【4つのポイント】SNSマーケティングの失敗事例から、成功に導く方法を解説!

SNSマーケティングを導入している企業が増えてきています。参入が容易であるにもかかわらず、非常に高い集客効果を生むSNSマーケティングを有効活用して売上を伸ばしている企業も少なくありません。

しかし、SNSマーケティングを成功させるのは簡単ではないため、失敗したという事例もたくさんあります。本記事では、SNSマーケティングの失敗事例を参考にして、成功に導くための方法を解説していきます。

SNSマーケティングの失敗事例

まずは、SNSマーケティングの代表的な失敗事例を2つ紹介します。なぜ失敗したのか、原因を究明することで自社で失敗しないための参考材料になるので、失敗事例の詳細を解説していきます。

マクドナルド

マクドナルドというと、知らない人はいないほどの大手ハンバーガーチェーンです。ブランド力、認知も十分なマクドナルドでもSNSマーケティングで失敗したという事例があります。

2012年にアメリカのマクドナルドにて、Twitterを通じたキャンペーンを開催しました。
「#McDStories」を付けてマクドナルドに関する良い話を投稿してもらうという企画でしたが、思いもよらない方向に進んでしまいました。

キャンペーンを打ち出したマクドナルドとしては、マクドナルドのハンバーガーを食べた子供がうれしそう、ハッピーセットのおもちゃで遊んでいますのような、心温まる投稿が増えると想定していました。

しかし、実際にTwitter上に投稿されたのはマクドナルドのハンバーガーの安全性や異物混入など、ネガティブな投稿ばかりになりました。当然、キャンペーンは失敗し炎上してしまうという結果に陥りました。

トヨタ

大手自動車メーカーの「トヨタ」も過去にSNSマーケティングに失敗しています。また、これはトヨタ側の不適切な投稿によるもので、改めて投稿には細心の注意が必要と思わされる内容でした。

2019年3月、トヨタ自動車株式会社公式Twitterにて、「女性ドライバーの皆様へ質問です。やっぱり、車の運転って苦手ですか?」という質問を投げかけました。この質問が原因で、謝罪するほどの問題になりました。

質問にある「やっぱり」という文言が、女性の運転技量が男性よりも劣るかのような不適切な表現をしてしまい、多くの批判が寄せられました。その結果、Twitter上で不適切な表現をしてしまったと謝罪しました。

どちらのパターンも、良くも悪くも拡散性の高いSNSだからこそ起きてしまったことだと言えます。また、一般ユーザーから直接的に反応をもらえるというのはメリットにもなりますが、デメリットとも捉えられます。

SNSマーケティングで失敗してしまう4つのポイント

ここからは、SNSマーケティングで失敗してしまう原因について解説します。SNSマーケティングで失敗する理由としては、大きく分けて4つあるので、1つずつ詳しく深堀していきます。これらの原因を改善することで、自然と成功に繋がるので参考にしてください。

適したSNSを選択出来ていない

SNSという言葉でまとめられますが

●    Twitter
●    TikTok
●    Instagram
●    Facebook
このように様々なプラットホームが存在します。そして、それぞれに特徴があるので自社の商品やコンテンツに適したSNSを選択しないと効果を発揮できず、失敗してしまうという企業も珍しくありません。

ターゲット(ペルソナ)が定まっていない

商品、コンテンツを利用するターゲティングが出来ているにも関わらず、SNSでの発信の方向性が定まっていない場合もSNSマーケティングが失敗してしまう事例に多いパターンです。

女性向けの商品を宣伝するための発信で、男性目線の投稿をしていても女性客は寄り付きません。商品のターゲティング同様、SNSでの発信内容もターゲットを定めたうえで、ターゲットの求める情報を発信していく必要があります。

SNSを運用する目的が定まっていない

大前提として、SNSマーケティングを実施する目的を明確に出来ていない企業も多いです。SNSマーケティングは優秀であるがゆえ、目的を決めて方向性を定めなければ運用方法が曖昧になってしまい、結果を残せません。

SNSを運用する主な理由は以下のとおり

●    売上の増加
●    新規顧客の獲得
●    企業のブランディング

それぞれに正しい運用方法があるため、まずは目標を設定して目標達成のためにはどのような運用で進めていくかを定めましょう。それにより、発信内容や投稿頻度などが変わってきます。

炎上のリスクヘッジが出来ていない

社内でSNSを運用していく場合、SNS広報担当者に全てを任せっきりになっている企業も少なくありません。その結果、担当者の不適切な発言により炎上してしまうパターンが良くある事例です。

このように、炎上に対するリスクヘッジが出来ていないことで、些細なきっかけで炎上してしまい取り返しの付かない状況に陥ることも珍しくありません。担当者に任せきりではなく、社内全体でリスクヘッジをしていくことが重要になってきます。

まとめ

本記事では、SNSマーケティングでの失敗事例から、成功に導くための方法を解説しました。最後に、本記事の内容を簡単にまとめると

●    SNSは良くも悪くも拡散性が高い
●    一般のユーザーからの反応で炎上してしまう
●    SNSマーケティングは、適したSNSを選択
●    商品やサービス同様、SNSもターゲットに向けて発信
●    SNSを活用してマーケティングする目的を明確に
●    予期せぬ炎上を防ぐためにも、社内全体でリスクヘッジ

このような内容でした。

SNSマーケティングは失敗事例もありますが、成功事例の方が目立ちます。それほどまでにSNSマーケティングの効果は大きく、需要のあるマーケティング方法だと言えます。
しかし、競合他社が始めているからという曖昧な気持ちで初めても成功させるのは難しいというのが現状です。確実に伸ばすためには、SNS運用を代行してもらうことがもっとも効率の良いマーケティング方法です。

NEW
ARCHIVE