ホームページ制作,
ホームページ制作でSEO対策はどうする?
2021/06/09

知名度や集客のアップを目的としたホームページ制作では、
「SEO対策」が重要なポイントとなります。


しっかりとSEO対策を施しておかないと、ホームページのアクセス数が伸びず、
知名度や集客のアップに繋がりません。


ただホームページにSEO対策を施すといっても、
どういったことをすれば良いかよく分からないですよね。


そこで、そもそもSEO対策とは何なのか、ホームページ制作の際に
どういったSEO対策をすれば良いのかなどを詳しく見てみましょう。

SEO対策って何のこと?

ホームページ制作においてSEO対策は重要なポイントの1つですが、
実際にホームページを作ったことが無いとそもそもSEO対策が何なのか分からない
ということもあるかもしれません。


SEO対策は簡単に言うと、Googleなどで関連ワードが検索された時に
作ったホームページを検索結果の上位に表示させるための対策のことです。


例えばネットで気になることを検索した場合、
大抵は検索結果の1ページ目に表示されるサイトにアクセスしますよね。


検索結果の2ページ目3ページ目まで見ることはほとんどないですし、場合によっては
1ページ目の最初の2つ3つしか見ないといったことも少なくありません。


そう考えると、作ったホームページのアクセス数を増やして知名度や集客のアップに
繋げるには、検索結果の上位に表示されることが必要となります。


検索結果の上位に表示されるようにするには、ホームページ制作の際にしっかりと
SEO対策を施しておかないといけないってわけなんですね。

SEO対策のポイント

ホームページのSEO対策が知名度や集客のアップに重要な役割を果たすとして、
実際ホームページにSEO対策を施すにはどうすれば良いのか分からないですよね。


ホームページ制作の際のSEO対策のポイントとしては
 ・キーワードの選定
 ・キーワードをホームページ内に仕込む
 ・Googleが推奨する設定に従う
 ・ページ数を増やす
 ・コンテンツの内容を充実させる

などが挙げられます。


一口にSEO対策と言ってもやるべきことが多く、
ホームページ制作初心者にはかなりハードルの高い作業も少なくありません。


また初心者だと何が正しいSEO対策なのかも分からなかったりしますから、
SEO対策を施したつもりが全然効果が無い、あるいは逆効果になってしまう恐れも
あります。


なので、ホームページに効果的なSEO対策を施すのであれば、
ホームページ制作会社など専門家に相談するのがベターですよ。

キーワードの選定

ホームページ制作におけるSEO対策の重要なポイントの1つが
「キーワードの選定」です。


ホームページの内容に関連したワードで、
なおかつGoogleなどでよく検索されそうなワードを選ぶ必要があります。


例えばネイルサロンのホームページを作る場合、
メインとなるキーワードはもちろん「ネイルサロン」です。


でもネイルサロンがキーワードのホームページはすでにたくさんありますから、
これから新規参入しても上位に表示されるのは難しいです。


そこでお店がある地域名であったり、
ターゲットとなる客層を第2キーワードとして設定します。


お店が駅の近くにあるなら「池袋駅西口」などといったように具体的な駅名を
第2キーワードにすることで、「ネイルサロン 池袋駅」と検索された場合に
上位に表示されやすくなるんですね。


また10代後半から20代前半の若い女性をターゲットにしているなら、
「ギャル系」とか「派手」といった第2キーワードを設定することでターゲットとなる客層に
ホームページを見てもらえる可能性が高くなります。


メインとなるキーワードだけで検索結果上位に表示させるのは難しいですから、
メインとは別に第2キーワードを設定するのがポイントですよ。

具体的なターゲットを想定してキーワードを決める

ターゲットとなる人物像をより具体的にイメージすることで、
ホームページのキーワードが選定しやすくなります。


先のネイルサロンの例だと、10代後半から20代前半というターゲットでも
ざっくりし過ぎで、もっと具体的な1人をイメージするぐらいの方が良いんです。


例えば、渋谷109のショップ店員で、
休みの日は日焼けサロンとクラブに通う19歳の女性といった感じです。


具体的な人物像をイメージすることで、検索しそうなワードが思い浮かびやすくなって、
キーワードも選びやすくなるんですね。

キーワードをホームページ内に仕込む

キーワードが決まったら、そのキーワードをホームページ内に仕込んでいきます。


ホームページ内のテキスト部分は、
「HTML」というプログラミング言語でソースコードが書かれています。


そのHTMLで書かれたソースコードの「title」と「description」の部分のテキストに、
キーワードを仕込んでおくことが重要なんです。


Googleなどの検索エンジンは、ネット上に公開されているあらゆるホームページの
HTMLで書かれているソースコードを集めています。


検索エンジンで何らかのワードが検索されると、HTMLのソースコードの中に
検索されたワードに合致するワードがあるホームページが検索結果として表示されます。


中でも特に、ソースコードのtitleとdescriptionに検索されたワードと合致するワードが
含まれていると上位に表示されやすいと言われているんですね。


ですからHTMLで書かれたソースコードのtitleとdescriptionにキーワードを
仕込んでおくことで、キーワードが検索された時に上位に表示される可能性が
高くなるわけです。

キーワードを含んだテキストの書き方も重要

ソースコードのtitleとdescriptionに単にキーワードを仕込めば良いわけじゃなく、
キーワードを含んだテキストの内容も重要です。


単にキーワードを仕込めば良いだけなら、titleとdescriptionにキーワードを
いくつか連続して記載するだけでOKとなってしまいます。


しかしそれだと文章として全く意味を成しませんから、
キーワードを含んだテキストがホームページのtitle(見出し)やdescription(概要)として
相応しい内容である必要があるんですね。


ただ有効なSEO対策となる文章を書くのは簡単ではなく、
ある程度の語彙力や文章の構成力などが必要となります。


ホームページ制作初心者がいきなりSEO対策となる文章を書くのは難しいので、
ホームページ制作会社などに相談すると良いですよ。

Googleが推奨する設定に従う

「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、Googleで検索結果上位に
表示されたいのであればGoogleのやり方に従うのが一番です。


実はGoogleは、「検索エンジン最適化スターターガイド」という公式の
SEO対策虎の巻を公開しているんです。


「検索エンジン最適化スターターガイド」とネット検索すれば、
誰でも閲覧することができるようになっています。


そこにはSEO対策の基礎から実際にどういったことをすれば良いのかが
書かれているんですが、Googleが推奨している設定も記載されています。


Googleのスターターガイドでは
 ・サイトのディレクトリ構成
 ・ナビの階層構造
 ・パンくずリスト
 ・アンカーテキストの書式
 ・モバイルサイトマップ

などの設定が推奨されているんですね。


実際にホームページを作ったことがある人なら「なるほど」と思うでしょうが、
ホームページ制作初心者は「ちょっと何言っているか分からない」といった感じですよね。


初めてホームページ制作で、
Googleが推奨設定通りにホームページを作ることは簡単じゃありません。


もちろん初心者でもできなくはありませんが、かなりハードルが高いので、
ホームページ制作会社にGoogleの推奨設定通りのホームページ制作を
お願いするのが一番手っ取り早いですよ。

Googleの推奨設定に対応していないノーコードツールもある

ホームページ制作でノーコードツールを使う場合、ノーコードツールによっては
Googleの推奨設定に対応していないこともあるので注意が必要です。


以前はプログラミングコードを書いてホームページを作るのが一般的でしたが、
最近はWordPressなどのノーコードツールを使うのが一般的となっています。


Googleの推奨設定に対応していて、普通に作るだけでGoogleの推奨設定に
沿ったホームページが出来上がるノーコードツールもあります。


しかしノーコードツールの中にはGoogleの推奨設定に対応しておらず、自分で設定を
変更してGoogleの推奨設定に対応させないといけないものもあるんですね。


ノーコードツールと同じようにプログラミングコード不要でホームページが作れる
CMSツールの多くは、Googleの推奨設定に対応しています。

ページ数を増やす

SEO対策を意識したホームページ制作では、
ホームページ自体のページ数を増やすこともポイントです。


ただし、単純にページ数を増やせば良いと言うわけではなくて、
ホームページのキーワードに関連したページを増やさないと意味がありませんよ。


例えばネイルサロンのホームページであれば、
ネイルに関する情報を掲載したページをたくさん作ります。


お店でできるネイルの紹介はもちろん、ネイルのお手入れや爪をキレイに保つ方法など
ネイルに関連する情報のページを作るわけです。


競合相手の少ないキーワードでも10ページぐらいは欲しいですし、
競合相手の多いキーワードの場合だと数百ページ必要なケースもあります。


Googleなどの検索エンジンは、情報量が多いほど優良なホームページだと判断して
検索結果の上位に表示するようになっています。


なのでページ数が増えるとその分ホームページに掲載されている情報量も多くなり、
結果的に検索結果上位に表示されやすくなるんですね。


ただしキーワードと関連しないページはいくら増やしても意味がありませんし、
場合によっては逆効果となってしまいます。


あるクリニックのホームページに、
院長の趣味であるゴルフについて書いたブログを掲載しました。


そうするとクリニックについての情報が少ないということで、
クリニックや病院といった検索ワードだと検索結果に表示すらされなくなったんだとか。


ブログの掲載はページ数や情報量を増やすのに良いコンテンツですが、
ホームページにブログを掲載するならキーワードに関連したものだけに絞りましょう。

コンテンツの内容を充実させる

ホームページを作る上での基本中の基本である「コンテンツ内容を充実させる」ことも、
SEO対策では重要なポイントの1つです。


Googleでは、各ホームページのアクセス数はもちろん、ホームページを利用した人が
どのページにどのぐらいの時間滞在したかといったデータも集めています。


あるホームページを利用した人の滞在時間が5分10分だと内容をしっかりと
閲覧している可能性が高いですが、数秒だとしっかり閲覧せずにページから離脱した
可能性が高くなります。


アクセス数が多くても、アクセスした人の滞在時間が短いホームページは
「あまり内容が充実していない」とGoogleに判断されてしまうんですね。


内容が充実していないホームページが検索結果の上位に表示されることは
ありませんから、コンテンツの内容を充実させることもSEO対策としては重要という
わけです。

お客さんと直接話している内容がお客さんの知りたい情報

コンテンツの内容を充実させると言っても実際には簡単じゃありませんが、
お客さん相手のお店のホームページならお客さんと話している内容を掲載すると
良いんじゃないでしょうか。


ネイルサロンを例にすると、
実際にお店で施術している時にお客さんと色んな話をしますよね。


世間話をすることもあるかもしれませんが、ネイルに関する悩みや疑問なんかを
お客さんから投げかけられるといったこともあるはずです。


そういった施術中にお客さんから投げかけられる悩みや疑問などは、
お客さんの多くが知りたいと思っている情報となります。


ホームページを利用する人が知りたいと思っている情報を掲載すれば、
自ずとページ数も増えますしコンテンツの内容も充実しますよ。

まとめ

ホームページ制作におけるSEO対策のポイントなどについて詳しく紹介しました。


ホームページのSEO対策は個人でもできないことはありませんし、
CMSやノーコードのツールでもある程度のSEO対策はできます。


ただホームページ制作やインターネットに関するある程度の知識が無いと、
本当に有効なキメの細かいSEO対策は難しいんですね。


SEO対策を意識したホームページ制作をするなら、
ホームページ制作のプロであるホームページ制作会社に依頼するのがおすすめですよ。

あわせて読みたい
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法

初心者向けホームページ制作の手順と無料ツールの活用法を紹介します。私自身が初めて作成した経験からアドバイスを共有します。難しく感じるかもしれませんが、この記事を参考にすれば誰でも簡単に素敵なホームページが作れます。手を動かして、魅力的なホームページを作りましょう!

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム