アプリ制作,

SNSマーケティングの実践方法【インスタの場合】

集客や売上アップのために、近年SNSマーケティングが注目されています。しかし、どのSNSを活用すればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、Instagramを活用したSNSマーケティングについて解説していきます。

Instagramは数あるSNSの中でも、様々なジャンルのビジネスと相性がよいプラットホームなので、参入するSNSに悩んだ際はInstagramを選ぶと無難です。本記事を参考に、Instagramを活用したマーケティング方法を学んでいってください。

SNSマーケティングでインスタを選ぶ理由

大前提として、SNSマーケティングでインスタを選ぶ理由について深堀していきます。他にもあるSNSの中で、インスタを選ぶ明確な理由があるため、インスタの特徴も併せて解説していきます。

リーチ出来るターゲット層が広い

インスタのターゲット層は10代~30代の女性と言われていますが、実際には多くの男性にも利用されています。若年層をターゲットにおくことで商品の拡散を狙いやすく、相乗効果で認知を広めることが可能になります。

もっともSNSを活用する年齢層が商品を認知、実際に利用してもらうことで情報を拡散、その結果、さらなる認知の拡大に繋がります。これにより、ユーザー主体で商品の認知を拡散してくれる仕組みを構築出来ます。

ビジュアル訴求がメイン

TwitterやFacebookなど、他のSNSは基本的にテキスト媒体となり文字ばかりが表示されます。しかし、インスタは画像・動画を投稿するためビジュアルでの訴求が可能となり、インパクトを与える効果が高まります。

文字と比較して、画像の情報量は10倍以上と言われているので商品訴求としても、ビジュアル訴求であるインスタは非常に相性の良いSNSとなります。特に、アパレルや化粧品、飲食店などはインスタを活用することで売上に直結する可能性が高いジャンルとなっています。

インスタマーケティングの効果的な方法

ここからは、インスタマーケティングを効果的に活用する方法について解説します。インスタには便利な機能が多数搭載されているので、各機能を理解することで商品の認知拡大に活用することが可能です。

ハッシュタグ

ハッシュタグとは、インスタ内で活用されるキーワードのようなものです。インスタの投稿部分に「#(ハッシュタグ)」を付けることで検索に反映されるようになっています。インスタ内では「ハッシュタグ検索」という検索方法が主流です。

1投稿につき30個までハッシュタグを設定出来るため、検索に引っ掛かりやすくするためには30個全て付けた方が効果的です。しかし、投稿の内容と関連性のハッシュタグと付けてしまうと逆効果となってしまうため、関連性のあるハッシュタグを選定しましょう。

リール

リールとは、スマホでの全画面表示が可能な縦長の動画投稿機能です。15秒~60秒まで投稿可能で、リール内で撮影から編集まで出来るため、簡単に投稿出来ることもあり、活用するユーザーが増えてきています。

リールに関しては、通常の投稿とは発見されるアルゴリズムが違うため、ターゲティングしたユーザー以外にも露出できます。これにより、今までアプローチ出来なかったユーザーにも自然に露出が可能になるため認知の拡大に繋がります。

また、リールは自動的に動画が表示されるため検索されなくても問題ありません。アカウント開設直後でフォロワーの少ないアカウントなどは、積極的にリールで露出することで幅広い層へアプローチすることが可能です。

ショッピング機能

ショッピング機能とは、インスタの投稿に商品情報を関連付けして、その商品の販売先へ遷移させる機能のこと。それにより、気になる商品をインスタからすぐに購入出来るため、購入までのハードルを下げる効果があります。

通常であれば、商品の認知から購入まではキーワードで検索して商品の販売元へ辿りつく必要がありましたが、インスタのショッピング機能はそれらの手間を全て排除してインスタから直接購入リンクまで飛べるため、非常に便利な機能となっています。

インスタマーケティングの注意点

インスタを効果的に活用する機能について紹介しましたが、インスタマーケティングには覚えておくべき注意点が存在します。この注意点を理解した上でインスタを運用していかなければマーケティングが失敗に終わる可能性が高まるため、しっかりと理解しておきましょう。

価値のない投稿

企業やブランドのアカウントという時点で価値があると思う方も多いですが、アカウント自体に価値はありません。ユーザーは投稿内容に価値を感じることでフォローやいいねなど反応を示してくれます。

ユーザーの求めていないような投稿を頻発していては、フォロワーを増やすことは難しいうえに、企業やブランドのイメージを損なう可能性もあるため、ユーザーにとって価値のある有益な投稿を心掛けましょう。

宣伝色の強い投稿

マーケティングのためのインスタ運用であることは確かですが、あからさまな宣伝ばかりを投稿していくのは控えましょう。ユーザーは宣伝を警戒するので、あくまで自然に商品の魅力を伝えるような投稿を意識しましょう。

まとめ

本記事では、SNSマーケティングにインスタを活用する理由や、活用すべき機能などを解説しました。インスタは集客や認知の拡大に活用しやすいSNSなので、SNSマーケティングを導入したいという場合はインスタから始めるとがおすすめです。

しかし、インスタ運用も必ず成功するとは限りません。紹介した注意点を守って運用していても、伸ばすための方法を進めていかなければ失敗はなくても成功には繋がらず、インスタ運用を諦めてしまうきっかけになってしまいます。

弊社では、インスタ運用の代行を請け負っております。インスタマーケティングを確実に成功させたいという場合、プロに任せる方法が効率的です。SNSマーケティングに興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせください。

NEW
ARCHIVE