アプリ制作,
アプリ制作で稼ぐには?その基礎知識や学習方法などを解説
2021/06/16

「自分でアプリを作ってみたいけど、自分には何も知識がないからなあ」
このようにに考えている方も多いのではないでしょうか。

実はアプリ制作はそんな難しい知識が必要ありません。中には本当にプログラミングの知識がなくても制作できてしまうものもあります。今回は、そんなアプリ制作には必要な知識やその学習方法などについて詳しく紹介していきます。

この記事を読んで自分に必要な知識や自分に合った学習方法を理解しましょう。

アプリ制作は知識ゼロでも可能?

アプリ制作には基本的にプログラミングの知識を必要としていますが、実はプログラミングの知識がなくても制作可能なツールは存在します。

プログラムが組まれたブロックを繋げるだけのアプリ制作ツール「JointApps」やテンプレートをアレンジすることでオリジナルアプリを制作できる「Monaca」、ドラッグ&ドロップ操作のみで制作できる「Yappli」など他にもプログラミングなしで制作可能なツールはいくつもあります。

未経験でアプリ制作をしてみたいという方はまずこのようなサービスを使って、実際に体験してみるとイメージが湧きやすいと思います。

アプリ制作の基礎知識

転職してアプリ制作のエンジニアになりたいという方は、まずは基礎知識を学ぶ必要があります。アプリ制作にはWebアプリ、スマホアプリ、ハイブリッドアプリの3種類があり、それぞれ異なる特徴を持っているのでここで確認しておきましょう。

Webアプリ

Webアプリとはブラウザ上で利用可能なアプリケーションのことを指します。アプリケーションのダウンロードを必要とせず、手軽で使いやすいという特徴があります。

よく耳にするWebアプリだと動画共有サービス「YouTube」やウェブメールサービス「Gmail」、ネット通話サービス「Skype」などがあります。

Webアプリ制作の利点としては、ネイティブアプリよりも利用料などのコストが少なく、サーバー内でのアップデートが可能であるなどがあります。

さらに、スマホやアプリにダウンロードする必要がないため、ユーザーとしても手間がかからず、手軽に使えます。

Webアプリを制作するのに必要な言語はいくつかありますが、特に未経験の方にオススメの言語はPHP・Rudy・JavaScriptの3つです。これらの言語は学習コストが低く、記述もコンパクトにできるため、初心者でも挫折せずに学びやすいものとなっています。

スマホアプリ

スマホアプリとはスマホにダウンロードすることで使用することができるアプリケーションのことを指します。例えば、チャットアプリ「LINE」や決済アプリ「PayPal」などがあげられます。

スマホアプリにはiPhoneで使用するiosアプリ制作とAndroid向けのアプリ制作の2種類があります。

iosかandroidかによって、制作に必要な言語が異なります。iosアプリ制作ではSwiftやObjective-Cという言語を使い、Androidアプリ開発ではJavaという言語を使います。

その他にも公開にかかるコストや審査方法なども異なるので、自分の作りたいスマホアプリはどのようなもので、何が必要なのかを理解した上でどちらかを選択するようにしてください。

ハイブリッドアプリ

ハイブリットアプリとはWebアプリとスマホアプリの二つの性質を兼ね備えたアプリケーションのことを指します。

Webアプリはどんどんハイブリッドアプリ化しており、上記のYouTubeやGmail、SkypeなどもWeb上でも端末上でも利用可能なサービスです。

ハイブリッドアプリの制作を行えば、Webアプリとスマホアプリのそれぞれで開発する必要がなく、コストの削減や容易にメンテナンスを行うことができます。

しかし、その一方で複数の言語やフレームワークに慣れておく必要があり、細かい変更やスムーズな動作はできないので注意してください。

アプリ制作の学習方法

アプリ制作をするにあたって、どのように勉強するか迷いますよね。独学でやるのか、プログラミングスクールに通うのか、オンラインサロンに入会するのかなどそれぞれのメリットやデメリットを比べて、どの学習方法が自分に合っているのかをここで確認しておきましょう。

独学で学ぶ

プログラミングを独学でアプリ制作を学ぶことのメリットとしては、費用があまりかからないということです。

スクールやオンラインサロンに入会するとなると数十万円の費用がかかりますが、独学で勉強するとなれば参考書などを購入しても数千円ほどの出費に抑えることができます。

中古の本を購入したり、図書館で本を借りたりなど、工夫すればもっと低コストでアプリ開発を学習できます。さらに、コースや期間の制限もないので自分にあったスタイルで勉強を進めることができます。

デメリットとしては、途中で挫折する可能性が高いということです。

独学だと自分で自分を管理することになるので、自分の意志が強くなければ、途中でやめてしまうことが大いに考えられます。

さらに、プログラミングではエラーが出ても初心者だとそれをなかなか自分で気づくことができず、解決に長い時間をかけてしまうこともあります。

相談や質問をする人が近くにいないと、効率よくプログラミングを学習することは難しいと考えられます。

スクール・専門学校で学ぶ

プログラミングをスクールや専門学校で学ぶメリットとしては、効率的に学習しやすいということです。

スクールや専門学校に行けば、講師のサポートを受けながら、自分に合った学習プランを立てて、コースを進めていくことになります。

スクールや専門学校は学習環境が整っているので、同じように学んでいる人を見てモチベーションになり、学習習慣もつくりやすいというのも良い点です。

さらに、中には転職保証など未経験からでも転職できるようなサポートがついたスクールもあるので、未経験で実際に仕事ができるようになるか不安だという人には特にオススメの学習方法です。

デメリットとしては、やはり費用が結構かかってしまうことでしょう。中には無料体験などのサービスもありますが、仕事をもらえるほどスキルを身につけるにはコースを受講した方が良いです。

しかし、挫折せずにエンジニアに転職ができれば、受講費用はすぐに回収することができます。

他にも、通学に時間がかかってしまうことや確実にエンジニアとして稼げるかはわからないことなどから受講しない決断をとる方が多いようです。

オンラインサロンなどに入会する

オンラインサロンに入会するメリットとしては、有名なエンジニアから学ぶことができることです。

オンラインサロンでは、自分の好きな著名人からプログラミングを学べるので、モチベーションを高めることができますし、サロン内ではエンジニアの知り合いを増やすこともできます。

さらに、オンラインなので通学に時間や費用がかかることもありません。

デメリットとしては、自分から積極的に学ぼうとしなければ、ついていけなくなる可能性があることです。入会した後にそのまま放置していても、誰も助けてはくれません。

特に初心者の方は周りとのギャップを感じたり、自分のペースをつかめなくなり、環境を活かせない可能性があるので、あまりオススメできません。

まとめ

ここまで、アプリ制作に必要な知識や学習方法について解説してきました。要点は以下の通りです。

・アプリ制作にはプログラミング知識ゼロで可能なものもある
・Webアプリ、スマホアプリ、ハイブリッドアプリの3種類がある
・学習方法はいくつかあるので、自分にあったものを選ぶ

また、弊社においても、アプリ開発の事業を運営しております。

・年間5000サイト、2000アプリ以上の制作
・コロナ渦の中で5000社以上のIT相談を実施

アプリ制作を通して、みなさんのビジネスの発展を全力で支援いたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

あわせて読みたい
【iPhone・Android】アプリ制作・開発に必要なもの【アプリ初心者向け】
【iPhone・Android】アプリ制作・開発に必要なもの【アプリ初心者向け】

アプリ制作をする場合に決めなくてはならないのがiPhoneアプリまたはAndroidアプリどちらを制作するかということです。どちらのアプリを制作するか決まったら道具を揃えていきましょう。先ずは、iPhoneアプリの制作・構築に必要なものをご紹介いたします。

よくある質問
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6866-7521

こちらのホームページは、株式会社アシストにより監修されています。同社は累計ホームページ制作数80,000社、MEO対策5,000社という豊富な実績を持ち、SEO検定やWEB解析士などの有資格者が多数在籍しています。そのため、ご覧いただいている本ホームページの内容には安心してご覧いただけます。ご不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

NEW
ARCHIVE
簡単30秒入力

株式会社アシストの
成功事例

株式会社アシストの
その他のコラム