ホームページ制作,
ホームページ制作の方法
2021/06/29

「ホームページを制作したいけど、どうすればいいのか分からない。」このようなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。ホームページ制作には、プログラミングなどの専門的な知識が必要になるので、制作のハードルは非常に高いです。

しかし、近年ではホームページにおけるプログラミングなどの専門的な知識がない方でも、簡単にホームページ制作が出来る方法がたくさんあります。WordPressなどのCMS、NoCodeなどを活用すれば、直感的な操作でも簡単にホームページを制作可能です。

そこで本記事では、ホームページ制作の方法について解説します。クオリティやカスタマイズ性に差は出ますが、企業向けのホームページなどであれば違和感のないホームページを初心者でも簡単に制作可能です。本記事を参考に、自社のホームページを制作してみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作のおおまかな手順・方法

ホームページを作成するためには、いくつか準備しておくものがあります。そこで、ホームページを作成する前の準備や手順などについてご紹介します。ホームページ作成までの大まかな手順は以下の通り

・レンタルサーバーの契約
・独自ドメインの取得
・デザイン・レイアウトを決める
・記載する文章を決める
・ホームページの作成

上記のような手順が必要になってきます。上記手順について、1つずつ深堀していきます。

レンタルサーバーの契約

サーバーとは、インターネット上の土地の役割を果たします。土地を購入する必要はないので、広い土地の一画を間借りするという意味でレンタルサーバーと呼ばれています。レンタルサーバーを選ぶ際のポイントは以下の4つ。

1.価格
2.機能
3.セキュリティ
4.常時SSL化が無料かどうか

これらの項目に注意して、目的に沿ったサーバーをレンタルしましょう。

独自ドメインの取得

ドメインとは、「http://〜」や「https://〜」などで始まるURLの中に含まれている「~.jp」や「~.com」、「~.net」などの部分のことを指します。このドメインが、インターネット上での住所の役割を果たします。

ドメインには、「独自ドメイン」と「サブドメイン」の2つが存在します。基本的には、独自ドメインを取得してホームページの制作を進めていく方が良いとされています。サブドメインは、提供元の企業名がドメイン内に盛り込まれているため、自社のブランディング効果が弱くなってしまいます。

・独自ドメイン:https://~~~.jp
・サブドメイン:https://〜~~.yahoo.jp

このように提供元の名前が入ってしまうと悪目立ちしてしまい、自社ブランディングの妨げになってしまいます。結果として、独自ドメインを取得してホームページを制作する方がSEO的にも効果が高いと言われています。

独自ドメインの取得方法は難しくありません。レンタルサーバー契約時に独自ドメインを1つプレゼントしてもらえることもあります。個別で取得する場合は、「お名前ドットコム」や「ムームードメイン」といったドメイン販売サイトで購入するだけとなっています。

デザイン・レイアウトを決める

ホームページを制作するにあたって、どのようなデザインにするのか、どのような配置でレイアウトを決めるのかも重要になってきます。企業のイメージもあるので、トンマナ(トーン&マナー)に適したデザイン・レイアウトに仕上げる必要があります。

記載する文章を決める

ホームページを制作するための準備として、最後は記載する文章を決めることです。ホームページ内には、会社概要や事業理念などのページが必要になるため、事前にWordやGoogleドキュメントにまとめておくと便利です。

この文章も難しく、長すぎても読みづらいし短すぎると内容が伝わらない、という事態に陥りがちです。このホームページのライティングもプロのライターさんに外注している企業も珍しくありません。

ホームページ制作の方法

ホームページ制作の大まかな手順を説明したところで、ここからは具体的にどのようにホームページを制作していくのかについて解説していきます。ホームページ制作には冒頭でも説明した通り、初心者でも簡単に出来るものもあるので、そちらについても詳しく解説します。

WordPress、NoCodeを利用してホームページを制作する

WordPressは、CMS(コンテンツマネジメントシステム)と呼ばれるシステムで、HTMLやCSSなどの専門的な知識が無くてもホームページを制作出来るシステムです。また、世界のWebサイトの41%はWordPressと言われるほどの高いシェア率を誇っているので安心です。

また、WordPressはカスタマイズ性も高く、CSSなどの知識があれば、より自由にカスタマイズが可能です。

そんな専門的な知識を一切必要とせず、直感的な操作のみでホームページを制作したい方には、NoCodeがおすすめです。素材をドラッグ&ドロップでホームページが完成するので、まさに「誰でも簡単」という言葉が当てはまります。

HTML、CSSでホームページを制作する

HTML、CSSを用いる方法は、従来のホームページ制作の流れです。HTML・CSSといわれる言語を記述してホームページを作成する方法となっており、こちらに関しては専門的な知識プログラミングの知識が必要になってきます。

HTMLとは(Hyper Text Markup Language)の略です。Webページの構造を定義する言語です。CSSとは、(Cascading Style Sheets)の略で、Webページのスタイル(見た目)を指定する言語です。先ほどのHTMLと一緒に使います。
 

<html>のような『タグ』と言われるかたまりを使って文章や画像を加えたり、リンクを貼ることができます。

初心者におすすめのホームページ制作方法はWordPress

結論から申し上げると、初心者の方はWordPressを利用してホームページを制作することをおすすめします。WordPressでは、直感的な操作だけで簡単にホームページを作成可能です。また、HTMLやCSSなどを記述出来るため、高いカスタマイズ性も持ち合わせています。

WordPressには「テーマ」と呼ばれるデザインテンプレートが存在しております。テーマには有料、無料のものがありテーマをWordPressに読み込ませることで、完成済みのデザインが反映されるため、画像や文章を差し替えるだけで簡単に整ったホームページが完成します。

今後、ホームページ内にコラムやブログなどを定期的に更新していくことを考えても、WordPressであればSEO対策にも強くなりますし、WordPressというソフト自体に費用は発生しないということもあり、初心者の方にはWordPressをおすすめします。

まとめ

本記事では、ホームページ制作の方法や、制作までの手順や流れについて解説しました。結果として、プログラミングなどの専門的な知識を持ち合わせていない方は、WordPressを利用してホームページ制作を進めることをおすすめします。

当然、今後プログラミングなどの専門的な知識も理解していきたいという場合には、HTMLやCSSを勉強してホームページを作成することを推奨します。簡単かつそれなりのクオリティを求める方はWordPress、というように状況に応じて使い分けてみてください。

しかし、直感的な操作で簡単にホームページを制作可能なWordPressであってもパソコンなどの知識は少なからず必要になってくるため、根本的にデジタル機器が苦手という方にとっては難易度が高いかもしれません。

そこで、弊社でもホームページ制作依頼を受け付けております。

・年間5000サイト、2000アプリ以上の制作
・コロナ禍の中で5000社以上のIT相談を実施

このような豊富な実績をもとに、ご要望に沿ったホームページを作成します。自力でのホームページ作成に限界を感じられた方は、是非ともお気軽にご相談ください。

あわせて読みたい
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法

初心者向けホームページ制作の手順と無料ツールの活用法を紹介します。私自身が初めて作成した経験からアドバイスを共有します。難しく感じるかもしれませんが、この記事を参考にすれば誰でも簡単に素敵なホームページが作れます。手を動かして、魅力的なホームページを作りましょう!

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム