アプリ制作,
アプリ制作で大切なのはデザイン!? やり方、ポイント徹底解説
2021/07/12

アプリ制作と聞くと皆さんはどのようなことを思い浮かべますか?

難しいイメージと同時に楽しそうというイメージを持つ方もたくさんいると思います。
個人で作ったアプリが大ヒットして大儲け!なんて夢のような話も耳にしますが、実際にはどのような物なのでしょうか。


デザイン制作において重要なものはたくさんありますが,その中でも一際重要なのは「デザイン」です。
この記事ではアプリ制作のデザインについて詳しく解説していきたいと思います。

アプリ制作におけるデザインの役割

先ほども述べた様にアプリ制作においてデザインはとても重要な役割を果たしています。デザインのみを担当する、「デザイナー」と呼ばれる職業も存在するほど、デザインのもたらす影響力は凄まじいものです。

例えば、私たちになじみ深いLINE、Twitter、Instagram、YouTubeなどを想像してみてください。一目見たら忘れないような印象的なデザインになっているはずです。
ここからもわかるようにヒットするアプリには優れた「デザイン」が共通しているのです。

UIとは

UIとはUser Interfaceの略で、直訳すると「使用者との接合部分」という意味で、
つまりユーザーの目に触れる部分、アプリでいうと「見やすさ・使いやすさ」のことを指します。

もし私たちがアプリを使うときには、見やすくて機能性の高いアプリを選びたいですよね?
なのでアプリ製作においてUIを意識することはとても大切になってきます。

UXとは

先ほど説明したUIとよく一緒に使われるのがUXです。
UXとは、User Experienceの略で直訳すると「使用者の経験」という意味になります。
アプリでいう、私たちユーザーが「使いやすい!見やすい!面白い!」などと感じる
ユーザーの「経験」のことを言います。


制作者側にとってユーザーの経験をより良いものにすることがアプリ制作において大切になってきます。良いアプリを作るためにUIとUXを考慮してデザインしていきましょう。


UIとUXという言葉は類似しており、よく一緒に出てくるので混同してしまいがちですが、
若干ニュアンスが違うので間違えないように注意してください。

アプリ制作時にデザインを決める3つのポイント

アプリ制作時には下記の3つのポイントを意識して行ないましょう。

ユーザーの目線を意識する

アプリ制作においてヒットするかどうかは、ユーザー次第です。
どのようなデザインなら使いたくなるのか、どんなデザインなら見やすいのか、
意外と制作者とユーザーには感じ方の差があります。

その差を無くすためにも自分の立場からだけではなく、ユーザーの立場になって見てみるこを意識しましょう。

ターゲットを明らかにする

これはアプリ制作に限ったことではなく、ビジネス全般に言えることですよね。
中年男性と女子高生とではターゲット層があまりにも異なり、目指す目的もアプリもデザインも違ってきます。基本的はことではありますが大切なことです。

最低限必要なデザインを考える

アプリ開発において最低限必要なデザインとは一目でわかる「操作性」です。
アプリを見たときに、どこにどのボタンがあるのか、どのボタンを押すと進めるのか
これらが一目でわからなければユーザーはそのアプリを使いたいとは思いません。

なのでまずは見やすく操作しやすいデザインを考えることが重要です。

アプリ制作時に参考にするデザイン5つのポイント

先ほどの3つのポイントを意識しつつ、次は参考にするデザインの5つのポイントを解説していきます。

配色

配色において大切なキーワードは「シンプル」です。
やはり多くの色が混同している物は多くのユーザーには好まれないので、2~3色で配色するのが良いでしょう。

トロント大学の調査でも、多くのユーザーが2~3色のみを使ったシンプルな配色を好む
傾向にあるという調査結果があるようです。
今お持ちのスマートフォンを開いてみてください、多くのアプリが2~3色で作られているはずです。

また単色、モノクロ、類似色、比率などこだわれば奥が深く、それだけ重要な項目になっています。

操作性

アプリを使っていて、わからなくてイライラしたり、使い方を調べるために時間をロスした経験のある方もいるのではないでしょうか。
それだけでそのアプリは使いたくなくなりますよね。

私たちが利用しているアプリにも小さすぎて押しにくいボタン、画面が見づらくなるタブなど使いづらいと感じるものがあります。使いやすいシンプルな操作性を目指しましょう。

レイアウト

こちらはアプリの土台となる物なので慎重に行いましょう。
土台がしっかりしてないと他がよかったしても崩れてしまいます。

ポイントは
・同じようそのものは近づける
・全く違うものは離す

です。

ボタン・アイコン

これは一目でわかることが重要です。
マークや色を使うことで文字を使わなくても情報を伝えることができます。
消去や削除は赤、選択は青、矢印は進むなど機能が一目でわかることが好ましい。

またボタンやロゴの幅や間隔の設計も操作性において重要です。
よく使われるアプリにはこれらの要素が多く組み込まれていますが、
私たちは意識せずともこれらの記号やマークが何の機能を示しているの直感的に分かりますよね。目で見て「直感的」にわかることが大切です。

アニメーション

音量マークの動きや、カーソルクリックの際に色が変化するなど、その際に必要となってくるのがアニメーションです。また、キャラクターなどのアニメーションもあり、アプリのデザインに華を添えてくれます。


細かいところかもしれませんが意外と重要なポイントです。
注意点としては、過度なアニメーションがあるとストレスに感じてしまうユーザーもいるということです。

大切なこと

アプリ制作のデザインで大切な5つのポイントについて解説してきました。
どのポイントにも大切なことは共通しています、それはシンプルさとバランスです。

要素の詰め込みすぎや偏りには要注意です。ユーザーのUIとUXを意識しながらこれらのポイントをバランスよく使いこなしていくことが大切になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
アプリ制作のデザインの重要性についてお分かりいただけたかと思います。
しかし、このようにアプリ制作にはたくさんの知識と労力が必要です。

また、アプリ制作が行えるツールなども登場していますが、これにもやはりある程度の知識と時間が必要になります。

アプリ制作に興味があったり、アプリ制作を仕事にしようとしている方は別として
企業などがアプリ制作をしたい場合は自分で学ぶ、またはアプリ制作ツールを使うよりも外部のデザイナーに委託したほうがずっと効率的です。

アプリ開発だけではなくこれはホームページ作成についても同様です。

そこで
・年間5000サイト、2000アプリ以上の制作
・コロナ禍の中で5000社以上のIT相談を実施

という実績を誇る弊社があなたに代わってアプリ制作・ホームページ作成を行います。

もし興味のある方はぜひ弊社へご相談ください。

あわせて読みたい
【iPhone・Android】アプリ制作・開発に必要なもの【アプリ初心者向け】
【iPhone・Android】アプリ制作・開発に必要なもの【アプリ初心者向け】

アプリ制作をする場合に決めなくてはならないのがiPhoneアプリまたはAndroidアプリどちらを制作するかということです。どちらのアプリを制作するか決まったら道具を揃えていきましょう。先ずは、iPhoneアプリの制作・構築に必要なものをご紹介いたします。

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム