アプリ制作,

自社でアプリ制作を行うのは大変?どんな作業工程が必要なの?

自社でアプリ制作を行いたいと思っているけど、「やり方がわからない」「どれくらい大変なんだろう」このように思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、アプリ制作にはどのような工程が必要で、どれくらい大変なのかを解説していきます。

自社で1からアプリを制作するのは大変ですが、アプリ制作テンプレートを使ったりアプリ制作会社に委託することで手間をかけずにアプリを制作することができます。アプリ制作を考えている方は是非検討されてはいかがでしょうか。

初心者がアプリ制作を行うのは大変?

アプリ制作には多くの工程があり、工程ごとによって様々な専門的知識が必要です。
アプリ制作を専門的に行っている会社でも、SEやプログラマ、デザイナーなど複数の職種がアプリ制作に携わっており、初心者が一人でアプリ制作を行うのはとても難しいです。
更にアプリは制作し終えたあとも運用していく必要があり、運用にも専門的な知識が必要です。
確かにプログラムやデザインなどを学習し独力でアプリを制作することはできますが、アプリ制作に必要な知識は膨大なため望むものが出来上がらないことも考えられます。
それだけでなく、学習に時間を取られ本来の業務に当てる時間が減ってしまえば元も子もありません。
また自社でエンジニアを雇うこともできますが、経験豊富なエンジニアへの報酬は高くついてしまいますので専門の会社に委託したほうが費用も抑えることができます。

アプリ制作の大変な作業工程

実際にアプリを制作するときに必要な工程には以下のようなものがあります。

1.アイデア出し・要件定義
2.アプリを実際に開発する(デモ)
3.デモアプリ制作、不具合のチェック
4.審査に出して通過を待つ(iOSの場合)
5.アプリ内のデータ分析を行う
6.バージョンアップや保守・定期点検などを行う

では、今挙げた工程を具体的に解説していきます。

1.アイデア出し・要件定義

まずアプリ制作に取り掛かる前に、アイデア出しと要件定義を行う必要があります。
アイデア出しというと一見簡単そうに思えますが、アイデアを実現するためのフレームワーク選定などに専門的な知識が必要とされます。
この段階で全体的な方針を決めるので、製作工程の中で一番重要な部分でもあります。

2.アプリを実際に開発する

アイデア出しと要件定義が終わったら、実際にデモアプリを作っていくことになります。
デモアプリ制作にもプログラミングやデザインなどの専門的な知識が要求されます。
初心者の方が勉強して行うこともできますが、やはりプロに頼んだほうがクオリティの高いものが出来上がるでしょう。

3.デモアプリ制作、不具合のチェック

デモアプリが完成したら、デバッグを重ねて不具合を減らして行きます。
デバッグはいろいろな状況で不具合がおこらないか確認する必要があるので、手間と時間がかかります。
またデバッグには豊富な知識と経験が必要なので、初心者が行うと不具合を見逃してしまうこともあります。

4.審査に出して通過を待つ(iOSの場合)

アプリ制作が一通り終わったら、android向けならGoogle Play Store、IOS向けならApple Storeにアプリを公開する必要があります。
公開するためには、審査を受ける必要があります。
しかし審査のためにメタデータの一覧などを提出する必要があり、手間がかかります。
さらに、Apple Storeの審査は厳しいことで有名でしっかり対策しないと審査が通らない場合もあります。

5.アプリ内のデータ分析を行う

アプリが完成した後も、集客力を維持するためには定期的なデータ分析が必要です。
データを分析するのにもデータサイエンスなどの専門的な知識が必要です。
初心者がデータ分析をすると、せっかくデータを集めてもどう活用すればいいか分からなくなることもあります。

6.バージョンアップや保守・定期点検などを行う

アプリが完成した後には保守・定期点検などの作業も必要となってきます。
定期的に異常がないか確認するだけではなく、
例えば基盤にしているフレームワークにアップデートなどが入った場合、対応作業が必要になることもあります。
他にもアプリにセキュリティ上の欠陥が見つかった場合なども修正する必要があります。

アプリ制作の大変さを補う手段

このように初心者がアプリを制作するのはとても大変です。
ではどのような方法を使えば、少しでも楽にアプリ制作ができるのでしょうか。

アプリ制作テンプレートを使用

1つ目の方法はYappliやModuleAppsを始めとするアプリテンプレートを使用することです。
多くのテンプレートでは、プログラミングをせずに直感的にアプリを制作していくことができます。
更に直接自分で制作することができるので満足できるまで改良することもできます。

また自社開発や専門の会社に委託した場合、完成まで数ヶ月かかることが一般的ですが、テンプレートを使うと数日から一週間ほどでアプリを制作できます。

他にもテンプレートの公式サイト等で製作例などが公開されていることが多いので、完成した後に想像していたものと違うものができてしまうリスクも減らすことができます。

しかしAppleがアプリ制作テンプレートへの規制を検討するなど、今後どうなるか不透明な部分もあります。

アプリ制作会社に依頼する

2つ目はアプリ制作自体を専門の業者に委託してしまう方法です。
この方法だと専門のプラグラマーが、アプリを制作してくれるためテンプレートを使用する場合に比べてより細かいカスタマイズできます。
しかしアプリ制作会社によって特性があるので、見積もりなどの段階でしっかり相談する必要があります。

まとめ

本記事で解説してきたように、初心者がアプリを制作するのはとても大変です。
無理に自分でやろうとすることで、費用や時間ばかりかかってしまって望むものが完成しない可能性もあります。

またアプリ制作テンプレートを使うことで自社制作に比べると手間は減りますが、カスタマイズの自由度が低く希望と違うものが出来上がってしまうかもしれません。

そこで、弊社からご提案があります。

弊社は、今まで年間5000サイト、2000アプリ以上の制作、さらにコロナ禍の中でも5000社以上のIT相談を実施してまいりました。

弊社にご相談いただければ、自社開発より手間をかけずにアプリを制作することが可能です。専門のプログラマーがご要望に沿ってアプリを制作するので、希望と違うものができてしまうこともありません。

アプリ制作を検討されている方は、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW
ARCHIVE