アプリ制作,

【参考】アプリ制作に必要なプログラミング言語とは?

SNSが普及している世の中で、自社のアプリを開発して「集客の増加」や「知名度の向上」を検討している企業はありませんか?

しかし、「アプリ開発は難しそう」「プログラミング言語を覚えられない」などと不安を感じている企業も多いのではないでしょうか。プログラミング言語を習得するには、多くの時間と労力が掛かります。

そこで今回は、アプリ制作に関するプログラミング言語について解説していきます。本記事を参考に、アプリ制作に必要なプログラミング言語について、どのような方法で習得したら良いのか、理解を深めていきましょう。

アプリ制作にプログラミング言語は必要なのか?

自由度の高いアプリを制作したいと考えている場合、プログラミング言語の習得は欠かせません。しかし近年では、プログラミング言語を使用せずにアプリを開発することも可能になっています。

自社がどのような性能を持つアプリを制作したいかを、検討しておきましょう。

アプリ制作に必要なプログラミング言語

現在、SNS上には様々な種類・用途のアプリが存在しています。そこで今回は「Webアプリ」「iOSアプリ」「Androidアプリ」の3つのアプリを制作する際に必要となるプログラミング言語について解説していきます。

Webアプリ

それではまず始めに、Webブラウザ上で操作可能なWebアプリに必要なプログラミング言語について解説していきます。

HTML

HTML(Hyper Text Markup Language)は、Web上で表示されるアプリの骨組みや構成などを決定する役割をもつ、最も重要な言語です。HTMLを活用することで、アプリ内の見出しや段落など、画面上のレイアウトを自由に構成することが出来ます。

CSS

CSS(Cascading Style Sheets)は、HTMLで作成された文書構造に、デザインやカラーを加え、更に見やすいアプリを制作する際に欠かせない言語です。

プログラミング言語について苦手意識がある人も、最低限HTMLとCSSについての理解が必要となります。

PHP

PHP(Hypertext Preprocessor)は、動的なコンテンツを取り入れる際に必要となる言語です。アプリ内でユーザーが購入した商品の種類や数によって、確認画面で表示される内容が変わったり、お問い合わせフォームで自動返信を送ったりする際に、PHPの処理が行われています。

Ruby

Rubyは、「まつもと ゆきひろ」さんによって制作されたオブジェクト指向スクリプト言語です。ECサイトやブログサービス向きの言語であり、コードの書きやすさと読みやすさに優れています。

iOSアプリ

続いてiOSアプリの制作に必要なプログラミング言語について解説していきます。

Objective-C

Objective-CはMacやiOSアプリ開発専用の言語です。Appleの標準開発言語として開発に用いられてきた言語であるため、iOSアプリの制作には欠かせません。

しかし、表記が独自のものが多くコーディング量も多いため、開発に時間がかかるという欠点があります。

Swift

SwiftはObjective-Cと同じく、iOSやMacで利用できるApple社公式の言語です。

Objective-Cよりも文法がシンプルで初心者でも習得しやすいため、近年ではSwiftの需要は増加傾向にあります。しかし、Swiftは日本語の情報が少ないことから、エンジニアの数は少ないため、使用したいと考えている場合は外部委託をする前に、使用できるかどうかを確認しておきましょう。

Androidアプリ

最後に、Androidアプリの制作に必要なプログラミング言語について解説していきます。

Java

Javaは汎用性が高く、スマホアプリだけでなくWebアプリの開発にも利用されている言語です。プラットフォームに依存しないため、一度書いたコードはどの媒体でも活用することができます。

また、全国シェア率も高く、セキュリティ性が高いことも特徴です。

Kotlin

KotlinはAndroid公式の開発言語です。Kotlinは、Javaを改良して開発された言語であるため、Javaよりも少ないコードで制作することができ、Javaで発生していたエラーを防止する機能も備えています。

プログラミング言語を習得する3つの方法

アプリの制作には様座なプログラミング言語が必要なことが分かりました。これらのプログラミング言語を習得する3つの方法について解説していきます。

独学で勉強する

近年ではプログラミング言語について解説した書籍や参考書が多く出版されています。それらを元に、独学でプログラミング言語を習得することが可能です。

また、実際に手を動かして独自のアプリを開発してみても良いでしょう。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールに通うことで、プログラミング言語を習得することが出来ます。プログラミングスクールであれば、カリキュラムに沿って学習を進めることで、期限内にプログラミング言語を習得することが出来るでしょう。

独学で習得することに不安を感じている方は、プログラミングスクールに通うことをオススメします。

様々なサイトを活用する

プログラミング言語について学習できるサイトから、プログラミング言語を習得することができます。

動画を見たり、スライド形式で問題を解いたりと、様々な種類のサイトがあります。自分に適したサイトを見つけ、効率よく学習を進めていきましょう。

まとめ

本記事では、アプリ制作に関するプログラミング言語について解説しました。自由度が高く、思い通りのアプリを制作するためには多くのプログラミング言語が必要であることがわかりました。

プログラミング言語を習得する方法は様々でしたが、どの方法も必ず時間と労力が必要となります。「プログラミング言語を使用したアプリを制作したいけど、時間と労力を費やすことが出来ない」とお悩みの企業は、アプリ制作を外部委託すると良いでしょう。

アプリ制作を外部委託することで、プログラミング言語を習得するために時間と労力を費やす必要が無くなります。そして、実績のある会社に外部委託することで、しっかりと自社の思いを反映したアプリを制作することが出来ます。

独自でプログラミング言語を習得するために多くの費用を掛けたのに、活用することが出来なければ、時間と労力、更には掛けた費用が水の泡です。

アプリ制作を効率よく進めるために、外部委託を検討してみても良いでしょう。

弊社ではアプリ制作において以下のような実績があります。

・年間5000サイト、2000アプリ以上の制作
・コロナ禍の中で5000社以上のIT相談を実施

アプリ制作にお悩みの方は、是非ともお気軽にご相談ください。

NEW
ARCHIVE