、ランディングページの改善方法についても説明し、A/Bテストやマーケティング戦略の工夫などについて詳しく解説します。最後に、具体的な事例や資料、ツールなどを紹介し、ランディングページのコンバージョン率を高めるためのアドバイスをまとめます。

はじめに

ランディングページとは何か、コンバージョンとは何かについて

ランディングページとは、ウェブサイトの中でも特定の商品やサービス、キャンペーンなどについて集中的に情報を提供し、訴求を行うために作成されたページのことです。ランディングページは、広告や検索結果などから訪問されることが多く、訪問者に対して特定のアクションを促すことが目的です。

 

コンバージョンとは、訪問者がウェブサイトやランディングページ上で、事前に設定された目的(例えば、商品購入や問い合わせなど)を達成することを指します。つまり、訪問者がウェブサイト上で求めるアクションを実行することです。ランディングページは、コンバージョン率を上げるために設計されることが多く、訪問者がアクションを起こしやすくするための工夫が施されます。コンバージョン率が高いほど、訪問者から顧客になる確率が高まります。

ランディングページの重要性について

ランディングページは、ウェブサイトの中でも特定の目的を持ったページであり、訪問者に特定のアクションを促すために設計されています。そのため、ランディングページはウェブサイトの中でも非常に重要な役割を担っています。

 

ランディングページは、特定の商品やサービスを紹介するために使われることが多いですが、その他の目的にも使われます。例えば、ニュースレターの購読、無料ダウンロードの提供、問い合わせフォームの入力、アプリのダウンロードなどが挙げられます。ランディングページは、訪問者をコンバージョンに導くための目的があるため、効果的に設計することが重要です。

 

また、ランディングページは広告キャンペーンの一部として使用されることが多いため、効果的なランディングページを作成することは、コストパフォーマンスの向上につながります。つまり、ランディングページは、訪問者をコンバージョンに導くための効果的な手段であり、ウェブサイトの成功に欠かせない要素です。

ランディングページの作成方法

LP作成の基本的な手順

LP作成の基本的な手順は以下の通りです。

 

  1. 目的の明確化:まずはLPを作成する目的を明確にしましょう。例えば、商品の販売、資料のダウンロード、問い合わせの受付など、何を目的とするのかを明確にすることが大切です。

  2. ターゲットの設定:LPを閲覧する想定ターゲットを設定しましょう。ターゲットに応じて、LPのデザインやコンテンツ、コピーなどを調整することができます。

  3. コンテンツの作成:LPに必要なコンテンツを作成しましょう。コンテンツは、タイトル、画像、説明文、ボタンなどがあります。また、LPに掲載する情報は、ターゲットのニーズに合わせて作成することが大切です。

  4. レイアウトの設計:コンテンツをどのようにレイアウトするかを決定しましょう。見やすく、情報が一目で伝わるようなレイアウトを心がけましょう。

  5. デザインの作成:LPのデザインを作成しましょう。デザインは、企業のイメージに合わせたものや、ターゲットの好みに合わせたものなどがあります。

  6. フォームの設置:目的に応じて、フォームを設置しましょう。フォームの内容は、問い合わせフォームや資料ダウンロード用フォームなどがあります。

  7. テスト:LPを完成させたら、テストを行いましょう。動作確認や、ターゲットが求める情報が提供されているかを確認しましょう。

  8. 公開:テストが完了したら、LPを公開しましょう。公開後は、アクセス解析やコンバージョン率の分析などを行い、改善を続けましょう。

LPのターゲット、目的、ユーザー像、特徴、目安の設定方法について

LPを作成する際には、以下の項目を設定することが重要です。

 

  1. ターゲットの設定 まずは、LPの対象となるターゲットを設定します。例えば、年齢層や性別、職業、趣味などによって設定することができます。

  2. 目的の設定 次に、LPで達成したい目的を設定します。例えば、商品購入や問い合わせ、資料ダウンロード、メルマガ登録などがあります。

  3. ユーザー像の設定 LPのユーザー像を設定することで、どのような人がLPを訪れるかを想定することができます。例えば、ユーザーの年齢や性別、職業、趣味などを想定することができます。

  4. 特徴の設定 LPの特徴を設定することで、どのような商品やサービスを提供しているかを示すことができます。例えば、商品やサービスの特徴や利点を紹介することができます。

  5. 目安の設定 LPの目安を設定することで、どのような成果が得られるかを想定することができます。例えば、クリック率やコンバージョン率などがあります。

 

これらの設定を行うことで、LPを効果的に作成することができます。ただし、設定をする前に、自社や商品、サービスについて深く理解することが大切です。

LPのデザイン、コピー、ボタンの配置方法について

LPのデザイン、コピー、ボタンの配置は、コンバージョン率に大きな影響を与えます。以下に、それぞれの要素の設計について説明します。

 

  1. デザイン LPのデザインは、ブランディングとコンバージョンを両立する必要があります。鮮やかな色や派手なデザインよりも、シンプルで分かりやすく、コンバージョンにつながる要素を重視したデザインが効果的です。また、ユーザーが求める情報を簡単に見つけられるようにレイアウトを工夫することも重要です。

  2. コピー LPのコピーは、商品やサービスの特徴やメリットを簡潔かつ明確に伝える必要があります。また、読み手が想像することができる具体的な表現や、読み手にとってのメリットを示すことが大切です。長文になりすぎないように、シンプルで分かりやすい文章を心がけましょう。

  3. ボタンの配置 LPのボタンは、コンバージョンに直結する要素です。ボタンの色や文字、配置場所などによっても、コンバージョン率に影響が出ます。ボタンの色は、ユーザーに目立つように工夫し、クリックする意欲を高めることが大切です。また、コピーと同じように、具体的な表現やユーザーにとってのメリットを示すことで、クリック率を上げることができます。

 

以上の要素を工夫し、ユーザーにとって魅力的なLPを作成することが、コンバージョン率を向上させるために重要です。

コンバージョン率を高める工夫

LPのパフォーマンスを高める方法として、以下のポイントを説明する。

 

・ボディーの構成
・チャットやフォームの設置
・ランディングページ内に資料や商品の情報を掲載する
・LPのポイントを明確にする
・LPをシェアし、共有する

ボディーの構成

LPのパフォーマンスを高めるためには、ボディーの構成にも注意が必要です。以下は、LPのボディー構成のポイントです。

 

  1. 視覚的に魅力的なデザイン LPのデザインは、ユーザーの興味を引くために非常に重要です。美しいデザインを作成するためには、配色、フォント、画像、レイアウトなどを慎重に考える必要があります。

  2. 目的に合わせたコピー ユーザーがLPを訪れた理由を知っておくことは非常に重要です。ユーザーが望む情報や商品を提供するために、コピーはその目的に合わせたものである必要があります。

  3. ボタンの配置 LPには、コンバージョンを促すボタンを配置する必要があります。ボタンは目立たせ、テキストもわかりやすくすることで、クリックしやすくすることができます。

  4. ユーザーの疑問に対する回答 ユーザーがLPに訪れた理由を理解している場合、ユーザーが持っている疑問に対して回答することが重要です。LPには、よくある質問(FAQ)セクションなどが含まれることがあります。

  5. ソーシャルプルーフの導入 ソーシャルプルーフは、LPのパフォーマンスを高めるための重要な要素の1つです。ユーザーが製品やサービスに興味を持っている場合、他の人がその製品やサービスを使用した体験を共有することが、ユーザーにとって有益であることがあります。それによって、ユーザーはLPでの行動を促されます。

チャットやフォームの設置

ランディングページのパフォーマンスを高めるために、ユーザーとのコミュニケーションを促すチャットやフォームの設置が効果的です。具体的には、以下のような方法があります。

 

  1. チャットボットの導入 ランディングページ上にチャットボットを導入することで、ユーザーとの対話をスムーズに行うことができます。ユーザーが何か質問や疑問を持ったときに、すぐに回答することができるため、ユーザーの不安を取り除くことができます。また、チャットボットを導入することで、ユーザーの情報を収集することができます。

  2. フォームの設置 ランディングページにフォームを設置することで、ユーザーからの問い合わせや資料請求を受け付けることができます。フォームの設置には、目的に合わせて必要な項目を選択することが重要です。また、フォームの見た目や入力項目の数などもユーザーにとって使いやすいものにすることが大切です。

  3. ボタンの配置 ボタンの配置にも工夫が必要です。ランディングページには、ボタンを何度も設置することで、ユーザーに行動を促すことができます。ボタンのデザインや色にも注意を払い、目立つように配置することが重要です。また、ボタンのテキストも、具体的で分かりやすいものにすることが大切です。

ランディングページ内に資料や商品の情報を掲載する

ランディングページ内に資料や商品の情報を掲載することで、ユーザーにとって価値のある情報を提供し、コンバージョン率を高めることができます。以下は、LP内に資料や商品情報を掲載するための方法です。

 

  1. 資料や商品情報の掲載位置を決める ランディングページ内にどのような情報を掲載するかを決め、それに合わせて掲載位置を決めます。たとえば、商品情報は「特徴」や「価格」などを紹介するセクションに掲載することが一般的です。また、資料のダウンロードを促す場合は、「ダウンロードボタン」を目立たせるなど、目的に応じた掲載位置を検討します。

  2. キャッチコピーや説明文を作成する 資料や商品情報の掲載にあたっては、ユーザーが興味を持つようなキャッチコピーや説明文を作成します。商品の特徴やメリット、資料の内容や目的などを明確に伝えることが重要です。

  3. 資料や商品情報の詳細ページへのリンクを設置する ランディングページ内に資料や商品情報の詳細ページへのリンクを設置することで、ユーザーがさらに詳細な情報を得ることができます。リンク先のページも、LPと同じデザインやコンテンツ構成にすることで、ユーザーにとって使いやすいサイトになります。

  4. 資料のダウンロードや商品の購入を促すコールトゥアクションを設置する 資料や商品情報を掲載しただけではコンバージョンにつながらないため、LP内にダウンロードや購入を促すコールトゥアクションを設置します。ボタンのデザインや文言なども工夫し、ユーザーのアクションを促すようにします。

LPのポイントを明確にする

LPのパフォーマンスを高める方法の一つは、LPのポイントを明確にすることです。ポイントを明確にすることで、ユーザーがLPをすばやく理解し、必要な情報を得やすくなります。

ポイントを明確にするためには、以下の方法があります。

 

  1. ポイントを強調する:ポイントを大きなフォントや目立つ色、グラフィックで強調します。また、ポイントをまとめた箇条書きを使用することも効果的です。

  2. 簡潔でわかりやすい説明:ユーザーがすばやく理解できるよう、ポイントの説明を簡潔でわかりやすくすることが大切です。特に、読み手の時間を取らせないよう、重要な情報を先に記載することがお勧めです。

  3. カスタマーボイス:LP内で、カスタマーボイスを掲載することで、ポイントをサポートすることができます。カスタマーボイスには、実際にLPを利用したユーザーの声や評価を掲載することができます。

  4. オファーを明示する:オファーには、キャンペーン情報、無料トライアル、商品の特典、割引などが含まれます。オファーを明確にすることで、LPのコンバージョン率が向上することがあります。

 

ポイントを明確にすることで、ユーザーがLPに留まり、情報を読んだり、行動を起こしたりすることができます。

LPをシェアし、共有する

LPのパフォーマンスを高める方法の一つとして、LPをシェアし、共有することがあります。以下にその理由と具体的な方法を説明します。

 

まず、LPをシェアし、共有することで、より多くの人々がLPにアクセスすることができます。これにより、LPへのトラフィックが増え、コンバージョン率の向上につながる可能性があります。また、LPの内容が役立つと思われる人々にリーチできるため、より適切なターゲットユーザーにアプローチできることもメリットの一つです。

 

具体的な方法としては、SNSやブログ、メールマーケティングなどを活用することが挙げられます。例えば、SNSでLPのURLをシェアする場合には、キャッチーなタイトルや画像を使ってアピールするとよいでしょう。また、メールマーケティングでLPを共有する場合には、メール本文に直接LPのリンクを貼り付けるか、LPに関連する情報や特典を記載するとよいでしょう。

 

ただし、注意点としては、シェアや共有の方法によっては、不適切なアプローチとなる場合もあるため、適切な方法を選択することが重要です。また、LPのコンテンツやデザインが魅力的でなければ、シェアや共有の効果も十分に発揮されない可能性があるため、LP自体の品質も重視することが必要です。

LPの改善方法

LPのコンバージョン率を改善するために行うべき対策について

LPのコンバージョン率を改善するためには、以下のような対策があります。

 

  1. LPの見直し:LPを定期的に見直し、不要な要素を削除したり、より効果的なコピーを作成することで、ユーザーにとって魅力的なコンテンツを提供することができます。

  2. A/Bテスト:A/Bテストを行い、異なるバリエーションを比較することで、より高いコンバージョン率を達成することができます。

  3. ターゲティングの見直し:LPのターゲットやユーザー像を見直し、より適切なターゲットに向けたコンテンツを提供することで、コンバージョン率を改善することができます。

  4. ボタンの最適化:ボタンの色やテキストを最適化することで、ボタンのクリック率を向上させ、コンバージョン率を改善することができます。

  5. フォームの最適化:フォームの簡略化や、フォームに関する情報を提供することで、フォームの送信率を向上させ、コンバージョン率を改善することができます。

  6. ランディングページの速度最適化:ページの読み込み時間を最適化することで、ユーザーのストレスを軽減し、LPのコンバージョン率を改善することができます。

  7. リマーケティング:リマーケティングを活用して、既にLPを訪問したユーザーに再びアプローチし、コンバージョン率を改善することができます。

 

これらの対策を実施することで、LPのコンバージョン率を改善することができます。

LPのレビュー、報告、数字をチェックする方法について

LPのレビュー、報告、数字をチェックすることは、LPのパフォーマンスを評価し改善するために重要です。以下に、その方法について説明します。

 

  1. レビュー LPを定期的にレビューすることで、問題点を発見し改善することができます。レビューするポイントは以下の通りです。
    ・デザイン:視覚的な印象をチェックし、読みやすさやアクションへの誘導性を確認します。
    ・コピー:ターゲットユーザーがLPに辿り着いたときに必要な情報が適切に伝えられているか、どのような印象を与えているかを確認します。
    ・フォーム:入力項目が適切であるか、必要な情報を集めることができるかを確認します。
    ・ボタン:アクションを促すためのボタンが目立ち、わかりやすい表現になっているかを確認します。
    ・パフォーマンス:LPの読み込み時間が遅い場合は改善する必要があります。
  2. 報告 LPのパフォーマンスを把握するためには、定期的にレポートを作成することが重要です。レポートを作成するポイントは以下の通りです。
    ・コンバージョン率:目的とするアクションを行った人の数を、LPに訪れた人の数で割った値を計算します。
    ・トラフィック:LPに訪れた人の数を把握し、トラフィックを増やす施策を検討します。
    ・エンゲージメント:LPに訪れたユーザーの行動を把握し、改善点を洗い出します。
  3. 数字のチェック 数字をチェックすることで、LPのパフォーマンスを把握することができます。具体的には以下の数字を確認します。
    ・ページビュー:ページが訪れられた回数を把握します。
    ・離脱率:LPに訪れた人のうち、すぐに離脱した人の割合を確認します。
    ・コンバージョン率:目的とするアクションを行った人の数を、LPに訪れた人の数で割った値を計算します。

 

以上のように、LPのパフォーマンスを把握するためには、レビュー、報告、数字のチェックを行うことが重要です。定期的に行い、改善点を見つけて改善することで、より効果的なLPを作り上げることができます。

LPの問い合わせフォームを設置する方法について

LPに問い合わせフォームを設置することは、ユーザーからの問い合わせや情報収集を行うために重要な手段の一つです。以下に、問い合わせフォームを設置する方法について説明します。

 

  1. フォームの目的を明確にする まず、フォームの目的を明確にすることが重要です。何を収集するためにフォームを設置するのか、ユーザーにどのような情報を提供するのかを明確にすることで、必要な項目を設定し、ユーザーに必要な情報を提供することができます。

  2. フォームの項目を設定する フォームの項目を設定する際には、必要最小限の項目に絞ることが重要です。項目が多すぎると、ユーザーがフォームの入力を躊躇する可能性があります。また、必要な項目だけを設定することで、フォームの入力を簡単にし、ユーザーのストレスを減らすことができます。

  3. フォームのデザインを考慮する フォームのデザインを考慮することで、ユーザーの利便性を向上させることができます。フォームのデザインは、レスポンシブデザインに対応しているか、フォームの配置が適切か、ボタンのデザインや色がユーザーに適切に伝わるかなどを考慮する必要があります。

  4. フォームの送信先を設定する フォームの送信先を設定することで、問い合わせ内容が届く先を指定することができます。送信先の指定方法は、直接メールで受け取る方法や、Googleフォームを使用して集約する方法などがあります。

  5. フォームのテストを行う 最後に、設置したフォームのテストを行うことが重要です。フォームが正常に動作するか、デザインが崩れていないか、必要な項目がすべて設定されているかなどを確認することで、問い合わせフォームをより効果的に活用することができます。

 

以上が、LPに問い合わせフォームを設置する方法についての基本的な手順です。

LPのコンバージョン率を上げるために参考になるサービスやツールを紹介

LPのコンバージョン率を上げるためには、以下のようなサービスやツールを活用することができます。

 

  1. A/Bテストツール:複数のバージョンのLPを比較し、最適なデザインやコピーを見つけることができます。代表的なツールにはGoogle OptimizeやOptimizelyがあります。

  2. ヒートマップツール:ユーザーがLP上でどのような行動を取っているかを可視化し、改善点を見つけることができます。代表的なツールにはHotjarやCrazy Eggがあります。

  3. ウェブ解析ツール:LPに訪れたユーザーの情報を収集し、コンバージョン率の改善に役立てることができます。代表的なツールにはGoogle AnalyticsやAdobe Analyticsがあります。

  4. チャットボットツール:ユーザーからの問い合わせに迅速に対応することができ、顧客満足度の向上につながることがあります。代表的なツールにはIntercomやDriftがあります。

  5. フォーム作成ツール:問い合わせフォームや登録フォームなどを簡単に作成できるため、ユーザーからの情報収集が容易になります。代表的なツールにはTypeformやGoogle Formsがあります。

 

これらのツールを組み合わせることで、LPのコンバージョン率の改善につながる施策を実施することができます。ただし、ツールやサービスの選定にあたっては、自社のLPに適したものを選ぶことが大切です。

まとめ

ランディングページのコンバージョン率を高めるためのポイント

ランディングページのコンバージョン率を高めるためのポイントを以下にまとめます。

 

  1. ターゲットを明確にする:ターゲットとするユーザー層を明確にし、そのユーザーが求める情報や価値提供を明確にすることが重要です。

  2. ページのシンプル化:ページをシンプルに保ち、目的のアクションを促す要素を明確にすることが重要です。

  3. アクションへの誘導性:アクションを促すボタンを目立たせ、アクションへの誘導性を高めることが重要です。

  4. 読みやすさ:ページの読みやすさを意識し、文字サイズや行間などを調整することが重要です。

  5. 色の効果的な使用:色を効果的に使用し、コンバージョンに貢献する色を選定することが重要です。

  6. フォームの最適化:フォームの入力項目を最適化し、ユーザーが入力を億劫に感じないようにすることが重要です。

  7. モバイルフレンドリー:モバイルフレンドリーなデザインにすることで、モバイルユーザーにもアクセスしやすくすることが重要です。

  8. 社会的証拠:社会的証拠を明確にし、信頼性を高めることが重要です。

  9. A/Bテスト:A/Bテストを実施し、効果的なコンバージョンアップの施策を見つけることが重要です。

 

以上が、ランディングページのコンバージョン率を高めるためのポイントです。

LPのコンバージョン率を上げることで得られるメリット

LPのコンバージョン率を上げることで、以下のようなメリットが得られます。

 

  1. ROIの向上:LPのコンバージョン率を上げることで、同じ広告費やマーケティング費用でより多くの成果を上げることができます。つまり、ROIが向上し、ビジネスの収益性が高まります。

  2. コスト削減:LPのコンバージョン率が上がると、同じ数の訪問者からより多くのコンバージョンを獲得することができます。そのため、新たな顧客を獲得するために必要な費用が削減され、効率的なマーケティングが可能になります。

  3. ユーザー体験の向上:LPのコンバージョン率を上げるためには、ユーザー体験を重視する必要があります。そのため、LPのデザインやコピーを改善することで、ユーザーが必要な情報を見つけやすくなり、より快適な体験が得られます。

  4. 競合優位性の向上:同じ業界や市場で競合他社と戦う場合、LPのコンバージョン率が高いということは、顧客獲得の面で優位性を持つことができます。つまり、LPのコンバージョン率を上げることで、競合優位性を高めることができます。

  5. データ収集の向上:LPのコンバージョン率が上がると、より多くのデータを収集することができます。そのため、顧客の行動や嗜好を把握し、それに基づいた効果的なマーケティング戦略を立てることができます。

 

以上のように、LPのコンバージョン率を上げることで、ビジネスの成長や効率的なマーケティング、競合優位性の向上など、多くのメリットが得られます。

LPの重要性と今後の展望について

LP(ランディングページ)は、Webサイトの一部で、広告やキャンペーンなどのアクションに対する反応を誘発するために作成されます。LPの重要性は、マーケティング戦略において、特定の商品やサービスを宣伝することで、ビジネスにとって有益な結果を生み出すことができるという点にあります。LPは、コンバージョン率を高め、リードを増やすことで、ビジネスにとって重要な目標を達成するのに役立ちます。

 

今後の展望としては、ビジネスのオンライン化が進むことで、LPの重要性が増していくと考えられます。LPは、ビジネスがオンラインで展開するために欠かせないものであり、LPの改善や最適化は、ビジネスがオンラインで成功するための重要な要素の1つとなっています。

 

また、AIや機械学習の進歩により、LPの効果的な最適化がより簡単になることが予想されます。これにより、LPを最適化するためのテストや改善が、より迅速かつ正確に行われるようになり、コンバージョン率を改善するための新しい方法が開発される可能性があります。

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム