ホームページ制作,

ホームページ制作のフロー、ホームページはどういう流れで作る?

会社やお店のホームページを作るのに、
何から手を付けてどういった流れで進めていけば良いのか分からないと
頭を抱えている担当者さんも多いんじゃないでしょうか。


ホームページ制作会社に外注するにしても、
ある程度は制作フローが分かっていないとやっぱり不安ですよね。


そこでホームページ制作会社に外注する場合のホームページ制作フローを、
順を追ってできるだけ詳しく紹介しましょう。

ホームページ制作フロー

会社やお店のホームページを製作会社に外注する場合、まずはクライアント側だけで
 ・ホームページの基本方針
 ・ホームページ制作会社の選定
を行っておきます。


外注するホームページ制作会社が決まったら、
制作会社を含めてホームページ制作の「企画・設計」を行います。


そして実際にホームページの「制作」へと進んで、
完成したホームページをクライアント側がチェックして「公開」となります。


ですからクライアント側から見ると
 1.発注の下準備
 2.発注
 3.企画、設計
 4.制作
 5.公開
というのが大まかなホームページ制作のフローなんですね。

ホームページの基本方針を決める

会社やお店のホームページを作ることになったら、
まずはクライアント側のみでホームページの基本方針を決めるところから始まります。


ホームページ制作会社に外注すると言っても、丸投げでは会社やお店の知名度アップ
集客アップに繋がるようなホームページはできません。


また依頼されるホームページ制作会社としても、ただ「ホームページを作ってほしい」と
言われてもどういうホームページを作れば良いのか分からず困惑するだけです。


なのでホームページ制作会社に発注する前に、クライアント側だけで
 ・ホームページを作る目的
 ・ターゲット
といったホームページ制作の基本的な方針ぐらいは決めておかないといけませんよ。


この段階ではホームページ制作の目的を決めておくだけでOKなんですが、
実際に制作する際のサンプルとなるホームページを探しておくのも良いかもしれません。


サンプルとなるホームページがあると、ホームページ制作会社がクライアント側の
「こういうホームページを作りたい」という意図を汲み取りやすくなります。

何のためにホームページを作るのか

会社やお店だけでなく個人のホームページでも、まずはどういった目的で何のために
ホームページを作るのかを考えておかないといけません。


例えば会社であれば、顧客獲得に繋げるための知名度アップ、あるいは会社や
業界全体のイメージアップなんかが目的になることも多いんじゃないでしょうか。


もう少し踏み込んで、問い合わせ数や資料請求件数を増やしたいとか、
優秀な人材確保などもホームページ制作の目的になりますね。

ホームページを見てもらいたい明確なターゲットを決める

ホームページを作る目的が決まったら、
今度はどういった人にホームページを見てもらいたいかターゲットを決めます。


ただし大まかでざっくりしたターゲットではなく、
詳細な「ペルソナ」を設定した方が良いですよ。


ペルソナは自社の典型的なユーザー像のことで、年齢や性別はもちろん
 ・職業
 ・役職
 ・年収
 ・趣味
 ・家族構成
など実在の人物としてより詳細な設定を施したものです。


通常、会社やお店のターゲットと言うと、
 ・10代後半から20代前半の女性
 ・30代40代の男性
 ・30代以上の働く女性
といったようにざっくりとした年齢と性別を決めるぐらいですよね。


しかしホームページを作る際には、
 ・年齢・・・29歳
 ・性別・・・男性
 ・職業・・・中堅商社のサラリーマン
 ・役職・・・営業部の主任
 ・居住地・・・都心から少し離れた郊外の賃貸住宅
 ・家族構成・・・妻、娘(3歳)
 ・趣味・・・ランニング
など実在しているかのような人物をターゲットとして設定しておくんです。


ペルソナを設定すると、
ホームページに求められる情報や機能などが分かりやすくなりますよ。

サーバーとドメインをどうするのかを決める

発注の下準備としてもう1つ、完成したホームページを公開するための
サーバーとドメインをどうするのかも決めておかないといけません。


ちなみに、サーバーはホームページのデータを保存しておくところで、
インターネットではサーバーにアクセスすることでホームページが閲覧できます。


ドメインはホームページのURLの「https://www.」から後ろの部分のことで、Googleの
URL「https://www.google.com」だと「google.com」の部分がドメインとなります。


サーバーで自分で立てることもできますが、
手間がかかるのでレンタルするのが一般的です。


ドメインはすでに使われているものはダメですから、
使いたいドメインがある場合は事前に使われていないかチェックしておきましょう。

ホームページ制作会社の選定

ホームページを作る目的や明確なターゲットが決まったら、
実際にホームページを作ってもらうホームページ制作会社を選定します。


ホームページ制作会社にも得意とする分野がありますから、自社の業種や
ホームページ制作の目的を得意としているホームページ制作会社を選びましょう。


まずは何社か制作会社をピックアップして実際に面談し、
ホームページ制作の予算やスケジュールなんかを提案してもらうと良いですよ。


数社の制作会社をピックアップするのが難しい場合には、
Webコンサルタントに相談するという選択肢もあります。


Webコンサルタントであれば、クライアント側が作りたいホームページ制作を
得意としている制作会社を何社か紹介してもらえますよ。


最初にホームページ制作の目的をハッキリさせておくと、
ホームページ制作会社としても予算やスケジュールなどの提案がしやすくなります。


より具体的な提案をしてもらうことで制作会社ごとの違いも見えやすくなり、
制作会社の選定もしやすくなるというわけです。

制作会社を交えたホームページの企画・設計

ホームページを作ってもらう制作会社が決まったら、
制作会社を交えてホームページの企画・設定を行っていきます。


ホームページの目的や制作会社を決めたり、ホームページの企画・設計を
行ったりするまでが、ホームページ制作では「段取り」の段階となります。


「段取り8分仕事2分」という言葉あるように、何事も段取りが重要ですから、
ホームページ制作においても段取りをおろそかにしてはいけませんよ。


まず制作会社の担当者を含めて打ち合わせを行い、それぞれの役割分担、
ホームページ制作の目的、さらにどういった感じにするのかホームページの方向性を
確認します。


何度か打ち合わせを重ねてホームページ制作の大筋が決まったら、
 ・概要
 ・要件
 ・課題やリスク
 ・制作体制
 ・大まかな制作フロー
などが記載された「要件定義書」を作って、
クライアント側と制作会社側で認識に違いがないことを確認しておきます。


そして定義書を上司に提出して、ホームページ制作の承認が得られれば、
実際のホームページ制作へと進んでいきます。

ホームページの構成

制作会社との打ち合わせでは、実際に制作するホームページの構成を決めていきます。


最初に決めた目的を達成するために、どういったコンテンツや情報などを
どうやってホームページに掲載するのかを練り上げます。


ホームページに掲載するコンテンツや情報によっては、クライアント側で必要な資料を
集めたり、社内の関係者に話を聞いて回ったりしないといけません。


社内での資料収集や取材はホームページ制作会社にはできませんから、
当然クライアント側の担当者が主体となって行うことになります。


資料収集や取材がスムーズに行われないと、
ホームページ制作全体のスケジュールにも影響が出てしまいます。

CMS導入を検討する

ホームページ制作の企画・設計段階で、
CMSを導入するかどうかを制作会社と相談して検討しておきましょう。


CMSは簡単に言うと、
クライアント側でホームページの更新や修正などができるシステムのことです。


CMSを導入すれば、情報の追加や文言の修正といったちょっとしたことであれば、
ホームページ制作会社にお願いしなくても自社で解決できます。


どのぐらいの頻度、どのぐらいの規模でホームページの更新を行うのかを考えて、
CMSを導入するかどうかを検討しましょう。


年に1回程度、コンテンツを入れ替えたり情報を追加するといったように、頻度が低く、
ある程度の規模で更新するんだったらCMSを導入せずにホームページ制作会社に
更新をお願いする方が良いですね。


2~3か月に1度、多い時は1か月に1回、ちょっと情報を追加する程度なら、
CMSを導入していつでもホームページの更新ができるようにしておいた方が良いかも
しれません。


どのぐらいの頻度・規模の更新ならCMSを導入した方が良いかは、
ホームページ制作会社の意見を参考に検討してください。

ホームページの制作

打ち合わせを重ねて要件定義書を作り、会社からGOサインが出れば、
いよいよ実際にホームページを制作していくことになります。


まず背景などホームページ全体のデザインを机上で作り、
そのデザインをホームページに落とし込むためのソースコードを書いていきます。


比較的料金の安いホームページ制作会社やCMSを導入する場合などは、
ソースコードを書くのではなくノーコードツールを使ってホームページを作るケースも
あります。


ホームページ制作会社がノーコードツールを使う場合は、既存のデザインやパーツは
使わずに、オリジナルで作ったデザインやパーツを使うことがほとんどです。


なのでノーコードツールを使うホームページ制作会社だと、
比較的安い料金でもオリジナリティのあるホームページを作ってもらえますよ。


ホームページのデザインやレイアウトが完成すると、
いったんネット上にアップされるので、ブラウザでチェックして打ち合わせで決めた通りの
仕上がりになっているかを確認します。


デザインやレイアウトがOKとなれば、あとはCMSなどホームページに必要な
システムを構築して最終的な確認へと進みます。

できあがったホームページを最終確認

ホームページができあがったら、デザインやレイアウトをチェックした時と同じように
ネット上にアップされるので、ブラウザで最終確認を行います。


リンク切れなど技術的な部分のチェックはホームページ制作会社が行うので、
クライアント側は記載している情報に間違いが無いか内容をチェックします。


発注からできあがるまである程度時間がかかりますから、その間に社内で
変更されたことがホームページに反映されているかを確認するんですね。


例えば役員の変更があったのに「会社情報」に記載されている役員の名前が以前の
ままになっていないか、「採用情報」が最新のものになっているかなどといったことです。


クライアント側で変更されたことは制作会社側では分からないこともあるので、
記載情報の最終確認はクライアント側担当者の重要な仕事ですよ。

ホームページは公開しても終わりじゃない

最終確認をして問題が無いとなれば、
完成したホームページを実際にネット上に公開して運用開始となります。


あとは放っておいても利用者が次々にアクセスして・・・というわけではないので、
公開後にも色々とやらないといけないことがあります。


1つには、公開したホームページがGoogleなどの検索エンジンで検索できるようにする
必要があります。


もちろん放っておいてもGoogleなどで検索されるようにはなるんですが、
少し時間がかかることもあるんですね。


そこで、Googleなどの検索エンジンに「新しいホームページを公開したので、
検索できるようにしてください」とこちらからモーションをかけるわけです。


サーチコンソールなどのツールを使って行うんですが、
詳しい方法はホームページ制作会社に相談してみてください。


Googleなどだけでなく、社内や取引先など社外に新しくホームページを作ったことを
アピールしなければいけません。


さらに定期的にアクセス解析をして、最初に決めたペルソナに利用してもらっているか、
ホームページを作った目的を達成できているかといったことも確認する必要があります。


ホームページの運用については、月額料金が発生しますが、
ホームページを作った制作会社に協力してもらうのも1つの選択肢ですよ。

まとめ

新しくホームページを作る際の制作フローを詳しく紹介しました。


ホームページ制作会社に丸投げすれば良いというわけではなく、
ホームページ制作においてはクライアント側の担当者の役割も決して小さくありません。


十分な準備をしておかないことには、高いお金を払ってホームページを作っても
大した効果が見込めない可能性が高いです。


ですから、まずはホームページ制作に関して社内でできる準備をしっかりとした上で、
ホームページ制作会社に依頼するようにしましょう。

NEW
ARCHIVE