ホームページ制作,

【何してるの?】ホームページ制作時にやることとは?

集客や、販売促進のためにホームページは必要不可欠と思っていても、Web制作の経験もないのでどのように制作するのかなんて分からない、という方も多いのではないでしょうか。

個人でブログを書いていた、という方は多いかもしれませんが、ホームページとなると全くの別物になるためスキルを活かせないなんてことも珍しくありません。

そこで本記事では、ホームページを制作するまでになにをすべきなのか、どのようなことをやるのかについて詳しく解説していきます。ホームページ制作は、事前の準備が重要になるため、目的に応じたホームページを制作するよう心掛けましょう。

ホームページ制作でやること

まず、ホームページを制作するにあたって事前準備としてやっておくべきことについて解説します。ホームページは、とりあえずで作るものではありません。明確な目的を持って作らなければならないため、事前にやるべきことを明確にしておきましょう。

目的を決める

ホームページに限らず、Webサイトを作成するにあたって必要になるのが目的です。何のためにホームページ、Webサイトを作るのか。この目的を明確に出来なければ、意味のないホームページに仕上がってしまいます。

・ECサイト
・企業ホームページ
・サービス提供サイト
・ブランディングサイト

これらは全てWebサイトですが、目的が全て異なります。つまり、どのような目的でどのようなWebサイトを作成する必要があるのかを事前に決めておかなければ、需要のないホームページになってしまいます。

ターゲットやペルソナを定める

ホームページ、Webサイトの目的を決める際にセットで行う事柄として、ターゲットやペルソナの設定です。制作するWebサイトは、どのようなターゲット、ペルソナに対して需要があるのかを明確にして設定します。

・性別
・年齢
・職業
・趣味
・休日の過ごし方

このように、ターゲット、ペルソナ情報を綿密に組み上げていくことで、ターゲットやペルソナにはこのようなWebサイトの需要がある、と理解出来るため、ホームページを制作する前には必ずターゲット、ペルソナ設定を行いましょう。

ホームページ制作のポイント

ここからは、ホームページを制作する際のポイントについて解説します。ホームページを制作するために必ず問題として上がってくるので、しっかりと理解しておきましょう。

どのような形式でホームページを制作するのか

ホームページ、及びWebサイト制作と言っても、その方法は様々です。

・0からプログラミング
・CMSなどで簡易的に制作
・NoCodeの直感的な操作で制作

ホームページ制作と聞くと、専門的な知識が必要不可欠、という印象を持たれている方も多いと思いますが、そんなことはありません。今では、プログラミングの知識がなくてもホームページを制作出来る便利なツールやプラットフォームが多数存在します。

それぞれに特長があるため、使い分ける必要はありますが、事前に定めた目的やターゲット、ペルソナに届けるにはどのような形式でホームページを制作したほうが良いのか、まずはここから決める必要があります。

どのような点に費用が発生するのか

ホームページ制作を自社で行う場合でも、制作会社に委託する場合でも、費用は必ず発生します。この費用が、どのような点で発生しているのかも理解しておく必要があります。

自社で制作する場合でも

・ドメイン代
・レンタルサーバー代

上記2点は必ず費用が発生します。

また、外部へ制作を委託する場合には外注費用が必要になるうえ、追加でWebサイトの保守やSEO対策、マーケティングコンサルティングなどを依頼するのであれば相当な費用が発生するため、どこまでの予算を割けるのか、なども事前に確認しておく必要があります。

ホームページ制作の流れ

ここからは、ホームページを制作する流れについて解説していきます。ホームページ制作には大きく分けて4つのフェーズがあるので、各フェーズごとに深堀していきます。

企画

企画とは、冒頭の「ホームページ制作でやること」の内容とほぼ同義です。

このホームページ、及びWebサイトを制作することでどのような成果をもたらしたいのか、どのような結果を求めているのかを突き詰めていき、制作する目的を明確にします。

この企画部分がもっとも重要と言っても過言ではありません。目的に応じて、この後の作業内容や工数にも大きく影響を及ぼすため、プロジェクトのメンバーを数名集めて意見を擦り合わせていきましょう。

設計

設計部分では、ホームページをどのような内容に仕上げるのかを組み上げていきます。ホームページは階層構造になっているため、階層にどのような内容を詰めていくのかを決める必要があります。

ホームページは基本的に、

・トップページ
・事業理念
・事業内容
・採用ページ
・お問い合わせ

最低限この5ページが必要になります。この5つに加えて、必要に応じてどのようなページを追加するのか、ここを設計の段階で決めていきます。

制作

設計が終われば、いよいよ制作に取り掛かります。

設計段階で、どのようなページが必要なのかは明確になったので、各ページに画像やテキストを載せていきます。また、ここではデザインに関する知識なども必要になってくるため苦手な場合は、デザイナーに外注するという選択肢もあります。

デザインまで完成したら、コーディングの作業に入ります。

コーディングとは、プログラミング言語を用いて、プログラムを組み立てていくこと。ホームページの枠組み(ワイヤーフレーム)を構築しても、コーディングをしなければインターネット上で閲覧することは出来ません。

「safari」や「Googlechrome」、「Internet Explorer」などのブラウザ上で表示させるためには、コーディングという作業は必須になります。専門的な知識を要するフェーズにはなりますが、CMSやNoCodeであれば、コーディングの作業がないので、そちらを活用するのも手段の1つです。

公開

制作が完了したら、いよいよホームページを公開します。実際に表示してみて、エラーやバグ、レイアウトが崩れていないか、スマホでも問題なく表示されているかなど、くまなくチェックします。

また、ホームページを公開したら、検索エンジンに知らせる必要があります。公開直後のホームページは検索エンジンから認識されていないため、こちらから認識してもらうためのアプローチを行います。

ホームページは公開して終わり、ではなく定期的な更新や運用時に起きるトラブルなどの対処も必要になってきます。トラブルの対処の方が大変な場合も多いので、結局は専門的な知識を身に付ける必要が出てきます。

ホームページ制作でやることのまとめ

本記事では、ホームページ制作時にやることを解説しました。ホームページ、及びWebサイトは制作に取り掛かるまでの準備が重要です。事前準備をしっかり行わなければ、制作段階で企画を練り直す必要も出てきます。

ホームページ制作を自社で行う場合は、事前にプロジェクトメンバー全員で擦り合わせを行い、公開後のホームページの保守のことまで考えて、専門的な知識を持った人材を育成することをおすすめします。

しかし、人材育成をするほどの知識もなければ時間もない、という方は、ホームページ、及びWebサイト制作は制作会社に外部委託した方が安心です。運用時の保守まで受け持ってくれる会社も多く、急なトラブルでも安心です。

弊社でも、ホームページ制作依頼を承っております。

・年間5000サイト、2000アプリ以上の制作
・コロナ禍の中で5000社以上のIT相談を実施

このような豊富な実績を基に、目的に応じたホームページを制作させていただきます。
ホームページ、Webサイトが必要と感じている方は、お気軽にご相談ください。

NEW
ARCHIVE