ホームページ制作,

【習得必須!】知っておくべきWebマーケティング手法4選!

Web上でユーザーを集客する方法をご存知でしょうか。知っているという方も多いですが、Web集客における施策を全て理解出来ていないという方も珍しくありません。Web上での集客パターンは非常に多く、似て非なるものなので難しいとされています。

そこで本記事では、Web集客に必要なマーケティング手法について解説していきます。今ではWebマーケティングを知らないと商品が売れないとまで言われているので、本記事を参考にWebマーケティングについての知識をしっかりと習得していきましょう。

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、Web上で利益を伸ばすために行う施策のことを指します。WebサイトやSNSなど様々なインターネットプラットホームを活用して集客を行うことの総称としてWebマーケティングと呼ばれています。

Webを活用したマーケティングとして「デジタルマーケティング」という手法もありますが、デジタルマーケティングにはアプリやその他デジタルシステムも含まれているため、Webマーケティングはデジタルマーケティングの一部とされています。

Webマーケティングの重要性

まずは、Webマーケティングの重要性について解説します。商品を売り出すためには認知拡大から集客まで全て考えて戦略を練る必要があります。そこで、なぜWebマーケティングが必要とされているのか、その重要性について解説します。

インターネット需要の高まり

Webマーケティングが重要と言われるようになった背景には、インターネット需要の高まりがあります。インターネットの利用者は年々増加し、その需要に伴い商品販売をオンラインへ拡大している企業も増えています。

買い物の手間を省きたいというユーザーの需要にもマッチするため、オンラインショップが発展。しかし、オンラインだからこそライバルが増えてしまうため、Webマーケティングが必要になってきています。

Webで勝ち抜くための戦略は通常のマーケティングとは手法が全く異なります。そのため、Webマーケティングに強い人材が重宝される時代になっています。

スマートフォン、SNSの普及

インターネット文化の発展とともに、スマートフォンやSNSの普及も大きく影響しています。SNSマーケティングもWebマーケティングの一環となり、また手法も変わってきます。Webマーケティングは非常に多くの手法があり、それぞれに特徴が存在します。

商品の購入やブランディングのために、SNSを活用することが増えてきています。店舗補持たず、マーケティングの施策はWebのみで完結させているという企業もあるため、Webマーケティングの戦略を練り、施策を実行することで大きな結果を生むことは間違いありません。

Webマーケティングにおける3Cとは

Webマーケティングを進めるにあたって、3C(市場、競合、自社)を明確にした上で戦略を練っていく必要があります。ここからは、マーケティングには必須となる3Cについて解説していきます。

市場(customer):ターゲティングの明確化

市場の需要がどこにあるのか、どの層にアプローチをかけるべきなのか、ターゲティングを明確にすることが重要です。需要のある層にアプローチをかけなければ商品の購入には至らないため、ターゲットを明確にして、需要のある層にアプローチをかけましょう。

競合(competitor):競合他社を調査する

市場には、当然競合が存在します。この競合他社をしっかりと調査して、差別化を図る必要があります。同ジャンルの市場で同様の商品を販売したところで勝ち目はありません。そのため、競合他社と差別化を図れるような商品を開発するためにも調査は必要不可欠となります。

自社(company):自社の問題点・強調点を把握する

競合他社を調査した結果、差別化出来るポイントを見つけるためにも、自社商品の強みを見つける必要があります。自社商品の競合他社と比較した際の強み、問題点などを把握することでどのようなポイントをプッシュした商品に仕上げるのかが決まります。

覚えておくべきWebマーケティング手法

ここからは、Webマーケティングで集客を狙うために覚えておくべき手法について解説します。Webマーケティングの手法を覚えることで、オンラインでの販売が加速するので、紹介する手法は必ず覚えておきましょう。

SEO(検索エンジン最適化)

SEOとは、Googleなどの検索エンジンで検索の上位表示を狙うための手法です。需要のあるキーワード選定や、そもそもSEOに評価されるように対策を施行するSEO対策などがあります。

検索の上位表示を狙うことで、クリック率やコンバージョン率の増加を見込めるため積極的にSEOでの上位表示を狙っている企業もあります。SEOでの上位表示は時間がかかりますが、選定キーワードで上位表示されるというのはコンバージョン率に大きく関係するため、覚えておくべきWebマーケティング手法といえます。

広告

広告とは、検索エンジンやYouTube、各SNSなどの広告枠に表示させる施策です。広告は検索順位などに影響せず、固定の広告枠に表示でき、すぐにでも認知の拡大を図れるため、即効性の高いWebマーケティング手法となります。

Web広告の方法は以下の通りです。

●    SNS広告
●    バナー広告
●    リスティング広告
●    アフィリエイト広告
●    アドネットワーク広告
●    リターゲティング広告

メールマガジン

メールマガジン、略してメルマガもDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)もWeb集客には非常に効果的です。購買意欲の高い見込み客や、すでに自社商品の購入経験があるリピーターをリスト化して、リストユーザーに向けてセールスメールや商品詳細を伝えるメールを送ります。

これにより、顧客だけでなく見込み客への教育も行えるうえ、効率良く購買意欲の高い顕在層に転換出来るので、新規商品のローンチにも有効的に活用が可能です。

SNSマーケティング

SNSマーケティングとは

●    Twitter
●    Instagram
●    Facebook

などのSNSを活用して行うマーケティング手法です。SNSマーケティングはSEOと比較しても即効性が高いうえに、ユーザー主体での拡散・共有が非常に強いため、半自動的に集客が可能になります。

SNSマーケティングを極めることで、SEOや広告を打たずとも集客や認知拡大が可能になり、効率良くリストマーケティングが出来るため、新規参入する企業が増えてきています。

まとめ

本記事では、Web覚えておくべきマーケティング手法を4つ紹介しました。Webマーケティングに強くなると、どのような商品でも売ることが可能になるため、商品やコンテンツを持っている企業などはしっかりと習得しておく必要があります。

弊社では、Webマーケティングの基本となるSEO対策やSNSマーケティングの代行業務を行っております。Web集客に苦戦しているという方は、年間5,000サイトを制作している弊社にお気軽にご相談ください。

NEW
ARCHIVE