アプリ制作,
アプリ制作にはどのようなスキルが必要か?
2021/06/28

アプリ制作を行いたいと思っているけど、「どんなスキルが必要かわからない」「アプリを作るのって難しそう」そんなふうに思っている方も多いはずです。

そこで、本記事ではアプリ制作に必要なスキルについて解説していきます。

適切なスキルを身につけることでアプリ制作の成功率が上がります。アプリを制作することで競合と差をつけることもできます。ぜひ導入されてはいかがでしょうか。

アプリ制作に必要なスキルとは?

アプリ制作には以下のような知識が必要とされます。

プログラミング言語の知識

アプリを1から制作するにはプログラミング言語の知識が必須です。
例えば、Android向けなら「Go」IOS向けなら「Swift」などのプログラミング言語が必要となります。プログラミング言語を習得するだけなら比較的簡単なのですが、実用的なアプリを作るためには各種ライブラリなども使えないといけません。

UI/UXなどのデザインスキル

アプリ制作にはプログラミング言語の知識以外にもUI/UXなどのデザインスキルが必要とされます。プログラムだけで動くものを作ることはできますが、デザイン性や使いやすさがないと顧客満足度は大きく下がってしまうでしょう。

要望を知るためのヒアリングスキル

アプリ制作には技術以外のスキルも必要とされます。例えばどんなアプリが必要とされるのかを聞き取り、そこから仕様を決めたり設計書を作ったりするためのヒアリング力・企画力も必要とされます。

足りない箇所を補うための情報収集スキル

また作りたい機能が自分の知識だけで作れないときは、ネット上で調べるなどして足りないスキルを補う必要があります。しかし専門的なことなので普通に調べても出てこないことも多く、レファレンスを読む力や英語力なども求められます。

アプリ制作のスキルがない場合に便利な6つのツール

今まで解説してきたようにアプリ制作には様々なスキルが必要とされます。
しかしスキルがなくても今から説明するようなツールを使えば、クオリティの高いアプリが制作できます。

無料のアプリ制作ツール

無料で使えるツールにはこのような物があります。

Joint Apps

Joint Appsはブロックをつないでいくことでアプリが制作できるツールです。
専門的な知識なしで直感的にアプリ制作が行えます。さらにWeb上から制作ができるのでタブレットやスマートフォンからアプリ制作が行なえます。
しかしプロ向けのものでなく学習者用であるためできることは限られてしまいます。

アプリビルダー

アプリビルダーはLiferayというフレームワークのGUI上でアプリケーションを開発できるツールです。こちらもWeb上からスマホ向けのアプリ制作を行うことができます。
また通常のアプリだけでなくワークフロー対応アプリ(Workflow Powered Applications)を制作することも可能です。ワークフロー対応アプリとは入力したデータがワークフロープロセスを経て最終的に登録や処理されるようなアプリです。ワーク風呂対応アプリでは、差異やバージョン管理などが行えるなど便利な機能が充実しています。

Composer Pro(有料課金もあり)

Composer ProはAppGyber社が提供しているアプリ制作ツールです。ドラッグアンドドロップでのUI作成やGUIでのロジック作成に対応されています。
また400以上の数式も使うことができるので高度な制御機能も実装可能です。
他にも証明書などを用意することなく実機でのデバッグに移れるなど便利な機能が豊富です。
対応しているプラットフォームもWeb,PC,mac,IOS,Androidと手広いので、少しの作業でマルチプラットフォーム対応のアプリを制作できます。
資本金1000万ドル未満の企業は無料版を利用することができますが、やはり有料版に比べると利用可能な機能が限られてしまうため、本格的な開発を行いたい場合は有料版に移行したほうが良いでしょう。

有料のアプリ制作ツール

今から紹介するツールは有料ですが、無料ツールに比べると格段にカスタマイズ性が高く、期待通りのものが出来上がりやすくなります。

Yappli

Yappliとは株式会社ヤプリが提供しているクラウド型のアプリ制作プラットフォームです。2013年のサービス開始以来、ほっともとやダスキンなどの大企業を始めとして、500以上のプロジェクトに採用されています。
プログラミング不要でアプリが作れるだけでなく、継続的な運用・分析まで同じプラットフォーム上で行うことができます。
またサポートも手厚いため初心者の方でも簡単に使うことかできます。

アプスタ

アプスタとは株式会社ドリームネッツが提供する集客・販促用のオリジナルスマホアプリの制作ツールです。
クーポン配信やスタンプカード機能、商品販売機能など、あらかじめモジュール化されたさまざまな機能が用意されているので販促用のアプリ制作にアドバンテージがあります。
また最安プランで初期費用、月額料金ともに1万円など、他のツールに比べてかかるコストも少なくすみます。

GameSalad

GameSaladはゲーム開発に特化したアプリ開発ツールです。2010年の発売以降100万人以上のゲーム開発者によって使用されており、App Storeでトップ100に達した75以上のゲームアプリはGameSalad製です。コード編集機能はないのでGameSaladaないでできないことは追加できませんが、標準の関数などが充実しているのでまず困ることはありません。またGameSaladはAndroidには対応していませんが、その分IOSに特化しているのでIOS向けのゲームアプリを制作したい方におすすめです。

まとめ

本記事で解説してきたように、アプリ制作のためには様々なスキルが必要です。
スキルを習得し、自分でアプリを制作することもできますが、かなりのコストがかかってしまいます。

またアプリ制作ツールを使うことで自社制作に比べると手間は減りますが、カスタマイズの自由度が低く希望と違うものが出来上がってしまうかもしれません。

そこで、弊社からご提案があります。

弊社は、今まで年間5000サイト、2000アプリ以上の制作、さらにコロナ禍の中でも5000社以上のIT相談を実施してまいりました。

弊社にご相談いただければ、自社開発より手間をかけずにアプリを制作することが可能です。専門のプログラマーがご要望に沿ってアプリを制作するので、希望と違うものができてしまうこともありません。

アプリ制作を検討されている方は、ぜひ弊社にご相談ください。

あわせて読みたい
【iPhone・Android】アプリ制作・開発に必要なもの【アプリ初心者向け】
【iPhone・Android】アプリ制作・開発に必要なもの【アプリ初心者向け】

アプリ制作をする場合に決めなくてはならないのがiPhoneアプリまたはAndroidアプリどちらを制作するかということです。どちらのアプリを制作するか決まったら道具を揃えていきましょう。先ずは、iPhoneアプリの制作・構築に必要なものをご紹介いたします。

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム