【重要】SNSで集客するメリット・デメリットについて解説!

様々な企業やメーカーでSNSを活用した集客方法が注目されています。若年層のコミュニケーションツールという認識の強いSNSですが、集客や売上アップに直結するビジネス面でも活用出来るという話も拡がってきています。

本記事では、SNSで集客・売上アップを狙うメリットやデメリットについて解説します。活用次第で大きな効果を生むSNSですが、その反面デメリットも存在するのでSNSの特性を理解しておきましょう。

SNS集客が注目されている理由

SNS集客が注目される理由について解説していきます。SNSには様々な使い道があるため、ユーザー層も非常に広いという特徴があります。ここを狙った集客が効果的です。

SNS特有のユーザー層の広さ

SNSは手軽に始められるということから、10代~60代の方も利用していると言われています。SNSによって変動しますが、ここまで幅広い層にまとめてアプローチ出来るようなものは従来であればテレビCMが基本となっていました。

しかし、テレビCMの場合、制作費用や広告費用で大きな予算が必要になるため個人経営や中小企業には難しいとされていました。そこで、SNSを活用することで同様のターゲット層に無料でアプローチ出来ることから、集客に活用されるようになりました。

スマホの普及に伴うSNS利用者の増加

2020年の時点で日本のスマートフォン普及率は80%となっています。スマホの普及率に伴い、SNSを利用するユーザーが増えているという現状です。ユーザーの年齢層の広さ、利用者の増加を狙ったSNSからの集客は効果的と言えます。

最新の情報源はネット

従来では、情報源はテレビや新聞という風潮でしたが、今ではネットで全ての情報を取得できる時代です。その影響で、テレビを観る人口が減り、ネットで情報収集やトレンドを追うという傾向になっています。

また、店舗の営業情報などリアルタイムの情報を収集したい場合にも、SNSでチェックすることで簡単に最新の情報を仕入れることが可能です。このように、リアルタイムな情報を収集するという目的でもSNSは活用されています。

SNS集客のメリット

ここからは、SNS集客のメリットについて解説します。SNS集客によるメリットは非常に大きいため、様々な店舗や企業が参入しているという現状です。具体的に、どのようなメリットがあるのか紹介していきます。

無料で始められる

SNSは原則として無料で始めることが可能です。基本的な集客の方法である広告やポスティングなどには費用が発生します。しかし、SNSであればアカウントを作成して運用していくことで、無料で集客に繋がります。

SNS内で広告を打つことも出来ますが、基本的にはアカウントを正しい方法で運用していくことで広告を打つことなく成長させることは可能です。無料で宣伝効果を生めるため、失敗してもリスクがないというメリットがあります。

商品の認知・集客

SNSでは、興味や嗜好が似ているユーザー同士が繋がっています。その中の1人が商品やサービスに興味を持つことで、フォロワーに拡散していきます。これにより、商品・サービスの認知や集客に効果があります。

また、集客を行なうにあたって重要なターゲティングもSNSでは容易に行なえます。従来であれば、狙うべきターゲットを明確にすることは出来ても、アプローチをする場所がありませんでしたが、SNSであれば狙ったターゲットに的確にアプローチをかけることが可能です。

ブランディング・ロイヤリティの向上

SNSを活用して集客を行なうことで、ブランディングが出来るうえに、ロイヤリティの向上にも繋がります。SNSはホームページやLPと違い、親近感を得やすいプラットホームなので、ユーザーからも親しみやすく、信頼を得やすいというメリットがあります。

そのため、ユーザーがアカウントに質問を寄せた際にも、真摯に対応することで信頼感の向上に繋がります。また、すでに顧客であるユーザーが商品・サービスの感想や評価を投稿することでブランド力を構築するための材料となります。

SNS集客のデメリット

ここからは、メリットの大きいSNSで生じるデメリットについて解説します。情報の拡散力が高く、ユーザーと直接繋がることが可能であるがゆえのデメリットもあります。

SNS集客を狙うためにはデメリットの面もしっかりと把握しておきましょう。

業務が増える

「SNSに投稿すればいい」という軽い気持ちで始めることは控えましょう。SNS集客は重要な業務となるので、SNS担当の人材を用意したり、SNS集客専門の部署を設立しているような企業も多いです。

そのため、他の業務と掛け持ちで行なう際は業務内容が増えてしまいます。SNSで集客を狙う際は、コミュニケーションツールとしてではなくマーケティングツールとして扱うためデータの分析なども必要になり大変です。

間違った情報の拡散

企業側が拡散したい情報とは違った方向性で情報が拡散してしまうことがあります。ユーザー主体で拡散されるため、一度悪評が立つとその情報が間違って拡散されてしまう可能性があります。

そのような場合は、早々に情報の修正を行なう必要があります。公式からの情報よりも、ユーザーからの第三者情報の影響力が高いため、間違った情報が拡散してしまった場合の修正は大変な作業になります。

炎上してしまう可能性

企業が起こした事故・事件・不祥事・問題発言に対して、SNS上で情報だけが独り歩きしていくことが多いです。そのため、間違った情報が拡散されることも珍しくなく、事実にはないようなことも拡散されていく可能性があります。

その結果、悪評が大きくなり、「炎上」という形でマイナスイメージが定着してしまいます。多くの場合、時間経過で落ち着きますが、このような事態に陥らないためにも定期的なパトロールをしておく必要があります。

まとめ

本記事では、SNS集客のメリット・デメリットについて解説しました。最後に、本記事の内容をまとめると

●    SNSを利用しているユーザーは10~60代と幅広い
●    スマホの普及に伴って、SNSの利用者も増加している
●    SNSを活用することで、費用を掛けずに集客が可能
●    ブランディングの強化、ロイヤリティの向上にも繋がる
●    業務が増えるので、人材やSNSについても勉強が必要になる
●    間違った情報や、炎上してしまう可能性があるので注意が必要

このような内容でした。

SNSを活用するメリットは非常に大きいですが、その反面間違った方向で運用してしまうとデメリットが目立ち、評価を下げてしまう可能性もあります。

正しい方向性で運用することで、リスクを防ぎメリットの部分だけを得ることも可能です。SNS運用が難しいという場合は、SNS運用代行のようなプロに頼ってみることをおすすめします。

NEW
ARCHIVE