ホームページ分割払い(クレジット&リース)にも種類が実はあります!業界発ユーザーに最大限メリット型ビジネスクレジット
2020/04/27

ホームページ分割払い。ネットで検索をしていると色々かご意見があります。メリットとして分割払いをお伝えしている方と分割払いは金利の兼ね合いなどから否定的なご意見、リース契約(ホームページ制作が対象でなくハード機器や関係ない商品でリース契約)の契約などもあるようで様々や意見があります。

そこで本日はホームページ制作を分割払いにするメリットについて、恐らく日本一ホームページ分割払いを扱う弊社側から正確な情報をお届けします。

ホームページ分割払い(ビジネスクレジット&リース)のシュミレーションするのが大事である。

ホームページ制作を分割払いにする前提条件について

ホームページ制作だけでなく他の商品、例えば車や事業設備などもそうですが、購入する物をクレジットやリースにしましょう。車を買う中で車以外の商品を対象に分割払いやリース契約をする方はいますでしょうか?答えはいないと思います。まず購入する物以外を分割払いやクレジットやリース契約に利用するのはおかしいですし、そのような契約はなにかしら、そのようにしなくてはいけない理由がある可能性が高いです。

誰がみてもおかしくない契約形態を前提とする事が大事かと思います。

分割払い(ローン&リース)の手数料や各種条件の確認が重要です。

分割払いとは現金一括で購入する物を分割払い契約に変更をし、分割払い中も使用者として、現金一括払いで購入したと同等の利用が出来る素晴らしい仕組みです。しかし分割払いを行う際は分割払い業者様(クレジット会社様)が立替払いを実行してくださるために、立替払い費用に対する手数料(金利ではないが金利と表現するのが一般的)が発生します。この分割払い手数料は支払い回数に応じて変動をし、分割回数が長くなれば長くなるほど高くなるのが通例です。

一方分割払いを希望していただく方々のお話を聞かせて頂きますと、分割払いの回数はなるべく長くしキャッシュポジションの負担を軽減したい。しかし分割払い手数料は高く支払いたくない。この2つの狭間に頭を悩まされる方も多いと思います。

ホームページ分割払い(クレジット&リース)の解約をしリプレイス・入れ替えが可能とです

お持ちのホームページ分割払い(リース&ビジネスクレジット)を解約をし入れ替えなどが可能です。

株式会社アシストではホームページ分割払いのリプレイス・入れ替えによる提案も可能となります。現在お使いのホームページ分割払い(ビジネスクレジット&リース)を解約をし、新しく弊社にてご提案するホームページ制作費用の見積りの中に含む形をとり、ビジネスクレジット等を利用する事が可能です。(一部取り扱い不可の信販会社もあり)

現在他社様にてホームページ制作を実施され、現状ビジネスクレジット払いやリースが残っており、入れ替えやリプレイスをお悩みの方は是非ご相談ください。

弊社にて、ホームページ制作の提案をしご利用中のホビジネスクレジット(ホームページ制作費)につきましても併せてご提案をさせて頂きます。

※ こちらはホームページ制作費用面分割払いやリースを解約のみを助長するものではなく、入れ替えやリプレイスを前提としております。

ホームページローンやリース・ビジネスクレジットの差異はなにがあるのか?

ホームページ制作費用分割払いはリース契約、ローン契約、ビジネスクレジット契約などの言葉がGoogleなどで検索をしまスト非常に多く出てきます。ホームページローン契約、リース契約、ビジネスクレジット契約は似ているようで異なる契約です。一部ネットなどでは同じように記載がありますが、内容が異なります。この内容を詳しく理解する事が大事になります。1つ申し上げるのであれば、各契約共に手数料があり、その辺りを詳しく目を通していき、分割払いのメリットがあるのか?を把握する事が重要となります。

我々は分割払いにてお申込みされお喜び頂いている方を多数知っています。勿論飲食店様などと同じく現金払いがキャッシュフロー的にも好ましいですが、なかなか一括払いは難しい場合も多数あります。是非分割払いのメリットや取扱いをご検討されたい方は是非お問い合わせ下さい。

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム