ホームページ制作,
ホームページ制作、製造業向けのポイント・注意点
2021/06/24

企業相手に商品を販売するいわゆる「BtoB」をビジネスモデルとしている製造業では、
「ホームページ」の存在が軽視されがちです。


「決まった相手に決まった商品を売るだけだから」と思っているかもしれませんが、
ちゃんとしたホームページを作ることが製造業の抱える問題の解決にも繋がります。


ではBtoBをビジネスモデルとする製造業向けに、ホームページを作る意義と
ホームページ制作のポイントなどについて詳しく見ていきましょう。

製造業にホームページが必要な理由

個人の一般消費者ではなく企業を相手に商売する製造業にホームページが
必要な理由はいくつかありますが、第一に「企業としての信用」が挙げられます。


誰でも簡単にホームページが作れるようになった現在では、
個人商店でもホームページを作って運用していることは珍しくありません。


にも関わらず、いくら企業相手のビジネスモデルだからと言って、製造業者が
ホームページの1つも持っていないとなると企業としての信用に関わってしまいます。


初めての相手から仕事を依頼された場合、
 ・業種は何か
 ・どういった考え方を持っているのか
などといったある程度の情報が無いことには、
相手企業を信用して仕事を受注することはできないですよね。


仕事を発注する側も同じで、製造業者がどういった製品を作っていて、
企業としてどういう理念があるのかなどを知りたいんです。


ちゃんとしたホームページがあると、業種や得意分野、企業としての理念などが
ホームページで確認でき、信用して仕事を発注できる相手かどうかの判断材料にも
なるわけです。

作った人の顔が見える安心感

製造業者がホームページを作ると、
顧客に対して製品の安全性や安心感をアピールすることができます。


スーパーの野菜売り場に行くと、
その野菜を作った農家さんの顔写真が貼ってあるのを見かけますよね。


これはスーパー側は生産者を見せることでその野菜が安全安心であることが
アピールできますし、客側も安心してその野菜を買うことができます。


それと同じように、製造業者のホームページに製造過程の写真や動画を載せることで、
顧客に対して製品の安全性や安心感をアピールすることができるわけです。


製造業者の顧客となる企業も一般消費者と同様に、
製品が安全安心に使えるかに関しては敏感です。


絶大な効果はないかもしれませんが、
ホームページのアピール効果は決して小さくありませんよ。

新規顧客の獲得に繋がる

製造業にホームページが必要な理由の2つ目は、
「新規顧客の獲得に繋がる」ということです。


単純にホームページに電話番号やメールアドレスといった問い合わせ先が
載っているだけでも、仕事を依頼する側としてはコンタクトが取りやすくなります。


また「技術大国ニッポン」は昔の話で、
日本の製造業は世界から取り残されつつあると一般的には思われていたりします。


製造業全体で見るとそうかもしれませんが、
ミクロの視点で見るとまだまだ日本の技術は世界的に高い水準を誇っています。


ただ世界的な技術を持っている職人さんほど、自分の技術をひけらかすことを
良しとせず、特定の相手としか仕事をしない傾向が強いんですよね。


しかし世界的な技術を持った製造業者がホームページを作ることで、
日本国内はもちろん世界の新規顧客を開拓することができます。


新しい技術や文化と触れ合うことで、今持っている技術をさらに高めることができますし、
新たな分野への進出にも繋がるかもしれませんよ。

すでに取引がある顧客に対してもプラスの効果がある

製造業者がホームページを持っていると、
現在取引している顧客に対してもプラスの効果が見込めます。


例えば新しい設備を導入したり新しい製品を開発したことをホームページに掲載すると、
それを見た顧客が発注量の増加や新しい製品の購入を検討するきっかけになります。


すでに取引のある顧客は、何か用事がない限りは、
なかなか製造業者の元に足を運んでくれなかったりするんですよね。


ホームページが無いと新しい設備導入や新商品開発を既存顧客にアピールする場も
少なく、受注量増加や新しい仕事の受注に繋がりません。


製造業のホームページ制作は、新規顧客の獲得や後述する人材確保だけでなく、
既存顧客との繋がりを深めるのにも役立ちますよ。

新しい人材の確保

製造業に限らず、
企業がホームページを持つことは新しい人材の確保にも大きな効果が期待できます。


景気が上向きで就職戦線も売り手市場になりつつあるとは言え、
製造業者の大半を占める中小企業はまだまだ後継者不足に頭を悩ませており、
新しい人材の確保は喫緊の課題となっています。


求人サイトや就職サイトに情報を掲載しても、高額な費用を払って大々的に情報を
掲載する大企業・有名企業に埋もれて、優秀な人材の確保にはなかなか繋がりません。


しかしホームページがあれば、ホームページに求人情報を掲載することもできますし、
求人の募集自体もホームページでできます。


またホームページを見て製造業に興味を持ち、
求人に募集してくる人が増えるかもしれません。


ホームページを上手に活用することで、新しい人材が確保できて、
後継者不足という喫緊の課題解決にも繋がる可能性があるんですね。

製造業向けのホームページ制作のポイント

製造業にホームページは必要ですが、「何でも良いから」といった感じでホームページを
作ったのでは、先に紹介したような効果はほとんど期待できません。


先に紹介したような効果をホームページに期待するのであれば、
 ・分かりやすさ
 ・訴求力のあるコンテンツ
 ・多デバイス対応
などのポイントを押さえたホームページ制作が必要となります。

見ている人に分かりやすいホームページ制作

これは特に製造業向けというではなく全業種に当てはまることですが、
見ている人に分かりやすいホームページ制作がもっとも重要です。


ホームページの企業や製品の紹介で専門用語がたくさん並んでいると、
専門知識を持たない人には何が何やらサッパリ分かりません。


また中小の製造業者が作る製品は、
一般の人がよく目にする機器などに使われている一部品だったりします。


なのに、製品の写真だけ掲載されていて詳しい説明が無ければ、その製品が
何に使われているのかも分からず、見ている人は興味がそそられないんですね。


例えば少し前に流行ったハンドスピナーやハイパーヨーヨーといったおもちゃには、
精巧なボールベアリングが使われています。


ホームページで「自社のボールベアリングがハンドスピナーに使われている」と
説明するだけでも、見ている人は製造業に対して親近感を覚えてくれます。


分かりやすいホームページ制作を心掛けることで、
見ている人に親近感や興味を与えることができるわけです。

写真のチカラを利用したコンテンツ作り

製造業向けのホームページ制作で訴求力のあるコンテンツを作るには、
写真のチカラを利用しましょう。


製造業者の作る製品の多くは、
一般的によく目にする機器などの一部品である場合がほとんどです。


そのため「○○という機器に使われている△△という部品」と文字で説明されても、
専門的な知識を持たない人はピンと来ません。


なので実際の製品の写真を掲載して、何の機器のどこに使われていて、
どういった役割を担っているのかという説明文を添えることで一般の人にも
分かりやすくなります。


また製造業者が作る製品の中には、面白い形をしているものや
高級感を漂わせるようなフォルムをしているものがあったりします。


それをホームページに写真を使って見せることで、
本来の役割とは違った製品の魅力もアピールできるんですね。


そういった本来の役割とは違った部分から製品に興味を持ち、
さらに製造業への興味に繋がることもありますよ。

ホームページに掲載する写真はプロに撮影してもらう

製造業向けのホームページ制作では写真のチカラを利用することがポイントなので、
ホームページ制作する写真はできればプロのカメラマンに撮影してもらいましょう。


写真のチカラは思っているよりも強くて、写りの良くない写真をホームページに
掲載するとかえってマイナスの効果が出てしまう恐れがあります。


現在はスマホでも高画質な写真が簡単に撮影できますが、プロのカメラマンでないと
製造業や製品を魅力的に見せる写真を撮影することは難しんですね。


人やモノは光の当て方1つで見え方が大きく変わりますから、
ライティングの効果を熟知しているプロのカメラマンに撮影してもらうのがベターです。

スマホやタブレットでも見られるホームページを作る

これも製造業向けのホームページ制作に限ったことではありませんが、
スマホやタブレットでも見られるホームページを作ることが重要ですよ。


2010年頃までであれば、
特にBtoB企業のホームページはパソコンだけで見られれば十分でした。


しかしスマホやタブレットといったネットデバイスが増えた現在では、
パソコン以外のデバイスでも見られるホームページ制作が求められています。


実際に若い人を中心にネットはパソコンよりもスマホやタブレットで使う機会の方が
多くなっており、スマホやタブレットで見られないホームページは無いのも同然と
言っても良いぐらいなんです。


新しい人材を確保するため、若い人が製造業に興味を持つにはスマホやタブレットに
対応したホームページ制作は必須ですよ。

ホームページ制作はホームページ制作会社に依頼すべき

製造業向けのホームページを作るのであれば、自作するのではなく、
ホームページ制作会社に依頼するのがおすすめです。


一昔前だとホームページを自作することは考えられませんでしたが、
現在はWordPressなどノーコードツールの登場によって誰でも簡単にホームページが
作れるようになっています。


実際に個人事業主や規模の小さい事業者の中には、
ノーコードツールでホームページが自作しているところも少なからずあります。


ノーコードツールを使ってホームページを自作すれば、制作費用が安くて済みますし、
公開後の運用にもほとんど費用がかかりません。


なのでコスト面を考えると自作もアリなんですが、
先に紹介したような効果を持つホームページを自作するのはかなり大変です。


専門的な知識が無いと、製造業にマッチしたホームページのデザインやレイアウトが
どういったものなのか分かりません。


また簡単に作れると言っても、仕事の傍らの制作作業ではホームページが
完成するまで数週間、数か月かかることも十分に考えられます。


時間がかかる割にそれほどクオリティの高いホームページが作れるわけではないので、
企業のホームページを自作することはおすすめできないわけです。


その点ホームページ制作会社であれば、
製造業向けのホームページ制作に関する知識と経験、スキルを持っています。


なので、ある程度費用と時間はかかるものの、
先に紹介したような効果が十分に期待できるホームページを作ってもらえるんですね。


「餅は餅屋」という言葉があるように、
ホームページ制作はプロであるホームページ制作会社にお願いしましょう。

ホームページ制作にかかる費用

製造業向けのホームページ制作にかかる費用は、
ホームページ制作会社によってまちまちです。


10万円以下の格安料金で作ってくれるところもあれば、
色んなオプションが付いて100万円以上の費用がかかるケースもあります。


もちろん予算に合わせてホームページ制作会社を選ぶのが良いんですが、
どちらかと言うと高価格帯の方がおすすめですね。


格安料金のホームページ制作会社は、
WordPressなどのノーコードツールを使ってホームページを作ることが多いです。


そのためホームページのクオリティもそれなりですし、
セキュリティやSEO対策などが不十分だったりするんですよね。


またホームページが完成したら終わりで、
公開後の運用はクライアント任せといったことも少なくありません。


その点100万円を超える高価格帯のホームページ制作会社だと、デザインやレイアウト、
その他のシステムも1から作ってくれます。


なので完全オリジナルでクオリティの高いホームページとなり、セキュリティや
SEO対策などもしっかりしていますし、公開後のサポートも受けられるんですね。


ホームページ制作に100万円以上の費用をかけるのは簡単じゃありませんが、
費用以上の効果が期待できますよ。

まとめ

製造業向けのホームページ制作について、
ホームページの必要性や制作のポイントなどについて詳しく見ていきました。


現在はどんな業種でもホームページが必要な時代であり、
ホームページが新たなビジネスチャンスや人材確保の窓口となります。


実際にホームページで事業や製品をアピールすることで、大きなビジネスに繋がった
という例もありますから、これを機に積極的にホームページ制作を検討してみてください。

あわせて読みたい
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法

初心者向けホームページ制作の手順と無料ツールの活用法を紹介します。私自身が初めて作成した経験からアドバイスを共有します。難しく感じるかもしれませんが、この記事を参考にすれば誰でも簡単に素敵なホームページが作れます。手を動かして、魅力的なホームページを作りましょう!

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム