ホームページ制作,
SEOに効果的なタイトル(title)タグの付け方と改善策!
2020/12/16

Web上での集客のために関連ページを更新しますが、タイトルを意識して付けているかそうでないかで集客効果は大きく変わります。

タイトルとはその名の通り、記事の題名であり読者がページの内容を想定する意味合いでもありますが、その裏にはSEOの内部対策にも必須の項目とも言えます。要するに、タイトルを意識するだけで読者からのクリック率だけでなく、SEO的にも効果があるということです。

本記事では、タイトル(title)タグについて解説していきます。

タイトル(title)タグとは?

タイトルとは、Webサイトのページタイトルを表す箇所のことを指します。また、titleタグはWebページを構築している言語、HTMLに用いるタグのこと。

検索エンジン上で表示されることで、読者の関心を引きクリックしてもらう効果とは別にtitleタグを設定することによってSEOの内部対策としても大きな効果を発揮します。

タイトル(title)タグの役割

実際のところ、タイトル(title)タグにはどのような役割があるのか。そこについて深堀して説明します。

読者の興味を引く

その名の通り、タイトルなので読者が一番に目にするポイントとなります。このタイトルをいかに魅力的かつ他のページと差別化することにより、読者の興味を一点に引きつけクリック率を上げることが可能です。

検索エンジンにページ内容を伝える

titleタグでページの内容を検索エンジンに伝えることで、キーワードに対して適した内容のページかどうかを判別してくれます。検索順位を決めるためのアルゴリズムは公開されていませんが、検索エンジンにページの内容を伝えることでSEOの内部対策になることは確実とされています。

SEOに効果的なタイトル(title)タグの付け方

ここでは、SEOに効果的なタイトル(title)タグの付け方について解説します。

タイトルを粗雑に付けるのは非常にもったいないことです。明確な情報が少ないSEO対策の中でも効果があるとされているポイントなので、取りこぼしのないよう確実に効果的なタイトルを付けましょう。

キーワード選定

タイトルには、ページで狙いたいキーワードを入れましょう。タイトルにキーワードが入っているかいないかでは、検索順位も大きく変動します。また、読者の検索ニーズに沿ったタイトルを付けておくことで自身の悩みを解決するための記事と思い、クリック率が上昇します。

キーワードは左寄せ

SEO対策として、狙いたいキーワードは左寄せで入れましょう。そのキーワードで検索した場合、キーワード部分が太字で強調されるため読者の目に留まりやすくなり、結果としてタイトルのクリックに繋がります。

ページ内容の要約

タイトルには、ページ内容を要約したものを付けましょう。理由は明確で、読者がページを開かずともページの内容を想定出来るからです。自身の悩みを解決出来ると思ってもらえればタイトルをクリックしてもらえるので、タイトルには内容の要約が重要です。

適した文字数に調節

タイトルを設定する場合、適した文字数は30~33文字と言われています。この数字は、検索結果上で表示されるタイトルの文字数に当たります。33文字までは正確に表示され、それ以降は「…」で表示されてしまいます。

前述のキーワードは左寄せとも繋がりますが、なるべく左寄せでキーワードを入れておかないと33文字以降は表示されないので、読者が自身の求めている記事かどうかが分からなくなりクリック率が下がる可能性があります。

SEO効果のあるタイトル(title)の改善策

SEOに効果的なタイトル(title)の付け方を解説しましたが、すでに記事を公開していてリライトをしたい場合、タイトルを変更するのが最も簡単であり効果が出やすいSEOの内部対策となります。

この場合、タイトルのリライトに効果的なのが「パワーワード」を活用すること。

パワーワードとは、読者の興味を引く心理学を用いた強い言葉のことを指します。心理学を用いたライティングはセールスライティング、コピーライティングが有名ですがタイトルにも活用することでクリック率を上げることが可能です。

ポジティブワード

ポジティブワードとは、読者に希望を持たせるワードのこと。この記事を読めば悩みが全て解決すると想定させるタイトルを付けることでクリック率の向上を狙います。

具体例
●    【超簡単】
●    【初心者向け】
●    【プロが教える】

ネガティブワード

ネガティブワードと聞くと、付けてはいけないようなワードを想像するかもしれませんがそうではありません。ネガティブワードとは、この記事を読まないといけない、現状のままではいけないと思い込ませるようなタイトルを付けること。

具体例
●    【閲覧注意】
●    【一生損する】
●    【知らなきゃヤバイ】

解決・解説ワード

解決・解説ワードとは読者の悩みを解決、打開案を解説するという意味合いで付けます。最も使われているであろうタイトルの付け方であり、簡単にタイトルがまとまります。

検索エンジンで何かを検索するということは、「知らないことを解決する」、「分からないことを詳しく解説してほしい」という根本にある好奇心、探求心から来るものなので解決、解説ワードは理にかなっているワードと言えます。

具体例
●    △△とは
●    △△の悩みを解決!
●    △△を徹底解説!

+地域ワード

+地域ワードとは、キーワードに追加で地域名を入れるというもの。引っ越しを検討している大阪在住の方が不動産情報を検索して東京の情報が出ても、上京予定でもない限り需要がありません。

そのような場合、「不動産+大阪」のように、地域名を入れることで範囲を絞り込みます。これにより知りたい情報のみを知れる上に、検索上のライバルも一気に減ることになります。

具体例
●    「○○+県名」
●    「○○+市町村名」
●    「○○+駅名」

奇数を盛り込む

人間心理上、漠然とした文字だけの情報よりも数字を織り交ぜることでより具体性を出すことで読者の興味を引くのに非常に効果的です。

また、偶数よりも奇数を好む傾向にあるので、出来る限り奇数を織り交ぜるようにしましょう。

具体例
●    1か月で売り上げを30%上げた方法
●    副業で月5万稼げるようになった体験談
●    借金300万→年商1000万を達成したマインド

まとめ

本記事では、タイトル(title)タグの付け方や、リライトにも活用出来る改善策について解説しました。

最後に、本記事の内容を簡単にまとめると

●    タイトルは読者の興味を引くだけではなく、SEO内部対策にも有効
●    キーワードを選定して、要約して左寄せ。33文字以内に納めよう
●    タイトルを付ける際は心理学を用いて興味を引き付けるよう意識する
このような内容でした。

タイトル付けは簡単に決めがちですが、SEO的にも非常に重要なポイントなので適した内容のものを慎重に選びましょう。また、リライトの際もタイトルを変えるだけでクリック率が大きく変動することもあるので、パワーワードを用いて読者の興味を引くようなタイトルを意識しましょう。

あわせて読みたい
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法
ホームページ制作を自分で!初心者向けの簡単な手順と無料ツールの活用法

初心者向けホームページ制作の手順と無料ツールの活用法を紹介します。私自身が初めて作成した経験からアドバイスを共有します。難しく感じるかもしれませんが、この記事を参考にすれば誰でも簡単に素敵なホームページが作れます。手を動かして、魅力的なホームページを作りましょう!

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム