【検索エンジン】GoogleとYahoo!はどっちがいい?

日常生活において、様々なことに疑問を抱き、その疑問を解決するために活用するのが検索エンジンです。検索エンジンといっても複数存在しますが、すぐに思いつくものとして「Google」と「Yahoo!」を思いつく方が多いのではないでしょうか。

そんな認知度の高い2つの検索エンジンですが、「Google」と「Yahoo!」の明確な違いを説明出来ないという方は珍しくありません。そこで本記事では、「Google」と「Yahoo!」の違いについて詳しく解説していきます。

Googleとは

Googleとは、Google者が提供する検索エンジンサービスです。Googleは検索エンジンだけでなく、様々な機能と連動しているため利便性が高くなっています。また、インターネット広告で有名な「Google AdSense」や「Google AdWords」も取り扱っています。

Googleの機能である「Gmail」やクラウドサービスである「Googleドライブ」など、Googleはユーザビリティの高さからビジネス利用されることが多い検索エンジンとなっています。

Yahoo!とは

Yahoo!とは、検索エンジンという印章が強いですが、様々な機能を取り揃えたポータルサイトという表現が正しいです。検索エンジンの他には「Yahoo!ショッピング」や「Yahoo!オークション」などが併設されています。

他にも、Yahoo!JAPANのサイト内で「クラウドソーシング」や「ふるさと納税」が出来るなど、サービスが増えてきています。これら全てYahoo!が管轄しているサービスのため、安心して利用出来ます。

GoogleとYahoo!は検索順位が違う

GoogleとYahoo!について説明したところで、気になるのが検索順位です。どちらも検索エンジンではありますが、表示されている検索順位が同じではありません。ここからは、なぜ検索順位が違うのかについて詳しく解説していきます。

クローリングのタイミングが違う

検索エンジンに認識され、評価されることで検索順位に反映されます。認識されるためにはクローリングの必要があり、このクローリングのタイミングがGoogleとYahoo!の検索順位を変動させている原因となっています。

ユーザー層の違いによる検索需要の変動

GoogleとYahoo!では、ユーザー層が若干異なります。

●    Google:若年層の男性
●    Yahoo!:高齢層の女性

簡単に分けるとこのような結果となりました。この結果からも分かるように、ユーザー層が異なることによる検索需要の変動が検索順位に影響していると考えられます。そのため、運営するサイト内容によってどちらで上位表示させるかを定めた方が良いかもしれません。

例えば、自社で商品やサービスを取り扱っている場合、高齢者向けの商品であればユーザー層にマッチしたYahoo!での検索上位表示を狙った方が効率良くターゲットにアプローチすることが可能になります。

Yahoo!の独自システムによる仕分け

Yahoo!の検索エンジンは、Googleのものを使っていますが検索順位まで全て同じというわけではありません。Yahoo!はWebサイトをカテゴリで細分化するというシステムを導入していることもあり、検索順位がGoogleとは異なります。

GoogleとYahoo!どっちがいい?

結局のところ、GoogleとYahoo!はどっちがいいのか分かりませんよね。それぞれに違いがあるので、自身の使い勝手が良いものを選ぶことをおすすめします。そこで、ここからはGoogleとYahoo!の機能の違いについて簡単に解説しておきます。

Googleの機能

Googleユーザーからの評価として、シンプルなインターフェースが評価されています。検索窓が大きく表示されており、その他機能は右上に格納されているというシンプルなインターフェースなので、検索するならGoogle一択という方も多いようです。

また、Googleアカウントで全ての機能が連動しているため、PCでの作業でもスマホでログインすることで引き継げる、急ぎの修正などもスマホでどこでも対応出来るなど、連動機能を魅力的に感じているためGoogleを利用しているという意見もあります。

Yahoo!の機能

Yahoo!ユーザーの意見の多くは、検索トップページの情報量が豊富というものが挙げられます。トップページにニュースや天気、広告などが大量に表示されるYahoo!は情報を求めているユーザーから高い評価を受けています。

また、トップページからYahoo!が提供している様々なサービスへ移動できるため、わざわざ検索をせずとも欲しい情報を取得できるという点が便利と感じる方も多いようです。興味を持ったコンテンツをすぐに深堀出来るというのは大きな特徴となっています。

まとめ

本記事では、「Google」と「Yahoo!」はどっちがいいのかについて解説しました。どちらも検索エンジンという点では同じですが、検索順位が違ったり、トップページの表示内容が違うなど検索エンジンといっても完全に差別化されています。

また、ユーザーの声としてもGoogleはビジネスでの利用が多く、Yahoo!はプライベートでの利用が多いという結果になっています。ビジネスマンは、アカウントでの連動が便利なGoogleを活用することが多いようです。

このように、それぞれの特徴があるので、自身の利用目的や好みで自由に選んでも問題ありません。どちらの検索エンジンにもSEO対策はありますが、基本的なSEO対策を実施しておくことで検索上位は狙えると言えます。

Google、Yahoo!どちらにも対応出来るSEO対策を実施したいという方は、年間5000サイト、2000アプリ以上の制作実績のある弊社まで、お気軽にご相談ください。

NEW
ARCHIVE