ホームページ制作,

【必見!】ホームページ制作に欠かせないノウハウとは?

自社のホームページを作成してみたいけど「ノウハウがわからない」「難しそう」といった懸念を感じていませんか?

ホームページは、会社の顔と言っても過言では無い存在であり、集客や売上に良い影響をもたらす場合があります。しかし、なかなか制作に取り組むことができない企業もあるのではないでしょうか?

そこで本記事では、ホームページ制作に欠かせないノウハウについて解説していきます。本記事を参考にホームページ制作をする際に、各社が明確にしておくべき目的や方法について、理解を深めていきましょう。

ホームページ制作にノウハウは必要なのか?
ホームページ制作にノウハウは必要です。最適なノウハウを知らずに進めてしまうと、失敗のリスクが高くなり、結果的に作り直すために多くの費用や時間が掛かってしまいます。

自社の強みを整理し、ノウハウを元に効率よく制作を進めていきましょう。

ホームページ制作の目的

ホームページ制作を始める前に、作成する目的を明確に立てておくことが最も重要となります。目的が明確であることにより、ページを訪れてほしいユーザー像も確立するでしょう。ホームページのコンセプトや内容・中身を試行錯誤する中で、ユーザー像の存在は欠かせません。

ホームページを作成することで、どのような効果や影響力があるのかを目的別に解説していきます。

商品やサービスの紹介

ホームページを通じて、自社の商品やサービスをインターネット上で紹介することができます。自社の商品やサービスを知ってもらった上で、ユーザーの具体的なアクションに結びつけ、集客や販売に繋げるために、作成・設計をしていくことが必要です。

ホームページを経由して、新規の顧客開拓に繋げることもできるでしょう。

会社のブランディング

拡散力が高まるほど、会社のブランドが確立します。ユーザーが最低限必要としている情報をしっかりと伝えることができるよう心掛け、多くの人に自社について知ってもらうことで拡散力を高めていきましょう。

会社のブランド力が高まることで、商品やサービスに対する安心感や満足感を高めると同時に、取り引き先や従業員とのコミュニケーションをより円滑にとることができる効果があります。

ホームページ制作の方法

制作の方法は様々です。今回は「誰が」制作を進めていくのかという点に注目して、3パターンを解説していきます。

自分で制作

余り費用を掛けたくないという場合は、自分でホームページを制作をするという選択肢もあります。様々な作成ソフトがある中で、無料のソフトで制作する場合、作成者は自分であるため制作費は掛かりません。しかし、レンタルサーバーやドメインの取得といった別途費用は掛かります。

また、無料ソフトの場合、レイアウトに限りがあったり、表示速度やページ数といった問題点が挙がってくる可能性があるので注意しましょう。

有料のソフトの場合は、しっかりと専門的な知識を学習してから制作に取り掛かる必要があるため、多くの時間と労力が必要です。自分で作成するため、時間を掛けて様々な知識が身に付いた頃には、思い通りのホームページを作成できるようになっているでしょう。

友人に依頼

友人に制作を依頼する方法もあります。友人であれば、コミュニケーションコストをあまりかけることなく、スムーズに進めていくことができるでしょう。

しかし、ホームページは作成したら終わりではありません。随時更新の作業を依頼する必要があります。作成後も連絡を取り続けることが可能かどうかを予め確認しておきましょう。

Web制作会社に依頼

費用を掛け、Web制作会社に依頼する方法もあります。制作会社によって、掛かる費用や技術に差があるため、しっかり比較検討した後に依頼しましょう。

Web制作会社は、作業ごとに特化した人材が在籍しているため、より質の高いホームページを期待できます。自社のコンセプトをWeb制作会社に伝え、思い通りに制作を進めていくために、しっかりとコミュニケーションをとることが重要です。

ホームページ制作に必要なノウハウ3選

最後に、ホームページ制作に必要となる3つのノウハウについて解説していきます。

HTMLやCSSのスキル

Web上で文章を記すHTMLや、デザインやレイアウトを記すCSSのスキル、他にも多くのプログラミング言語を知る必要があります。

スキルを習得するためには多くの時間と労力が必要となりますが、これらのスキルを身に付けることで、ホームページ制作における自由度は高くなります。思い通りのホームページを作成するためには、HTMLやCSS、その他のスキルを習得することが欠かせません。

Webデザイン

目的を達成するために、Webデザインをしっかりと設計することが必要です。商品やサービスの情報をしっかりと整理・分類し、ターゲットユーザーに情報が伝わるようにホームページのレイアウトを考えましょう。

また、閲覧端末によって見え方が変わってしまうので注意が必要です。様々な環境で最適に表示されるようデザインを考慮して、各端末に対応可能なホームページを制作しておきましょう。

Webマーケティング

ホームページを作成しても、閲覧されないことには効果が発揮されないため、ユーザーを自社のホームページまで誘導するための策略が必要です。そのためにはSEO対策やランディングページの設置、広告運用など、様々なWebマーケティングの知識が必要となります。

作成した後の問題点や改善点に気付き、より良いホームページにしていくため、随時更新していく際にもWebマーケティングの知識は重要です。

まとめ

本記事では、ホームページ制作に欠かせないノウハウについて解説しました。ホームページ制作をする際に、各社が目的や方法を明確にした上でノウハウを組み込むことで、自社の商品やサービスを紹介することができ、会社のブランディングにもなり、自社にとってより良い影響をもたらすことがわかりました。

しかし、全ての作業を独自の会社のみで進めていくには多くの時間と労力が必要となります。効率的に制作を進めていくためには、しっかりと自社のコンセプトを固めた後、Web制作会社に委託すると良いでしょう。Web制作会社は、質の担保はもちろんのことホームページ制作に必要なノウハウも加味しています。

内容やコンセプト決めにしっかりと時間をかけ、ユーザー視点で自社の商品やサービスを1人でも多くのユーザーに届けることができるような、より良いホームページ制作を心掛けましょう。

弊社では以下のような実績があります。

・年間5000サイト、2000アプリ以上の制作
・コロナ禍の中で5000社以上のIT相談を実施

ホームページ制作にお悩みの方は、是非ともお気軽にご相談ください。

NEW
ARCHIVE