ホームページ制作,
404エラーとは?原因・解決方法を徹底解説
2023/10/24

インターネットを利用する中で、突然表示される「404エラー」。この数字を見たことがある方も多いのではないでしょうか?しかし、具体的にこのエラーが何を意味しているのか、また、なぜ表示されるのかを知っている方は意外と少ないかもしれません。この記事では、そんな404エラーの正体を明らかにし、その主な原因と具体的な解決方法をわかりやすく解説します。ホームページを運営している方はもちろん、普段からインターネットを利用するすべての方に向けて、このエラーについての知識を深める手助けになるよう解説していきます。

404エラーの基本知識

インターネットを利用していると、時折遭遇する「404エラー」。この数字を目にしたことがある方も多いでしょう。しかし、具体的に何を意味しているのか、どのような原因で発生するのかは明確に理解していない方も少なくないかと思います。このセクションでは、404エラーの基本的な知識について詳しく解説します。

404エラーとは何か?

404エラーは、Webブラウジング中に特定のページが見つからない場合に表示されるエラーコードです。具体的には、ユーザーがアクセスしようとしたページがサーバー上に存在しない、または移動・削除された場合にこのエラーが発生します。この数字「404」は、HTTPステータスコードの一つであり、「Not Found(見つかりません)」を意味します。

なぜ404エラーが起こるのか?

404エラーが表示される主な原因は以下の通りです。

1.URLが間違っている場合
2.ページが削除されている場合
3.旧URLから新URLへのリダイレクトができていない場合
4.リンク先のURLが変わっている(リンク切れ)の場合
5.サーバーの設定が間違えている場合

 

これらの原因は、ウェブサイトの管理者とユーザーの双方に起因する可能性があります。特に、ウェブサイトを運営する側は、ページの移動や削除を行う際には注意が必要です。

404エラーの種類:「404 not found」とは?

「404 not found」は、最も一般的に見られる404エラーのメッセージです。このメッセージは、要求されたページがサーバー上に存在しないことを示しています。しかし、実際には「404 not found」以外にも、エラーメッセージのバリエーションが存在することがあります。例えば、「404 Page Not Found」、「404 Not Found Error」、「HTTP 404 Not Found」など、サーバーやウェブサイトの設定によって微妙に異なるメッセージが表示されることがあります。しかし、これらのメッセージの核心は同じで、要求されたページが見つからないという事実を伝えています。

 

さらに、404エラーが頻繁に発生すると、ウェブサイトの信頼性や評価が低下する恐れがあります。特に検索エンジンの評価においては、404エラーのページが多いとサイト全体のランキングが下がる可能性が考えられます。そのため、定期的にウェブサイトのリンクをチェックし、不要な404エラーページを削除またはリダイレクトすることが重要です。

 

また、404エラーが発生した際のユーザーエクスペリエンスも考慮する必要があります。訪問者が求めている情報にアクセスできない フラストレーションを感じさせないために、カスタム404ページを作成することをおすすめします。これにより、ユーザーに他の関連ページへのリンクやサイト内検索機能を提供し、サイト内での滞在時間を延ばすことができます。

主な404エラーの原因別対処法

Webサイトを運営していると、様々な理由で404エラーが発生することがあります。このエラーは、訪問者にとっても不快なものであり、サイトの信頼性を低下させる可能性があります。ここでは、404エラーの主な原因とそれに対する対処法について詳しく解説します。

URLが間違っている場合

原因:ユーザーが手動でURLを入力した際に、タイポや誤ったURLを打ち込んだ場合にこのエラーが発生します。

 

対処法:まず、正しいURLを確認し、それをユーザーに伝えることが重要です。また、サイト内の検索機能を強化することで、ユーザーが求める情報を簡単に見つけられるようにすると良いでしょう。さらに、404エラーページにはホームページや他の主要なページへのリンクを設置して、ユーザーが迷わないようにすることも効果的です。

ページが削除されている場合

原因:過去に存在していたページが、何らかの理由で削除された場合に404エラーが表示されます。

 

対処法:削除されたページにアクセスが多い場合、そのページの内容を再度公開するか、関連する別のページへリダイレクトすることを検討しましょう。また、カスタムの404ページを作成して、ユーザーに他の関連するコンテンツへのリンクを提供することも効果的です。

旧URLから新URLへのリダイレクトができていない場合

原因:ページのURLが変更された際、旧URLから新URLへのリダイレクトが正しく設定されていないと、404エラーが発生します。

 

対処法:.htaccessやリダイレクトプラグインを使用して、旧URLから新URLへの301リダイレクトを設定します。これにより、旧URLにアクセスしたユーザーは自動的に新URLのページへと誘導されます。

リンク先のURLが変わっている(リンク切れ)の場合

原因:外部サイトや自サイト内のリンクが古く、実際のページが存在しない場所を指している場合にこのエラーが発生します。

 

対処法:定期的にサイト内のリンクをチェックするツールを使用して、リンク切れを検出しましょう。リンク切れが見つかった場合は、正しいURLに修正するか、リンクを削除します。

サーバーの設定が間違えている場合

原因:サーバーの設定ミスや、特定のディレクトリへのアクセス権限がない場合など、サーバー側の問題で404エラーが発生することがあります。

 

対処法:サーバーのエラーログを確認して、問題の原因を特定します。設定ミスの場合は、設定を修正してエラーを解消します。また、サーバーの管理者やホスティング会社のサポートに問い合わせることで、問題の解決を早めることができます。

404エラーの影響

404エラーが頻繁に発生すると、サイトの評価やユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼす可能性があります。ここでは、404エラーがもたらす具体的な影響とその背景について詳しく解説します。

SEOへの悪影響:サイトの評価とランキングへの影響

サイトの評価の低下

検索エンジンは、ユーザーに最も関連性の高い情報を提供することを目指しています。そのため、存在しないページへのリンクや頻繁に404エラーが発生するサイトは、検索エンジンにとって信頼性が低いと判断される可能性があります。これにより、サイト全体の評価が低下し、検索結果のランキングにも悪影響を及ぼすことが考えられます。

 

インデックスの問題

404エラーが発生するページは、検索エンジンにインデックスされることが少なくなります。これにより、そのページが検索結果に表示される機会が減少し、サイトの可視性が低下する可能性があります。

 

クロールの無駄

検索エンジンのクローラーは、サイトのページを定期的に訪問して内容をインデックスします。404エラーが頻繁に発生すると、クローラーは存在しないページを訪問する時間が増え、有効なページのクロールが遅れることが考えられます。

ユーザーエクスペリエンスの低下

訪問者の不信感

404エラーは、訪問者にとって不快な体験となります。特に、求めていた情報やサービスが見つからない場合、サイトの信頼性や品質に疑問を持つことが考えられます。

 

離脱率の増加

404エラーが発生すると、訪問者はサイトを離れる可能性が高まります。これにより、サイトの離脱率が増加し、コンバージョン率や再訪問率にも悪影響を及ぼすことが考えられます。

 

ブランドイメージの低下

頻繁に404エラーが発生するサイトは、プロフェッショナルでないという印象を訪問者に与える可能性があります。これにより、ブランドの信頼性や価値が低下するリスクが考えられます。

 

サイトの利用意欲の減少

404エラーが繰り返し発生すると、訪問者はサイトを利用する意欲を失う可能性が高まります。情報を求めて訪れたユーザーが目的のページを見つけられないと、そのサイトに対する興味や信頼が失われることが考えられます。

 

サイトの機能性の低下

404エラーは、サイトの機能性にも影響を及ぼす可能性があります。例えば、オンラインショップで商品ページが404エラーとなると、購入を検討していたユーザーが購入を断念することが考えられます。

404エラーの対処法

Webサイトを運営する上で、404エラーは避けられない問題となっています。しかし、このエラーに適切に対処することで、ユーザーエクスペリエンスの向上やSEOの悪影響を最小限に抑えることができます。このセクションでは、404エラーの対処法について詳しく解説します。

エラーページのカスタム設定方法

標準の404エラーページは訪問者にとって不親切なものとなっています。そのため、カスタム404ページを作成することで、訪問者に対して友好的なメッセージを伝えることができます。さらに、このページにサイトマップや検索ボックスを設置することで、訪問者が求めている情報を簡単に見つける手助けをすることができます。また、「ページが見つかりません」というメッセージだけでなく、何が原因でエラーが発生したのか、どのようにして対処すればよいのかを明確に伝えることも重要です。

リンク切れの確認と修正の手順

サイト内のリンクを定期的にチェックするツールを使用することで、リンク切れを特定することができます。特定したリンク切れに対しては、旧ページから新ページへのリダイレクトを設定することで、訪問者を正しいページに誘導することができます。また、サイト内で不要となったリンクや古いコンテンツは削除することで、404エラーの発生を防ぐことができます。

サーバーやhttp設定のチェックポイント

サーバーの設定ファイルである.htaccessに誤った設定がないかを確認することは、404エラーの原因を特定する上で非常に重要です。さらに、サーバーのログを確認することで、404エラーが発生した原因や詳細な情報を取得することができます。また、正しいhttpヘッダーが返されているかを確認することで、サーバーの設定ミスや不具合を特定することも可能です。

404エラー対策の効果

対策に成功した例

あるウェブサイトは、過去に頻繁にページの更新や構造の変更を行っていました。その結果、多くの404エラーが発生していました。しかし、適切なリダイレクトの設定やカスタム404ページの導入により、訪問者の離脱率を大幅に減少させることができました。また、エラーページに検索ボックスやサイトマップを設置することで、訪問者が求めている情報を簡単に見つけることができるようになりました。これにより、サイトの評価が向上し、検索エンジンのランキングも上昇しました。

マーケティングの視点からの対策の重要性

404エラーは、単なる技術的な問題ではありません。マーケティングの視点から見ると、404エラーはユーザーエクスペリエンスの低下やブランドイメージの損傷を引き起こす可能性があります。そのため、404エラーの対策は、サイトの信頼性や信用性を高めるための重要なステップとなります。適切な対策を行うことで、訪問者の満足度を向上させ、リピート訪問や推薦を促進することができます。

担当者や運営会社が取るべきアクション

404エラーの対策は、サイトの担当者や運営会社が主導して行う必要があります。まず、サイト内のリンクを定期的にチェックし、リンク切れを早急に修正することが重要です。また、サーバーのログを確認し、404エラーが発生しているページの原因を特定することも必要です。さらに、カスタム404ページを作成し、訪問者に対して適切なメッセージを伝えることで、訪問者の不安や疑問を解消することができます。最後に、404エラーの対策は一度行ったら終わりではありません。定期的なチェックと更新を行うことで、サイトの品質を維持し続けることができます。

まとめ

この記事を通じて、404エラーの本質とその影響、そして対策方法について詳しく学びました。一見、404エラーは小さな問題のように思えるかもしれませんが、実際にはWebサイトの運営において大きな影響を持つ要素です。


訪問者がアクセスしようとしたページが存在しない場合、それはサイトの信頼性や評価を低下させる可能性があります。特に、検索エンジンは404エラーが頻発するサイトを低品質とみなし、ランキングを下げることが考えられます。このような背景から、404エラーの対策は避けては通れない課題となっています。

 

・定期的なサイトの監査: 404エラーが発生しているページの特定と早期対応が必要です。
・リダイレクトの適切な設定: URLの変更やページの削除時には、関連するページやホームへのリダイレクトを設定しましょう。
・ユーザーフレンドリーな404ページ: 訪問者に有用な情報やサイトマップへのリンクを提供することで、サイト内での滞在時間を延ばすことができます。
・運営チームの教育: 404エラーの影響と対策の重要性を共有し、全員での取り組みを促進しましょう。
・ツールの活用: 404エラーの特定や対策をサポートするツールを利用して、効率的な運営を目指しましょう。

 

最終的に、サイトの運営は日々の努力の積み重ねが鍵となります。404エラー対策もその一部です。この記事を参考に、サイトの品質向上と訪問者にとっての価値提供を目指してください。

あわせて読みたい
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法

初心者向けホームページ制作の手順と無料ツールの活用法を紹介します。私自身が初めて作成した経験からアドバイスを共有します。難しく感じるかもしれませんが、この記事を参考にすれば誰でも簡単に素敵なホームページが作れます。手を動かして、魅力的なホームページを作りましょう!

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム