ホームページ制作,

【目的別】ホームページ制作を外部委託するメリットと注意点

自社のホームページを制作したいが、知識が無い、ホームページ制作に時間を費やすことができない場合「外部に委託する」という選択肢があります。

しかし、「どこに委託したら良いかわからない」「費用が心配」といった不安から、外部に委託するかどうか悩んでいる企業も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、ホームページ制作を外部委託するメリット・外部委託する際の注意点について解説していきます。本記事を参考に、自社のホームページ制作を外部委託するかどうかについて考え、理解を深めていきましょう。

ホームページ制作は外部委託するべき?

ホームページはインターネット上の顔です。自社のコンセプトをしっかりとホームページに掲載するためには、ホームページ制作を外部に委託した方が良いでしょう。

ホームページは、外部委託せずに自分でも制作できます。しかし、自分で制作する場合、多くの知識が必要です。テンプレートが用意され、簡単に制作を進めることができるソフトもありますが、表現の幅が狭く、思い通りのホームページが作成できるとは限りません。

ホームページ制作を外部委託するメリット5選

ホームページ制作を外部委託する5つのメリットについて解説していきます。

ユーザー目線のホームページ構成の提案

ホームページ制作において最も大切なことは、ユーザー目線であることです。しかし、ターゲットとしているユーザーの意識調査やホームページ上で購買意欲を高めるためのレイアウトの吟味には多くの時間が必要となります。

ホームページ制作を外部委託すると、時間を必要とする部分を任せることができるため、ホームページ制作の制作に多くの時間を割くことができないといった心配をする必要が無いです。実績のある外注先に委託をすることで、確実な調査と経験を元にユーザー目線のホームページ構成を提案してもらえます。

ホームページを訪れたユーザーが満足できるホームページ制作を心掛けましょう。

クオリティの担保

ホームページ制作を外部委託することで、ホームページのクオリティが担保されます。

数多くのホームページが存在しているインターネット上でデザイン面が劣っているホームページは、ユーザーからの評価が悪く、すぐに離脱されてしまう可能性があります。

しっかりと自社の商品やサービスをユーザーに届けるために、ホームページのクオリティを落とさないように注意しましょう。

SEO対策

ホームページを外部委託することで、外注先の実績をもとにSEO対策ができます。自社の商品やサービスを必要としているユーザーが、自社のホームページを見つけ出すためにはSEO対策が欠かせません。

信頼できる外注先に委託して、SEO対策を万全の状態に整えておきましょう。

リスク回避

ホームページ制作においてトラブルが起こった際、外部に委託していることですぐに対応・処置をすることができるでしょう。また、セキュリティ対策もしっかりと行うことで、公開後のトラブルを未然に防ぎます。

公開後のコンサルティング

ホームページは制作して終わりではありません。随時更新し、より良いホームページを持続させ続けることが必要です。ホームページ制作を外部に委託している場合、ホームページ公開後の改善点についてコンサルティングを受けることができます。

しかし、外注先によっては公開後のコンサルティングを実施しない場合もあります。外部に委託する前に、どこまで対応しているのかをしっかり調べておきましょう。

委託先の選び方

多くの外注先がある中で、どこに委託するか悩む企業も多いでしょう。ホームページ制作における目的別に、委託先をどこにしたら良いのかを解説していきます。

安価でスピード重視

ホームページ制作にあまり費用をかけず、短い期間で完成させたいと考えている場合、個人で受注しているフリーランスに委託すると良いでしょう。会社に属していないため人件費がかからず、比較的安価で契約することができます。

また、個人で仕事が完結するためコミュニケーションはとりやすく、スピーディーな対応に期待できるでしょう。

しかし、スキル面の保証はできません。安心してホームページ制作を委託するために、過去の実績や契約内容などをしっかりと確認しておくことが大切です。

安定したスキル

安定したスキルを重視する場合、Web制作会社に委託すると良いでしょう。Web制作会社は会社としての多くの実績をもち、複数の担当者が携わっているため、安心して委託することができるでしょう。

しかし、フリーランスと比べると多くの費用が必要となるため、しっかりと他社比較を行った後に、委託するようにしましょう。

ホームページ制作を外部委託する3つの注意点

ホームページ制作を外部委託する際、注意しておく3つのポイントがあります。外部委託を失敗しないために、注意点について理解をしておきましょう。

コミュニケーションコスト

ホームページ制作を外部委託することで、コミュニケーションコストがかかることを忘れてはいけません。ホームページ制作をしていく中で、完成するまでに多くの打合せを重ねます。この際に、しっかりと意思疎通ができなければ、思い通りのホームページを制作することはできません。

より良いホームページを制作をするためには、実績があっても、コミュニケーションコストが必要以上にかかってしまう外注先には委託しないほうが良いでしょう。

制作費

ホームページ制作を外部委託することで、多くの費用がかかります。しかし、完成品の度合いによって制作費には大きな差があるでしょう。自社の目的に合ったホームページを制作するために、外注先をしっかりと検討し、制作費が無駄にならないように気を付けましょう。

情報漏洩

自社の情報を外部に委託することで、情報漏洩の危険性があります。契約書の内容をしっかりと確認し、セキュリティ面で信頼できる外注先に委託し、リスクを回避しましょう。

まとめ

本記事ではホームページ制作を外部委託するメリット・外部委託する際の注意点について解説しました。ホームページ制作を外部委託する際、すぐに委託先を決めるのではなく、自社の目的を検討したうえで、委託することが大切であることがわかりました。

自社の目的によって委託先は様々ですが、信頼して委託した結果、思い通りのホームページではなかったり、トラブルが発生したりとリスクを伴う可能性があることを忘れてはいけません。

安心してホームページ制作を委託し、より良いホームページ制作をしていくために、委託先はしっかりと吟味する必要があります。外注先の業者選定の段階で違和感を感じる場合は他を当たったほうが無難です。外注先選びに時間をかけることを惜しまず、信頼のおける外注先とホームページ制作を進めていきましょう。

弊社では以下のような実績があります。

・年間5000サイト、2000アプリ以上の制作
・コロナ禍の中で5000社以上のIT相談を実施

ホームページ制作にお悩みの方は、是非ともお気軽にご相談ください。

NEW
ARCHIVE