ホームページ制作,
魅力的なホームページを作る秘訣
2023/04/11

ホームページは現代において、ビジネスを展開する上で欠かすことのできない存在となっています。しかし、ただ存在しているだけではなく、魅力的なウェブサイトを作り上げることが求められています。そこで今回は、ホームページ制作の極意として、魅力的なウェブサイトを作る秘訣についてお伝えします。初めてホームページを作る方から、既に運用している方まで、必見の内容となっています。

ホームページ制作とは?

ホームページ制作とは、インターネット上で自分や企業、団体などが自己紹介やビジネス活動を行うためのウェブサイトを作成することを指します。ウェブサイトは、世界中の人々がインターネットを通じてアクセスできるため、広範な情報発信やマーケティング手段として利用されています。現代ではインターネットが普及したことにより、企業や団体が自己紹介やビジネス活動を行うためにホームページを作成することが一般的になりました。そのため、企業のホームページ開設率も年々増加しており、現在ではあらゆる業種の企業で9割を上回る企業が自社のホームページを持っています。

情報通信統計データベース.“通信利用動向調査(企業編)”.総務省.2022-05-27.(参照 2023-03-24)


ホームページ制作には、プランニング、デザイン、コーディング、テスト、公開、運用などの工程があります。ホームページ制作においては、ユーザーにとって使いやすく分かりやすいデザイン、検索エンジンに表示されやすいSEO対策、モバイルファーストなどスマートフォンやタブレットにも対応したレスポンシブデザインが求められます。ホームページ制作を通じて、企業や個人が自己アピールやビジネス活動を行うことができます。
ただし、ホームページを作成しただけではアクセスが集まらないため、適切なマーケティング戦略やコンテンツ戦略なども必要になります。

ホームページ制作の重要性

ホームページ制作は、現代において非常に重要な存在です。その理由は以下の通りです。
インターネットが普及している:現代社会では、インターネットが普及し、多くの人々が情報収集やコミュニケーションにインターネットを利用しています。そのため、自分や企業、団体などがインターネット上で自己紹介やビジネス活動を行うためのウェブサイトを作成することが重要となっています。

 

 

24時間アクセス可能

ウェブサイトは、世界中の人々がインターネットを通じて24時間アクセス可能なため、企業や団体が自己紹介や商品・サービスの宣伝、情報提供、顧客獲得、販売促進などの目的で活用できます。また、個人がブログやポートフォリオサイトを作成することで、自己表現やプロフィールの発信、就職活動のアピールなどにも利用されます。

 

マーケティングにおいて重要な存在
ウェブサイトは、マーケティングにおいて重要な役割を果たします。ウェブサイトを通じて、商品・サービスの宣伝や販売促進を行うことができます。また、ウェブサイトにアクセスしたユーザーの行動データを分析することで、顧客のニーズや行動パターンを把握し、より効果的なマーケティング戦略の立案に役立てることができます。

 

競合他社との差別化
同業他社が存在する場合、ウェブサイトを通じて自社の強みをアピールすることができます。自社のウェブサイトが、他社と比較して優れている点を明確に示すことで、顧客の信頼や購買意欲を高めることができます。

 

ビジネスにおける信頼性向上
ウェブサイトを持つことは、ビジネスにおける信頼性向上にもつながります。ウェブサイトがあることで、ビジネスを行う上での信頼感が高まり、顧客やパートナーからの評価も向上する可能性があります。
以上のように、ホームページ制作は現代社会において非常に重要な存在です。ビジネスや個人がウェブサイトを持つことで、世界中の人々にアクセス可能な情報発信やマーケティング活動を行うことができます。また、ウェブサイトは企業や個人の信頼性を高め、競合他社との差別化にもつながります。さらに、ユーザーの行動データを分析することで、より効果的なマーケティング戦略を立案することができます。ホームページ制作は、現代社会におけるビジネスや個人の活動において欠かせない要素となっています。

プランニングが命!ホームページ作成で成功するための方法とは

ホームページ作成において、成功するための重要な要素の1つが「プランニング」です。プランニングをしっかり行わずに、ホームページを作成すると、思い通りのホームページが完成しなかったり、集客効果が低かったりすることがあります。

プランニングの流れ

1. 目的を明確にする
まずは、ホームページを作成する目的を明確にすることが大切です。例えば、自社の商品やサービスを紹介するためのホームページを作成する場合、どのような情報を載せるか、どのようなターゲットに訴求するか、どのようなコンテンツを作成するかなど、具体的に考えていく必要があります。目的が明確になれば、その目的に向けて効果的なプランニングができるようになります。

 

 

2. ターゲットを設定する
次に、ホームページのターゲットを設定することが大切です。例えば、自社の商品やサービスを若年層向けに販売したい場合、ターゲットは若年層となります。ターゲットを設定することで、ターゲットに合わせたデザインやコンテンツを作成することができ、より効果的なホームページ作成ができるようになります。

 

 

3. コンテンツを考える

次に、ホームページに掲載するコンテンツを考えます。ターゲットに合わせたコンテンツを作成することで、ターゲットに訴求することができ、ユーザーの興味を引くことができます。例えば、若年層をターゲットにした場合、SNS連携機能や動画コンテンツを掲載すると、より興味を引くことができるでしょう。

 

 

4. デザインを決定する

次に、ホームページのデザインを決定します。デザインは、ユーザーにとって視覚的に訴求する要素であり、ホームページ作成において非常に重要な要素です。ターゲットに合わせたデザインを選択することで、よりユーザーの興味を引きやすくなります。例えば、若年層をターゲットにした場合、明るくポップなカラーを使用したデザインが好まれることがあります。また、コンテンツの配置やフォントの選択なども、デザインによってユーザーの印象が大きく変わるため、慎重に検討する必要があります。

 

 

5. ユーザビリティを考慮する

ホームページを作成する際には、ユーザビリティ(使いやすさ)を考慮することも大切です。ユーザーがストレスを感じないように、シンプルなデザインやナビゲーションを用いることが重要です。また、ユーザーが求める情報や機能を簡単に見つけられるように、ページ構成やコンテンツの配置を検討する必要があります。

 

 

6. SEO対策を考慮する

ホームページを作成する際には、SEO対策(検索エンジン最適化)を考慮することも重要です。検索エンジン上位表示を狙うためには、キーワードの選定やメタデータの最適化など、検索エンジンが求める要素をしっかりと取り入れる必要があります。SEO対策をしっかり行うことで、より多くのユーザーにアクセスしてもらうことができます。

魅力的なデザインで視覚的にアピール

ホームページを作成する際には、デザインは非常に重要な要素です。ユーザーに視覚的なアピールをすることで、興味を引きやすくなります。しかし、デザインを追求するあまり、ユーザーが求める情報や機能が見つけにくくなることもあります。魅力的なデザインを実現しつつ、ユーザービリティも考慮したデザインのホームページを作りましょう。

 

 

▼カラーの選定

ホームページのカラーは、ユーザーに与える印象を大きく左右します。自社のイメージやターゲットに合わせたカラーを選ぶことで、ユーザーに印象的なアピールができます。ただし、カラーを過剰に使用すると、視覚的に疲れることがあります。適度なカラーのバランスを考え、視覚的に魅力的なデザインを目指しましょう。

 

 

▼レイアウトの工夫
ページのレイアウトは、ユーザーが情報や機能を探しやすいように工夫する必要があります。一般的には、上部にロゴやメニューバー、下部にフッターを配置し、コンテンツは見出しや段落で整理して表示することが多いです。また、ホワイトスペースを多めにとることで、ページ全体の見やすさを向上させることができます。

 

 

▼アイキャッチな画像の使用

ホームページには、アイキャッチな画像を使用することで、視覚的なアピールを強めることができます。ただし、画像を選ぶ際には、自社のイメージやターゲットに合わせたものを選ぶことが大切です。また、著作権に注意して、自社のオリジナル画像を使用することをおすすめします。

 

 

▼フォントの選定

ホームページのフォントも、デザインに大きく影響します。フォントの種類やサイズを工夫することで、ページの雰囲気を変えることができます。ただし、読みやすさを損なわないように、フォントサイズは十分に大きく設定することが重要です。

POINT!ユーザーが迷わないサイト構造とナビゲーション

▼目的に合ったページ構成を考える 

ユーザーがウェブサイトに訪れる目的に合わせて、適切なページ構成を考えることが重要です。例えば、商品を販売するサイトであれば、商品の一覧ページ、商品の詳細ページ、ショッピングカートページなどを設けることが必要です。また、各ページがどのようにつながっているかを明確にし、ユーザーが目的のページにすばやくアクセスできるようにすることが重要です。

 

▼シンプルでわかりやすいナビゲーションを設置する

ナビゲーションは、ウェブサイトの中で最も重要な要素の1つです。ナビゲーションをシンプルでわかりやすくすることで、ユーザーが目的のページに迷わずアクセスできるようになります。一般的なナビゲーションの形式としては、ヘッダーメニューやサイドバーメニューがあります。また、ホームページやロゴをクリックするとトップページに戻ることができるようにすることも大切です。

 

▼メニューやリンクの名前を分かりやすくする

ナビゲーションメニューやリンクの名前を分かりやすくすることで、ユーザーが目的のページを迷わず見つけられるようになります。例えば、商品カテゴリーのリンクは「レディース」「メンズ」「キッズ」のように、わかりやすい名前をつけることが望ましいです。

 

▼クリック可能な要素を明確にする

ユーザーがウェブサイトの中でクリック可能な要素を見つけやすくするために、クリック可能な要素にはホバー時に反応があるようにする、文字に下線をつける、アイコンを使うなどの工夫が必要です。

 

▼ナビゲーションの位置を考慮する

ナビゲーションの位置も重要です。多くのウェブサイトでは、ナビゲーションは通常、画面の上部、左側、または両方に配置されます。これらは、ユーザーが簡単に見つけ、アクセスできる場所です。ナビゲーションを画面の上部に配置することが一般的であるため、ユーザーはスクロールせずにすぐにメニューにアクセスできます。また、左側にナビゲーションを配置することも一般的です。これは、ウェブサイトにアクセスするたびに、ユーザーがまずナビゲーションに目を向ける傾向があるためです。
ただし、ナビゲーションの位置は、ウェブサイトのデザインやコンテンツの種類によって異なります。例えば、シングルページのウェブサイトでは、ナビゲーションを画面の上部に配置するのではなく、ページのコンテンツの中に配置することが一般的です。ナビゲーションが画面の中央にある場合、ユーザーはスクロールする必要があるため、見つけるのが少し難しくなります。ナビゲーションの位置は、ウェブサイトのデザインやコンテンツに応じて慎重に検討する必要があります。

POINT!デバイス問わず完璧な表示に~レスポンシブWebデザインの秘訣~

近年、スマートフォンやタブレットの利用が急速に普及し、多くの人がこれらのデバイスでウェブサイトを閲覧するようになっています。そのため、ウェブサイトを設計・実装する際には、スマートフォンやタブレットにも対応することが必要不可欠となっています。


スマートフォンやタブレットに対応するために必要なのが「レスポンシブデザイン」です。これは、異なる画面サイズにも対応することができるデザインのことで、ウェブサイトが閲覧されるデバイスに合わせてレイアウトが自動的に調整される仕組みです。レスポンシブデザインを採用することで、ユーザーはスマートフォンやタブレットでもウェブサイトを快適に閲覧することができます。また、スマートフォンやタブレットに対応するためには、ナビゲーションの位置や形状も考慮する必要があります。スマートフォンやタブレットの画面は小さいため、メニューやリンクを表示する場所が限られています。そのため、ナビゲーションを隠す「ハンバーガーメニュー」や、スクロールに合わせて常に表示される「固定ナビゲーションバー」など、スマートフォンやタブレットに適したナビゲーション形式を採用することが重要です。さらに、スマートフォンやタブレットでのウェブサイト閲覧は、通常のパソコンでの閲覧と比べて通信速度が遅いことがあります。そのため、ページの表示速度を向上させる「パフォーマンス最適化」が必要となります。これには、画像や動画の最適化、CSSやJavaScriptの最適化などが含まれます。

最近では、スマートフォンやタブレットを優先する「モバイルファースト」という考え方が広まっています。これは、スマートフォンやタブレットに対応したウェブサイトをまず設計し、その後にパソコン用のレイアウトを追加するという方法です。これにより、スマートフォンやタブレットでのウェブサイト閲覧がしやすくなります。また、Googleなどの検索エンジンがスマートフォンファーストのインデックスを優先する傾向にあるため、モバイル対応のウェブサイトを作成することはSEOにも有利です。
具体的には、レスポンシブデザインやモバイル専用のレイアウトを採用することで、小さな画面でも見やすいウェブサイトを作成することができます。また、タッチ操作にも配慮し、リンクやボタンのサイズや間隔を大きくすることで、誤操作を減らし、使いやすいウェブサイトを作成することが重要です。さらに、画像や動画のサイズを適切に最適化することで、ページの読み込み速度を高速化し、モバイル環境でも快適に閲覧できるようにすることも重要です。

コーディングのノウハウでホームページをパワーアップ

コーディングとは?

ホームページ制作において、デザインカンプや画面設計図などからウェブページを作成する作業を指します。
コーディングでは、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を使用して、
ページの構造やレイアウト、スタイル、動的な動作などを実現します。具体的には、HTMLでページの構造を定義し、CSSでデザインを設定し、JavaScriptで動的な要素を実装するなど、
それぞれの言語を組み合わせて、ページを作成していきます。また、コーディングでは、SEO対策やバリデーションチェックなども考慮する必要があります。

プログラミング言語一覧

HTML (HyperText Markup Language) 

Webページの構造やコンテンツを記述するための言語です。HTMLを使って、見出しや段落、画像、リンク、テーブルなどの要素を定義します。

 

CSS (Cascading Style Sheets) 
Webページのデザインやスタイルを定義するための言語です。CSSを使って、フォントのスタイルや色、背景色、レイアウト、ボーダーなどを設定します。

 

JavaScript
Webページに動的な機能を追加するための言語です。JavaScriptを使って、フォームのバリデーション、スライドショー、アニメーションなどの機能を実装することができます。
 

jQuery
JavaScriptのライブラリで、より簡単にJavaScriptを記述できるようにするためのものです。DOM操作やイベント処理などが簡単に行えるようになります。

 

PHP (Hypertext Preprocessor) 
サーバーサイドで動作するスクリプト言語で、Webページの動的なコンテンツを生成するために使用されます。データベースとの連携や、フォームの処理などが可能です。

 

MySQL
データベース管理システムの一つで、Webページでのデータの管理や取り出しができます。
以上が、主要なホームページ制作に必要な言語や技術です。これらの言語や技術を組み合わせて、見栄えの良い、機能的なWebサイトを作ることができます。

ホームページ制作の最終段階 テストから公開までの流れ

ホームページをテストして公開するためには、以下の手順やポイントがあります。

 

 

1.ローカル環境でのテスト

ホームページの制作が完了したら、ローカル環境でテストを行います。これにより、ホームページの動作や表示の確認、修正作業を行うことができます。ローカル環境でのテストは、テスト環境を用意する必要があります。一般的には、ApacheやNginxといったWebサーバーを使用して、ローカル環境でテストを行います。

 

2.サーバー上でのテスト

ローカル環境でのテストが完了したら、ホームページをサーバーにアップロードして、サーバー上でのテストを行います。この際には、アップロードの手順やファイルのパーミッションの設定などが必要です。サーバー上でのテストでは、動作や表示、アクセス速度などを確認することができます。

 

3.クロスブラウザテスト

ホームページを作成する際には、様々なブラウザで表示されることが想定されます。そのため、ホームページが各ブラウザで正しく表示されるかどうかを確認する必要があります。これをクロスブラウザテストといいます。代表的なブラウザであるGoogle Chrome、Firefox、Safari、Internet Explorerなどを使用して、テストを行います。

 

4.SEO対策の確認

ホームページを公開する前に、SEO対策が適切に行われているかを確認する必要があります。具体的には、メタデータの設定やキーワードの適切な使用などが挙げられます。また、Google Search Consoleなどのツールを使用して、サイトマップの登録やインデックスの確認などを行います。

 


5.セキュリティの確認

ホームページを公開する前に、セキュリティの確認を行う必要があります。具体的には、SSL証明書の設定やファイルのパーミッションの設定、SQLインジェクションやXSSなどの攻撃への対策が挙げられます。

 

6.公開

テストや修正が完了したら、ホームページを公開します。この際には、ドメイン名の取得やDNSの設定が必要になります。DNSとは、Domain Name Systemの略で、ドメイン名とIPアドレスの対応付けを行うシステムです。ホームページを公開するためには、WebサーバーのIPアドレスをドメイン名に紐付けるために、DNSの設定を変更する必要があります。具体的には、ドメインレジストラーでの設定変更や、DNSサービスの利用などがあります。DNSの設定が反映されるまでには時間がかかる場合があるため、余裕をもって公開時期を決定することが重要です。

ホームページは公開後の適切な運用が大切です!

▼コンテンツの定期的な更新

ユーザーにとって常に新しい情報を提供することは大切です。更新頻度は業種やユーザーの興味によって異なりますが、適切な頻度で更新することが重要です。

 

▼サイトの改善


サイトのアクセス状況やユーザーのニーズを分析し、サイトの改善を行うことが大切です。Google Analyticsなどの解析ツールを活用し、ユーザーの行動やニーズを把握し、サイトの改善を行いましょう。

 

セキュリティの維持
 

サイトのセキュリティを維持することが必要です。SSL証明書の更新やファイルの定期的なバックアップ、セキュリティ対策の定期的な更新を行いましょう。

 

▼コンテンツの品質管理

コンテンツの品質を維持することが必要です。正確な情報や読みやすい文章、画像の品質などを確認し、適切な品質管理を行いましょう。

 

▼ユーザーとのコミュニケーション


ユーザーとのコミュニケーションを行い、フィードバックを受け取ることが大切です。お問い合わせフォームやアンケート機能を設け、ユーザーからの声を収集しましょう。
コンテンツの更新方法は、CMS(コンテンツ管理システム)を利用することで簡単に行えます。CMSを使えば、特別な技術や知識がなくても、誰でも簡単にコンテンツの更新や管理が行えます。WordPressやDrupalなど、さまざまなCMSがありますので、自分に合ったものを選びましょう。
ユーザーとのコミュニケーションは、お問い合わせフォームやアンケート機能、SNSアカウントなどを設けることで実現できます。ユーザーからの声を収集し、サイトの改善につなげることが重要です。

 

▼定期的なメンテナンス
 

定期的にメンテナンスを実施することで、サイトの安定稼働やセキュリティの維持につながります。例えば、サイトの動作チェックでは、ページの表示速度やリンクの切れているページがないかなどを確認し、ユーザーの利便性を向上させます。セキュリティチェックでは、不正アクセスやマルウェア感染などに対して防御策を講じることで、ユーザーの情報やサイトの信頼性を守ります。バックアップは、サイトのデータや設定情報を定期的に保存しておくことで、万が一のトラブルに備えることができます。これらのメンテナンス作業をサイト運営のルーティンワークとして定期的に実施することが重要です。

検索エンジン上位表示に必要なSEO対策

検索エンジン最適化(Search Engine Optimization, SEO)は、企業や個人のウェブサイトを検索エンジン上で上位に表示させるための取り組みのことです。SEOによって、検索エンジン上で上位に表示されることで、ユーザーが自社のウェブサイトにアクセスしやすくなり、集客効果を高めることができます。

 

▼キーワードの適切な使用
検索エンジンは、ウェブページに含まれるキーワードを読み取って、そのページの内容を判断します。そのため、ページ内に重要なキーワードを適切に配置することが必要です。ただし、キーワードの過剰使用は避け、自然な文章として読みやすくすることが重要です。

 

▼ページのタイトルタグとメタデータ
ページのタイトルタグは、検索エンジンがページの内容を判断する上で非常に重要です。タイトルタグには、ページの内容を表す適切なキーワードを含め、タイトルがわかりやすく、かつ魅力的になるように注意しましょう。また、メタデータにもキーワードを含め、説明文をわかりやすく設定することで、ユーザーに対して情報提供がしやすくなります。

 

▼サイト内リンク
サイト内リンクを適切に設定することで、ページの深さを浅くすることができます。サイト内のページ同士でリンクを設定することで、ユーザーが必要な情報に素早くアクセスできるようになり、検索エンジンにもページの重要度が伝わりやすくなります。
モバイルフレンドリーなウェブサイト モバイルファーストを考慮したレスポンシブデザインの採用は、SEOにおいても非常に重要です。Googleは、スマートフォンでの閲覧がしやすいウェブサイトを重視し、モバイルフレンドリーなウェブサイトを優先的に表示するようになっています。

 

▼高品質なコンテンツ
検索エンジンは、ユーザーが求める情報を提供するために、高品質なコンテンツを重視しています。そのため、ユーザーが役に立つ情報を提供するコンテンツを作成することが重要です。具体的には、キーワードを適切に使い、タイトルや見出し、本文に意味のある文章を書き、読みやすく、わかりやすい文章を作成することが重要です。また、他のウェブサイトからリンクを取得し、自身のウェブサイトに価値を与えることもSEO対策のポイントの一つです。ただし、過剰なキーワードの使用や、コピー&ペーストによる重複したコンテンツの作成は、逆に検索エンジンにとってマイナスとなります。適切なキーワード使用率や、オリジナリティのあるコンテンツを作成することがSEO対策の成功につながります。

まとめ

ホームページ制作の流れ

1.プランニング
ホームページの目的や目標、ターゲット層、コンテンツの内容、ページ構成などを決定します。

 

2.デザイン
決定したコンセプトに基づいて、ホームページのデザインを作成します。
 

3.コーディング
デザインを元にHTML、CSS、JavaScriptなどのコードを書き、ホームページを作成します。

 

4.テスト

ホームページの機能性やレスポンシブ性、クロスブラウザ対応などをテストし、修正や改善を行います。
 

5.公開
完成したホームページをWebサーバーにアップロードし、インターネット上で公開します。
 

6.運用
公開後も定期的にコンテンツの更新やセキュリティの確認などを行い、ホームページを育てていきます。

 

ホームページ制作においては、プランニングが重要な基盤となります。また、デザインやコーディングにおいては、ユーザーの使いやすさや閲覧環境にも配慮する必要があります。テストと公開においては、完全な動作確認とセキュリティ対策が欠かせません。そして、運用においては、コンテンツの更新や分析に基づいた改善を行い、ユーザーのニーズに合わせたホームページを維持・発展させていくことが大切です。

あわせて読みたい
ホームページ制作費用の相場と適正価格の見極め方
ホームページ制作費用の相場と適正価格の見極め方

「ホームページ制作費用の相場と適正価格の見極め方」について解説します。ホームページ制作を考える際には、予算の設定が大切ですが、相場を知らずに予算を設定してしまうと適正価格を超えることもあります。本記事では、ホームページ制作の相場や価格の見極め方について詳しく解説します。

あわせて読みたい
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法

初心者向けホームページ制作の手順と無料ツールの活用法を紹介します。私自身が初めて作成した経験からアドバイスを共有します。難しく感じるかもしれませんが、この記事を参考にすれば誰でも簡単に素敵なホームページが作れます。手を動かして、魅力的なホームページを作りましょう!

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム