ホームページ制作,
【参考】ホームページの制作費用を安く抑える方法とは?
2021/10/11

自社のホームページを制作する際に検討する内容として「ホームページの制作費用」が挙げられます。

しかし、ホームページの制作内容や制作会社によって、ホームページの制作費用は大きな差があるため「相場がわからない」と悩んでしまう企業もあるかもしれません。

そこで本記事では、ホームページ制作に掛かる費用について解説していきます。本記事を参考に、ホームページの制作費用に関して理解を深めていきましょう。

ホームページ制作に掛かる費用とは?

ホームページ制作に掛かる費用とは、ホームページをインターネット上に公開するために必要なレンタルサーバーの契約や独自ドメインを取得する際に掛かる費用などを言います。

また、制作会社に依頼する場合は別途制作費用が必要です。制作会社によって掛かる費用は様々であるため、ホームページを制作する目的を定めておき、目的に合った制作会社に依頼するようにしましょう。

ホームページ制作に掛かる費用の内訳

まず始めに、ホームページ制作を外部委託した際に掛かる費用の内訳について解説していきます。

ディレクション費

ディレクション費とは、ホームページ制作に必要なプロジェクトの進行管理に掛かる費用です。ホームページ制作に関する打ち合わせの管理も含まれます。

一般的にはディレクターと呼ばれるスタッフが担当する業務であり、作業をスムーズに進行するためには欠かせない役割を担っています。

デザイン費

オリジナルのデザイン作成だけでなく、自社のロゴやイラストに掛かる費用もデザイン費に含まれます。デザインを担当するデザイナーによるデザイン費の価格変動は珍しいことではありません。

また、完成後にイメージと異なった場合、作り直しに費用が掛かってしまうため、自社のイメージに合うデザインやレイアウトを検討した後に依頼するようにしましょう。

コンテンツ費

コンテンツ費とは、専門的な知識をもったライターによるセールスライティングやSEO対策などで集客効果を上げるために掛かる費用です。

また、動画コンテンツを追加する場合にもコンテンツ費が掛かります。

コーディング費

コーディング費とは、HTMLやCSS等を用いてコードを書く際に掛かる費用です。ページの長さや作り込みの度合いによって価格が異なります。

自社で制作するとなると、必要な言語を覚える必要があるため、ホームページ制作に時間を掛けられない企業はコーディング費をしっかり掛けると良いでしょう。

システム費

コーディングが完了した後、プログラミング言語を用いてシステムの開発を行う際に掛かる費用です。具体的には「お問い合わせフォーム」や「検索機能」などを追加する工程が該当します。

動的なコンテンツを自社のホームページに追加する場合は、コーディングとは別にシステム費用が掛かることを把握しておきましょう。

SEO対策費

自社のホームページを検索上位に表示させるために、SEO対策についてのコンサルティングを受けると良いでしょう。また、アクセス解析ツールを使用したデータを分析・検証の依頼ができる制作会社もあります。

別途料金が掛かる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

費用別のホームページ制作例

続いて、費用別でどのようなホームページを制作できるか解説していきます。

30万円以内

30万円以内の費用で制作可能なホームページの例は以下が挙げられます。

・シンプルなコーポレートサイト
・単発のライディングページ
・オウンドメディア

この費用でホームページ制作を依頼する際は、依頼者側がホームページに掲載する画像や動画の素材を用意します。

低予算で簡易的なホームページを制作したい方は30万円以内の予算でも良いでしょう。

30∼100万円

30~100万円の費用で制作可能なホームページの例は以下が挙げられます。

・オリジナル性の高いホームページ
・要望に沿ったデザインのホームページ

ホームページのデザインで他者との差別化を図りたい企業は、ホームページの制作費用を30~100万円に設定すると良いでしょう。

また制作会社によっては、簡易的な運用・保守サービスを利用できます。

100~200万円

100~200万円以内の費用で制作可能なホームページの例は以下が挙げられます。

・本格的なコーポレートサイト
・ECサイト
・リクルートサイト

この費用でホームページ制作を依頼する場合、SEO対策やWebマーケティングに基づくデザインの構築などについて、プロのWebコンサルを受けられます。

また、100~200万円の費用を掛けられる場合、制作会社だけでなく広告代理店を経由してホームページ制作の依頼が可能です。

ホームページを戦略的に運用したい企業にはおすすめの費用になります。

200万円以上

200万円以上の費用で制作可能なホームページは以下が挙げられます。

・複数のメディアを使用したコーポレートサイト
・ポータルサイト

この費用をホームページ制作に掛ける場合、TwitterやLINEなどSNSとの連動が可能なので、SNSユーザーを顧客として取り込めます。

また、訴求力の高い文章や動画コンテンツの作成依頼が可能です。

ホームページのコンテンツを充実させたい企業は、200万円以上を掛けてホームページの制作を依頼すると良いでしょう。

ホームページの制作費を安く抑える方法3選

最後に、ホームページの制作費用を安く抑える方法を3つに厳選して解説していきます。

自分で制作する

ホームページを自分で制作すると、費用を安く抑えられます。また、独自ドメインにこだわらなければ、無料のホームページ制作サービスを使用して費用を掛けずにホームページ制作が可能です。

独自ドメインやレンタルサーバーなど別途費用が掛かる際は、必要となる最低限の予算で運営できるプランや容量のものを検討すると良いでしょう。

ページ数を抑える

ホームページ制作を依頼する場合、必要最低限のページ数に抑えると費用を安く抑えられます。

ページ数を抑えるためにホームページ制作の目的を明確化し、自社の目的が必要最低限の工数で達成できるようにホームページを構築すると良いでしょう。

個人事業主に依頼する

個人事業主の場合、ホームページ制作を制作会社に依頼するより低価格で依頼できます。しかし、実績がない個人事業主の場合仕上がりに不安があるため、どこまで対応可能か事前に確認しておきましょう。

まとめ

本記事では、ホームページ制作に掛かる費用について解説しました。

ホームページの制作費用は、ホームページを制作する目的によって大きく異なります。ホームページの制作費用を安く抑えるためには、自社で制作したり、安い価格で引き受けている個人事業主や制作会社に依頼すると良いでしょう。

しかし、自社で制作する場合は制作スキルを身に付けるための時間と労力が必要です。そして、安い価格で引き受けている個人事業主や制作会社はアフターフォローが無い場合があります。

より効率的に効果的なホームページ制作をしたいと考えている企業は、実績があり安心して任せられる外部委託先にホームページ制作を依頼すると良いでしょう。

弊社では以下のような実績があります。

・年間5000サイト、2000アプリ以上の制作
・コロナ禍の中で5000社以上のIT相談を実施

ホームページ制作にお悩みの方は、是非ともお気軽にご相談ください。

あわせて読みたい
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法

初心者向けホームページ制作の手順と無料ツールの活用法を紹介します。私自身が初めて作成した経験からアドバイスを共有します。難しく感じるかもしれませんが、この記事を参考にすれば誰でも簡単に素敵なホームページが作れます。手を動かして、魅力的なホームページを作りましょう!

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム