アプリ制作,

【知らなきゃ損する!】アプリ制作をする際のポイントとは?

マップや時刻表など暮らしに役立つアプリから、ゲームや動画アプリなど娯楽に至るまで幅広いジャンルのアプリが存在しています。そんな中、自社でもアプリを活用し、業務を効率化したり、会社の売り上げを伸ばしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、どのようにアプリを制作すればよいのかわからない方も多いでしょう。そこで本記事では、アプリ制作を行う際のポイントを、制作前後に大切なことも含めて詳しく解説していきます。

アプリ制作を行う前に大切なポイント

ここではアプリ制作を行う前に確認しておきたいことや、決めておくべき定義などを詳しく解説します。制作前の準備段階ですが、アプリ制作の成功に大きくかかわる大切な工程です。

どんなアプリを制作するのか

業務の効率化、社員間でのメッセージのやり取りを簡単に、リピートしてもらうためのポイントアプリなど、どんな目的でアプリを制作するのかを明確にする必要があります。企画の時点で明確にしておくことでゴールを見失うのを防ぐことが可能です。

ネイティブアプリ、webアプリどちらにするのか

アプリには大きく分けて2種類ありネイティブアプリと、webアプリがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

・ネイティブアプリ
ネイティブアプリとは、スマートフォンやタブレット端末などのデバイスでApp Store、Google Playなどのアプリケーションストアからインストールして利用するアプリを指します。「アプリ」という言葉を聞いた時こちらをイメージする人が多いのではないでしょうか。

 

メリット
・端末へインストールするためオフラインで使用可能
・動作が早い
・スマートフォンなどデバイス自体が持つ機能を利用可能

 

デメリット
・開発コスト、期間がかかる
・ダウンロードの手間がかかる
・リリース前の審査がある

 

・webアプリ
WEBアプリとは、インターネットなどのネットワークから利用するアプリケーションを指します。WEBアプリケーションはWEBサーバー上で動作し、GoogleChromeなど普段ホームページの閲覧に使用しているWEBブラウザで操作します。

有名なのは、GmailやYouTubeなどです。普段利用することは多くても、これがwebアプリと認識して利用している人は少ないのではないでしょうか。私たちの生活をとても便利にしてくれています。

 

メリット
・アプリのダウンロードが不要
・アカウントを作成すれば様々な端末で利用できる
・更新の手間がいらず、常に最新の状態で使用できる

 

デメリット
・インターネット環境に左右される
・デバイス機能との連携が出来ない

 

このように双方にメリット、デメリットがあるため自分の製作したいアプリの機能などと照らし合わせて、自分に合ったアプリの形式を選択しましょう。

OSの選択

対応する端末を決定します。有名なOSについて簡単にご紹介するので、ご自身に合ったOSを選択してください。

 

WindowsOS
大きな特徴としては、利用している人が多いということです。一般的なパソコンであればほとんどにWindowsが搭載されています。また、画面上の操作や相互性にも定評があります。

 

macOS
Windowsに続いて人気なのが、macOSです。グラフィックが美しく直感的に操作可能で、他のosをインストールできるという特徴があります。また、apple製品同士の連携が便利です。

 

androidOS
こちらは、Googleが開発したOSで多くのスマートフォンやタブレット端末に装備されています。デザインが豊富で、カーナビや車、メガネなどにも搭載されており今後が楽しみなOSです。

アプリ制作時に大切なポイント:自社で行う場合

ここからは、アプリ制作を自社で行う場合のメリット・デメリットを解説します。

メリット

好きなアイデアや機能を実装できる
後に紹介する外注の場合、自社がこうしたいと思っていてもなかなか実装できない可能性があります。しかし、自社でアプリ制作を行う場合はそんなことは一切ありません。自社のイメージやアイデアを好きなだけ組み込めます。

 

スキルアップできる
自社でアプリ制作を行う場合、多くの問題が生じるでしょう。しかし、すべてを自社で行い、そのたびに試行錯誤していくので自ずと知識が定着し、技術力が上がります。失敗が多くなる可能性もありますが、それも経験として蓄積されます。

 

コストが安い
制作を自社内で行うため、外注する費用を抑えることができます。開発ツールなどを利用しながらアプリ制作を行いましょう。

デメリット

時間がかかる
すべての工程を自社で行なうため時間がかかります。また、分からないことに直面したときに調べる時間も必要です。

 

成果が出にくい
アプリを制作したからといって、必ずしもヒットするとは限りません。ましてやプロが制作しているわけではないので、なおさらヒットする商品を作るのは難しいでしょう。

アプリ制作時に大切なポイント:外注する場合

アプリ制作を外部に委託する場合に大切なポイントのメリット・デメリットを解説します。

メリット

プロに依頼できる
これが一番のメリットといってもよいでしょう。専門知識を持つプロに仕事をお願いするので安心感もあり、また納期の遅れなどを心配する必要も少ないです。

 

スピードと正確さ
また、個人でアプリ制作を行う際に比べスピードや正確性も高いでしょう。急いでアプリを制作したい人やレベルの高いアプリを制作したい人におすすめです。

デメリット

コストが高くなる
一部を外注するのか、すべてを外注するかによってかかるコストは変動しますが、やはり専門性がある人々が行う仕事なのでコストが高くなってしまいます。

 

会社によって差がある
会社によって長所や短所があるので、それを自分で見分ける必要があります。口コミや企業の評価を事前に確認し、リサーチしましょう。時間をかけて企画し、代金を支払うわけですから失敗したく無いですよね。

 

自由度が低い
ある程度の要望には答えてくれますが、自社で行う場合と比べるとやはり自由度は低くなってしまいます。型に縛られたくない人にはおすすめ出来ません。

アプリ制作後に大切なポイント

アプリ制作は、完成した後の工程も大切です。申請から公開の流れ、ポイントを解説していきます。

アプリ申請

アプリが完成したら、AppleStoreやGooglePlayへの申請が必要です。審査に時間がかかってしまったり、修正が必要な場合もありますので、その時間も考慮したうえでスケジュールを調整しましょう。

また、外注の場合は申請や運用までしてくれるのかの確認も必要です。

アプリの運用

公開が完了したら、アプリの運用を行います。宣伝活動や分析を行い、またアプリの不具合や問題をその都度解決していきます。ストアの変更によって更新が生じる場合もあります。

アプリを成功させるうえで運用後のアフターケアはとても大切です。ここまでをアプリ制作の工程と考え、最後まで手を抜かないようにしましょう。

まとめ

本記事ではアプリ制作を行う際のポイントについてご紹介しました。アプリ制作では、前後の作業も大切であること、さらには制作するアプリや方法にはそれぞれメリット・デメリットがあることをお分かりいただけたかと思います。

そして、これらを一から自分で勉強して、アプリ開発をするとなると大変な労力が必要となり、現実的ではありません。企業などがアプリ制作をしたい場合は、学ぶよりも外部に委託した方が早いです。また、ホームページも同様で外部に委託した方が効率的です。

そこで、

・年間5000サイト、2000アプリ以上の制作
・コロナ禍の中で5000社以上のIT相談を実施

という実績を誇る弊社があなたに代わってアプリ制作・ホームページ作成を行います。

もし興味のある方はぜひ弊社へご相談ください。

NEW
ARCHIVE