ランディングページ制作,
ランディングページの作り方|SEO対策で成功するためのコツ
2023/03/27

ランディングページは、SEO対策において非常に重要な役割を果たします。ランディングページを正しく作成することで、ユーザーのニーズに合わせたページを提供し、検索エンジンの評価を高めることができます。本記事では、ランディングページの作り方やSEO対策のコツについて詳しく解説します。

ランディングページとは、特定の目的を達成するために設計されたウェブページのことです。通常、広告キャンペーンやマーケティングキャンペーンなどの一部として使用され、訪問者をコンバージョン(購入、登録、問い合わせなど)に導くことを目的としています。ランディングページは、訪問者が特定のコンテンツにフォーカスできるように、単一のコール・トゥー・アクション(CTA)や目立つタイトル、簡潔な説明、ビジュアルなどを含めることが一般的です。

ランディングページの主な目的は、訪問者をコンバージョンにつなげることです。コンバージョンとは、目的とする行動(商品の購入、問い合わせフォームへの入力、メールアドレスの登録など)を起こすことを指します。ランディングページは、訪問者が特定の行動を起こすために必要な情報を提供することで、その行動へと誘導する役割を担っています。例えば、商品を販売するためのランディングページであれば、商品の詳細や価格、購入方法などの情報を提供し、最終的には購入ボタンをクリックしてもらうことが目的となります。

ランディングページの基本構成要素とは?

一般的に、ランディングページの基本構成要素には以下のようなものがあります。

 

  1. ヘッダー
  • サイト名やロゴなどが表示される場所で、ページのトップに配置されます。
  • ページの目的を明確に伝え、訪問者がすぐにページの内容を理解できるようにすることが重要です。
  1. コピー
  • ページの主要なコンテンツであり、訪問者にとって価値のある情報を提供することが目的です。
  • 言葉遣いにも気を配り、訪問者に魅力的なコピーを提供することで、コンバージョン率の向上につなげることができます。
  1. コール・トゥ・アクション(CTA)
  • ユーザーに特定の行動を促すボタンやリンクなどを示します。
  • 目的に応じて、例えば「購入する」「お問い合わせする」「ダウンロードする」など、適切なCTAを設置することが重要です。
  1. フォーム
  • ユーザーからの情報収集を目的として、名前やメールアドレスなどの情報を入力してもらうフォームを設置することがあります。
  • フォームの設置場所やフォームの項目数なども、コンバージョン率に影響を与えるため、慎重に設計する必要があります。
  1. 画像や動画
  • ページの印象を左右する要素として、画像や動画を使用することがあります。
  • 訪問者にとって魅力的で、ページの内容を補完するものを選ぶことで、コンバージョン率の向上につながります。
  1. ソーシャルプルーフ
  • 他のユーザーからの信頼性の高い情報を示すことで、訪問者の信頼を得ることができます。
  • 例えば、口コミや評価、実績や賞などを掲載することがあります。
  1. FAQ
  • よくある質問を掲載することで、訪問者の疑問や不安を解消し、コンバージョン率の向上につなげることができます。
  1. フッター
  • ページの一番下に配置される部分で、サイト全体に関する情報や連絡先などを記載することがあります。

 

これらの要素をうまく組み合わせることで、ランディングページの効果を最大化することができます。

ランディングページ作成の際に重要なポイント

ランディングページを作成する際には、以下のポイントに注意する必要があります。

 

  1. 目的を明確にする:ランディングページは特定の目的を持って作成されます。例えば、商品の販売促進やメールマガジンの登録促進などです。目的を明確にし、それに応じたコンテンツを作成することが重要です。

  2. デザインをシンプルにする:ランディングページは、訪問者がコンバージョンに至るまでの道筋をスムーズに進めることが目的です。そのため、デザインをシンプルにすることで、訪問者が迷わずに次のアクションを取ることができます。

  3. コンテンツをわかりやすくする:訪問者がランディングページに訪れた理由や、何を期待しているのかを考慮して、コンテンツを分かりやすく作成することが重要です。

  4. コンバージョンを促すコール・トゥ・アクションを設置する:ランディングページの目的であるコンバージョンを促すために、適切な場所にコール・トゥ・アクション(CTA)を設置することが必要です。例えば、「今すぐ購入する」や「メールマガジンに登録する」などです。

  5. テストを重ねる:ランディングページは、訪問者の行動や反応に応じて改善を重ねていく必要があります。テストを行い、改善点を見つけ出していくことが重要です。

 

これらのポイントを意識しながら、ランディングページを作成することで、訪問者のコンバージョン率を向上させることができます。

ランディングページのデザインについて

ランディングページのデザインは、ユーザーにとって分かりやすく魅力的であることが重要です。以下は、ランディングページのデザインについて考慮すべきポイントです。

 

1.シンプルでクリーンなデザイン
ランディングページは、直感的に理解できるシンプルなデザインが求められます。ユーザーがスムーズに情報を収集できるように、余分な情報やデザイン要素を減らすことが大切です。

 

2.カラースキーム
ランディングページのカラースキームは、ブランドのカラーと調和するように設計する必要があります。また、カラーはコンバージョンを促すためにも使用されます。例えば、ボタンやCTAなどの注目すべき要素には目立つ色を使用し、クリックやアクションを促すことができます。

 

3.テキストのフォントとスタイル
ランディングページのテキストは、フォントとスタイルを選ぶことで読みやすくすることができます。フォントはブランドのイメージに合わせたものを選択し、大きさや行間なども考慮しましょう。

 

4.画像とビデオ
ランディングページには、目を引く画像やビデオを使用することが効果的です。ただし、画像やビデオがページの読み込み時間に影響する可能性があるため、容量を抑えた軽量のものを使用することが重要です。

 

5.レスポンシブデザイン
ランディングページは、デスクトップやモバイルなどの様々なデバイスで閲覧されます。そのため、レスポンシブデザインを採用し、どのデバイスでも正常に表示されるようにすることが必要です。

 

6.効果測定のための設定
ランディングページには、コンバージョン率を測定するための設定が必要です。Google Analyticsや、ランディングページに特化したツールを使用して、トラフィックやコンバージョン率などを分析し、改善のための施策を打ち出すことが大切です。

ランディングページのコピー(文章)については、以下のようなポイントが重要です。

 

  1. ターゲットユーザーのニーズに合わせた内容 ランディングページのコピーは、ターゲットユーザーが抱える課題や問題を解決することを目的としています。そのため、ターゲットユーザーのニーズに合わせた内容を提供することが重要です。

  2. 短く分かりやすい文章 ランディングページのコピーは、読者に短時間で理解してもらう必要があります。そのため、短く分かりやすい文章を心がけましょう。また、見出しや箇条書きなどのレイアウトを工夫することで、読みやすさを高めることもできます。

  3. 重要な情報を強調する ランディングページのコピーでは、重要な情報を強調することが必要です。例えば、商品やサービスの特徴やメリット、価格などは、強調して記載することで、読者に訴求力を持たせることができます。

  4. 行動を促すコールトゥアクション ランディングページのコピーには、読者に行動を促すコールトゥアクションを用意することが重要です。例えば、「今すぐ購入する」、「お問い合わせする」、「無料お試しをする」などのボタンを設置することで、読者にアクションを起こしてもらうことができます。

 

以上が、ランディングページのコピーについてのポイントです。

ランディングページのSEO対策について

ランディングページのSEO対策については以下のようなポイントがあります。

 

  1. タイトルタグの最適化 ランディングページのタイトルタグには、主要なキーワードを含めることが重要です。また、タイトルタグは最大60文字までという制限があるため、短くまとめてわかりやすくすることが大切です。

  2. メタディスクリプションの最適化 ランディングページのメタディスクリプションには、ランディングページの内容を簡潔にまとめた文章を記載することが重要です。また、メタディスクリプションは最大160文字までという制限があるため、短くまとめてわかりやすくすることが大切です。

  3. ヘッダータグの最適化 ランディングページの見出しには、H1タグを使って主要なキーワードを含めることが重要です。また、H2やH3タグを使って、見出しの階層を明確にし、ユーザーにわかりやすく伝えることが大切です。

  4. 内部リンクの設置 ランディングページから、自社の別ページへの内部リンクを設置することで、ページ内の滞在時間を延ばし、ユーザーの興味を引き続けることができます。また、内部リンクはサイト内のページの関連性を示すためにも有効です。

  5. 外部リンクの獲得 外部からのリンクを獲得することで、ランディングページのSEO効果を高めることができます。ただし、リンク元のページの信頼性やランキングなどが重要になるため、信頼性の高いサイトからのリンクを獲得することが重要です。

  6. 画像の最適化 ランディングページに使用する画像は、軽量化して表示速度を高めることが重要です。また、画像ファイル名やalt属性に、主要なキーワードを含めることも効果的です。

  7. レスポンシブデザインの対応 ランディングページは、PCやスマートフォンなど、様々なデバイスで閲覧されるため、レスポンシブデザインに対応することが重要です。レスポンシブデザインに対応することで、ユーザーの利便性

ランディングページの成果を測定する方法

ランディングページの成果を測定する方法には、以下のようなものがあります。

 

  1. コンバージョン率の計測 ランディングページの最終目的であるコンバージョン(例:商品購入、お問い合わせなど)がどの程度達成できているかを計測します。Google Analyticsなどのツールを使って、コンバージョン率を計算することができます。

  2. 表示回数の計測 ランディングページが表示された回数を計測することで、どの程度アクセスがあったかを把握することができます。Google Analyticsなどのツールを使って、ページビュー数を計測することができます。

  3. クリック率の計測 ランディングページ内の特定のボタンやリンクがどの程度クリックされたかを計測することで、どのようなコンテンツが訴求力があるかを確認することができます。Google Analyticsなどのツールを使って、クリック率を計測することができます。

  4. ユーザビリティの評価 ランディングページを閲覧したユーザーにアンケートを行い、使いやすさや訴求力などを評価してもらうことで、改善点を把握することができます。

  5. A/Bテスト ランディングページを複数バージョン作成し、どのバージョンがより良い成果を出すかを比較することで、改善点を洗い出すことができます。Google Optimizeなどのツールを使って、A/Bテストを行うことができます。

成功するランディングページの作り方まとめ

以下に、成功するランディングページの作り方のまとめを示します。

 

  1. 目的を明確にする
  • ランディングページの目的を明確に定め、その目的を達成するために必要な要素を考える。
  1. ターゲットを設定する
  • ターゲットとなる顧客像を明確にし、その顧客にとっての価値を提供するコンテンツを作成する。
  1. デザインを工夫する
  • ユーザーの興味を引き付けるデザインを心がけ、シンプルでわかりやすいレイアウトを作成する。
  1. コピーを作成する
  • キャッチーなタイトルと説得力のある文章を作成し、読者の興味を引き付ける。
  1. SEO対策を実施する
  • タイトルや文章、画像のALT属性にキーワードを含めるなど、SEO対策を実施して、検索エンジンからのアクセスを増やす。
  1. コンバージョンにつなげる
  • フォームやCTAボタンを配置し、ユーザーにコンバージョン(購入や問い合わせなど)につながるアクションを促す。
  1. 成果を測定する
  • Google Analyticsなどのツールを活用し、ランディングページの成果を定期的に測定し、改善点を把握する。

 

以上が、成功するランディングページの作り方についてのまとめです。ランディングページは、目的に合わせたターゲット設定やデザイン、コピー、SEO対策、コンバージョン促進、成果測定など、多くの要素が関わってくるため、細部にわたって注意を払いながら作成することが重要です。

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム