ホームページ制作,

ホームページ制作をWeb制作会社に依頼すべき理由

迷った時は「人に聞く」前に「SNSで検索する」この時代に、企業や個人事業主にとって欠かせないのは「ホームページ」の存在です。

企業や個人事業主が独自のホームページを所有することにより、自ら宣伝をしなくても顧客が知りたいと思ったタイミングで情報を発信したり、自社の社会的な認知度をあげたり、新しい商品やサービスなどを紹介したりすることができます。

そこで本記事では、企業や個人事業主が「ホームページを作って欲しい」と考えた時、どこに依頼するべきか、そしてホームページを制作する理由について解説していきます。様々な依頼先がある中で、あなたに適した依頼先について検討しながら、ホームページ作成についての理解を深めていきましょう。

ホームページを作って欲しい場合の依頼先

まずは、ホームページを制作する際の依頼先について解説していきます。

友人に依頼

誰でも簡単にホームページを制作することができるサービスがSNS上にはたくさんあります。身近な人に依頼をする場合、ホームページの制作を専門としているWeb制作会社と比較し、費用やコミュニケーションコストは必要ありません。

しかし一方で、独自ドメインを利用する、サーバーをレンタルする、CMSを利用するなどといった条件が増える場合、結果的に莫大なコストが掛かってしまうことになるでしょう。

SNSで募集

SNS上で募集を掛ける場合、ホームページ制作者側から応募がくるため、デザイナーやホームページのモデル探しに時間を充てる必要がありません。また、予算に関しても話し合いをしていく中でお互いが納得できる予算を設定することができます。

しかし、依頼前に担当できる業務の範囲を確認しておかなければ、個人の裁量によってはホームページに欲しい機能を付けるためのスキルが足りず、イメージと違うホームページができあがってしまう可能性もあります。

個人に依頼する場合は、自分たちの予算や求めるものをよく確認したうえで、条件がマッチするホームページ制作者を選ぶように心掛けましょう。

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトでは、在宅ワーカーや副業のホームページ制作者に多くの費用を掛けることなく、依頼が完了します。また、理想のホームページを制作しているフリーランスのホームページ制作者を見つけたら、直接依頼をすることができます。

クラウドソーシングサイトでは、ホームページ制作の全てを依頼するのではなく、ロゴ制作やデザイン案を挙げてもらうなど、部分的な単発の依頼も可能です。

企業ではないため、制作者に対する固定費がかからず、同じ仕事量をWeb制作会社に頼むよりも費用を抑えることができるでしょう。また、いつも同じ人に対応してもらえる場合、話がスムーズで品質が一定しているという安心感があります。

一方でクラウドソーシングサイトの登録者の多くはフリーランスや副業といった個人であるため、信頼関係を構築するまでに時間が掛かり、コミュニケーションコストは結果的に掛かってしまうことになるでしょう。

「ココナラ」などスキル販売プラットフォーム

スキル販売プラットフォームでは、ホームページ制作者の実績や受注歴を確認することができ、ホームページ制作のプロが多数登録しているため、初めてで不安な方でも安心して依頼することができます。また、価格やデザイン案など予め提示されているため、理想の価格で理想のホームページ制作を進めていくことができるでしょう。

Web制作会社

Web制作会社は社会的な信用があることから個人のホームページ制作者に比べて安心して依頼することができます。

またWeb制作会社の場合、予算や規模が大きな制作依頼でも問題ありません。そして、多数の制作実績があるWeb制作会社の場合、経験値やノウハウに基づいた助言をもらうことができるでしょう。

ホームページ作成はWeb制作会社に依頼すべき

依頼先に対する信用度や安心感を含め、最終的にかかってくるコストパフォーマンスやその後の質を継続的に担保できるかといった観点から、企業や個人事業主がホームページ制作を進めていくためには、Web制作会社に依頼するべきでしょう。

ホームページを制作する理由

ここからは、企業や個人事業主がホームページを制作する理由について解説していきます。

購買意欲の促進

広告チラシなどの紙媒体とは異なり、Web媒体で企業や個人事業主が顧客に届けたい情報を的確に発信することで、顧客は商品やサービスに関する詳細な情報を得ることができます。

また、顧客がホームページ上で必要としている情報を検索し、商品やサービスを能動的に発見することで「自分で得た情報」という付加価値が付き、購買意欲が無意識のうちに促進されるでしょう。

会社の顔としての存在

企業や個人事業主にとって自社ホームページは、インターネット上の顔と言っても過言ではありません。顧客はホームページに掲載されている情報を汲み取った上で、商品やサービスについて理解します。

一方で辻褄が合わない情報や、大袈裟な表記をしていると不信感を抱かれてしまうのでホームページ制作には細かな配慮と注意が必要です。

信憑性、権威性の向上

Web上で自社の信憑性や権威性を向上させるためには、まずは顧客が情報を判断できる状況が必要となります。

商品やサービスを探している顧客は欲しい情報が掲載されているホームページを検索します。そこでホームページに魅力を感じ、心が揺れ動く情報を得た場合、口コミやレビューとして情報やサービスを拡散するでしょう。この流れにより企業や個人事業主としての信憑性や権威性だけでなく、商品やサービスの人気も向上させることになります。

質の高いホームページを制作することは浸透性、権威性の向上に繋がります。

会社のブランディングの役割

ブランディングとは、市場におけるニーズを知り自社の強み・ポジションを明確化することです。ホームページを制作し、商品やサービスのイメージを顧客やターゲット市場に愛着させ、浸透させることがブランディングの目的になります。

自社のホームページを立ち上げることにより、ブログでのコンテンツマーケティングやSNSの運用、広告、アフィリエイトといった施策を通じて顧客に接してもらうことで、ブランディングを行うことも可能です。

ブランディングを展開する上で「誰に何を伝えるのか」をあらかじめ明確にしておくことが重要です。ターゲット市場とポジショニングを見直した上で、自社のブランドを再定義しておくと良いでしょう。

ブランディング向上のために、認知力を高めることを意識して、ホームページのコンテンツを見直しながら改善していくことで、結果としてブランディング効果だけでなく、売上高向上にも繋がるでしょう。

まとめ

本記事ではホームページを作って欲しい場合の依頼先、ホームページを制作する理由について解説しました。結果として、顧客のニーズに合わせたホームページを制作するためにWeb制作会社と共に進めていくことがポイントとなることがわかりました。

ホームページを制作する上で大切なことは、顧客が知りたい情報を得られるように視覚的にわかりやすく伝え、スムーズに商品やサービスに予約や申し込みが結びつくよう導線を整えることです。

ホームページを完成させて終了ではなく、随時必要な情報を追加してより良いホームページ制作をするために、専門的な知識と実績をもつWeb制作会社に依頼するのが無難でしょう。

弊社ではホームページ制作において以下の実績があります。

・年間5000サイト、2000アプリ以上の制作
・コロナ禍の中で5000社以上のIT相談を実施

ホームページ制作にお悩みがあれば、是非ともお気軽にご相談ください。

NEW
ARCHIVE