ホームページ制作,

【覚えておこう!】ホームページ制作に欠かせない事前準備とは?

「自社のホームページを制作したいけど、事前準備に何が必要なのかわからない」と思っていませんか?

ホームページ制作には多くの事前準備が必要となります。効率良くクオリティの高いホームページ制作を進めていくためには、しっかりとした事前準備が欠かせません。

そこで本記事では、ホームページ制作の事前準備として、ワイヤーフレーム、提供素材の準備、システムについて解説していきます。ホームページを制作するにあたって必要となる事前準備について、本記事を参考に理解を深めていきましょう。

ホームページを制作するにあたっての事前準備:ワイヤーフレーム

ホームページを制作するにあたっての事前準備:ワイヤーフレーム

ワイヤーフレームとは、ワイヤー(線)とフレーム(骨組み)で構成されるデザイン案の下書きです。ホームページ制作を進めていく中でワイヤーフレームの作成は欠かせません。

ホームページ制作におけるワイヤーフレームの作成について、重要となる5つのポイントを解説していきます。

どのような目的のホームページなのか

ホームページの目的を明確にしておくことは非常に重要です。目的次第では、ホームページ制作における取り組みや方針、そしてワイヤーフレームの構成は大きく異なります。

ホームページ制作を外部へ委託する場合、依頼者側と制作者側がホームページのコンセプトを共通理解しておく必要があります。的確なワイヤーフレームを制作するためにも、ホームページの目的は明確にしておきましょう。

ターゲットはどこに向いているのか

ホームページのターゲット層を定める必要があります。ターゲット層の年齢や性別により、ホームページ制作におけるデザインのレイアウトは異なるでしょう。ターゲット層を絞ることでワイヤーフレームの制作はよりスムーズに行うことができます。

予算はどれくらいあるのか

ホームページ制作に組まれている予算額によって、ワイヤーフレームの内容に大きな差が生じます。

低価格でホームページ制作の予算を組んでいる場合、ホームページ制作会社のテンプレート内からデザインや文章を選択することになります。ワイヤーフレームの作成にあたり、デザインに制限が発生してしまうため、他社のホームページとの差別化は難しいでしょう。

しっかりと予算を組むことで依頼者側の要望に沿った、クオリティの高いホームページを作成することができます。

目標数値をどれくらいに定めているのか

ホームページを制作するにあたり、目的を達成するために目標数値を設定します。目標数値を設定しておくことで、目標達成への進捗確認を行うことができます。

目的を達成するための目標数値を具体的に設定することは、ワイヤーフレームの作成にも大きな役割があります。ユーザーの直帰率を高めないためにもしっかりと導線を考慮する必要があるでしょう。

どうやって集客をしていくのか

ホームページでの集客の方法について検討することは欠かせません。集客をするためにはユーザーにとって魅力的なホームページである必要があります。

集客できるホームページの特徴として、ホームページの目的やターゲットの設定、自社の商品やサービスの訴求ポイントが明確であったり、ユーザーファーストでコンテンツが作成されていたりします。集客を成功させるためにも、しっかりと重要視すべきポイントを押さえておく必要があるでしょう。

ホームページを制作するにあたっての事前準備:提供素材の準備

ホームページを制作するにあたっての事前準備:提供素材の準備

続いて、ホームページ制作にあたって細かい中身となる提供素材について解説していきます。

記載する文章の用意

ホームページに記載する文章の用意が必要です。ホームページ制作会社によっては依頼者側が予め用意されているテンプレートを選び、それを元に制作者側がホームページの制作を進めます。しかしテンプレートを活用する場合、ホームページのコンセプトにズレが生じたり、クオリティが低くなってしまう可能性があるでしょう。

ホームページに記載する文章は、いかにユーザーを誘導し、訴求できるかといったポイントをしっかりと押さえる必要があります。

イメージするデザイン案

ホームページのデザインをイメージする必要があります。外部へ委託する場合、しっかりとイメージ案を固めていないと結果としてイメージとは全く違うホームページが完成してしまうでしょう。

また、意図のないデザイン案のままホームページを完成させてしまうと、ホームページに訪れたユーザーは困惑してしまい、結果としてすぐに離脱されてしまいます。

ホームページを制作するにあたってクオリティの高いデザイン案を事前に準備する必要があるでしょう。

掲載する画像・動画の用意

ホームページに掲載する画像・動画の事前準備が必要です。自社の商品やサービスを紹介する際、文章だけでなく視覚的に訴えることでユーザーの購買意欲を高める効果があるとされています。

より魅力的に自社の商品やサービスを伝えるために、画像・動画の配置や大きさなどの掲載方法についてしっかりとイメージしておくべきでしょう。

お客様の声、実績などはあるのか

自社の商品やサービスに対するお客様の声や実績がある場合は、しっかりと準備しておきましょう。実際の評価や目に見える実績は、自社の商品やサービスに対する信頼度や信憑性を高めます。

しかし、場合によってはお客様の声や実績をあえて掲載しないこともあるでしょう。自社のホームページのコンセプトをしっかりと把握し、検討する必要があります。

SNSとの連携は考えているのか

SNSとの連携を考えている場合、ホームページに掲載すべき事項が増えます。SNSとの連携を試みている場合、ホームページのコンテンツだけでなく、連携するSNSの中身をしっかり構築する必要があるでしょう。

ホームページを制作するにあたっての事前準備:システム

ホームページを制作するにあたっての事前準備:システム

最後に、ホームページ制作には必要不可欠なシステムについて解説していきます。

独自ドメインの取得

ホームページの開設には独自ドメインの取得が必須です。ドメインの取得は早い者勝ちなので、取得可能なドメインを調べる必要があります。独自ドメインは自由に決められますが、サイトのコンテンツや、企業を連想させるドメイン名にすることが一般的です。

ドメイン取得の方法としては、レンタルサーバー会社でレンタルサーバー契約時にドメインを取得するか、ドメイン専門会社で取得するかの2択です。レンタルサーバー会社で取得する方が、ドメイン専門会社で取得するよりも費用が高くなることが多いです。

しかしレンタルサーバー会社では、設定全般を行ってくれる場合があります。ドメイン専門会社では、ユーザーの情報を公開しないといったサービスもあるため、ドメインを取得する際は、自社の条件に合った会社を選ぶと良いでしょう。

レンタルサーバーの契約

ホームページを多くの人に見てもらうために、より品質の良いレンタルサーバーを契約する必要があります。

サーバーによっては性能や安定性が大きく異なるため、慎重にサーバー選びをする必要があります。万が一サーバーに不具合が発生した場合でもしっかりとしたサポートやバックアップなどの対策をしているサーバーを選ぶことで、安心してホームページ制作を進めることができるでしょう。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)の活用

CMSをホームページ制作に導入することで、制作者側に専門知識がなくてもホームページの更新や追加が可能になります。また、マルチデバイスへの対応も容易に行うことができます。

継続してより高品質なホームページを保つためにはCMSの導入を検討すべきでしょう。

SEO対策・SEMへの対応

より多くのユーザーにホームページを閲覧してもらうためにSEO対策・SEMへの対応は欠かせません。しかし、専門的な知識や確かな実績を元に攻略を練る必要があるため、自社で検討しながら進めるより、ホームページ制作会社に委託した方がスムーズに進めることができるでしょう。

セキュリティ対応

ホームページの制作にあたり、セキュリティ対策が必要です。ホームページを構成する上で脆弱性が一つでもあれば、その脆弱性を狙った悪意ある第三者によって、サイバー攻撃が行われる可能性があります。

トラブルを事前に防ぐために、ホームページ上に不要な掲載や登録を確認していないか、適切なアクセス制限はできているかなど、数多くのセキュリティ対策を心掛けましょう。

制作・運営コンサルティングの有無

ホームページ制作を外部へ委託する場合、コンサルティングの有無を確認しておきましょう。専門的な知識をもつホームページ制作会社からのコンサルティングは、自社のホームページを構築していく上で大きな成果へと導く要因となるでしょう。

また、ホームページ掲載後もコンサルティングを受けることで、より質の高いホームページを持続して掲載することができます。外部へ委託する場合は、コンサルティングの有無を必ず確認しておきましょう。

まとめ

まとめ

本記事では、ホームページ制作の事前準備としてワイヤーフレーム、提供素材の準備、システムについて解説しました。結果としてホームページ制作には多くの事前準備が必要であることがわかりました。

これらの工程を自社のみで行うことは非常に多くの労力と時間が必要となるでしょう。また、多くの労力をかけたとしても、結果としてクオリティの高いホームページが完成する保証はありません。

ホームページ制作を外部へ委託した場合、自社の負担が減り、高いクオリティが保証されます。効率よくホームページ制作を行うには、外部へ委託した方が良いでしょう。

弊社では以下のような実績があります。

・年間5000サイト、2000アプリ以上の制作
・コロナ禍の中で5000社以上のIT相談を実施

ホームページ制作にお悩みの方は、是非ともお気軽にご相談ください。

NEW
ARCHIVE