SNSマーケティングとは?仕事内容を解説

従来の集客方法は、SEOや広告が主でしたが、近年SNSマーケティングによるSNS集客が強くなってきています。それに伴い、多くの企業がSNSマーケティングに力を入れてSNS運用を開始しています。

しかし、SNSマーケティングとはどのようなことをしていくのか、理解出来ていない方も多いのではないでしょうか。そこで、本記事ではSNSマーケティングの仕事内容について解説していきます。

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングとは、名前の通りSNSを活用してマーケティングを行うことを指します。SNSを通して商品やサービスの認知拡大、ファンを獲得し収益の増加、ロイヤリティを高めることによるブランディングの役割も果たします。

SNSのユーザーは年々増加傾向にあり、ユーザー層も幅広いため、様々なターゲットにアプローチが可能です。また、検索に関しても検索エンジンではなく、SNS内検索で済ませるようになってきていることからも、SNSの重要性が伺えます。

SNSマーケティングの仕事内容

SNSマーケティングの概要を説明しましたが、具体的にどのような仕事なのかを理解していない方がほとんどです。そこで、ここからはSNSマーケティングの仕事内容について解説していきます。

プランニング

SNSマーケティングは、プランニングから始まります。ここで言うプランニングとは、投稿内容のことを指します。どのような投稿がインプレッションを集めるのかなど、プランを出して検討します。

例えば、季節によって新商品が出る場合であれば季節を感じさせるような写真を添付して投稿するなど、反応の良い投稿を探していきます。また、撮影した画像の編集や投稿の文章も基本的にはマーケティングの担当となります。

顧客サポート

SNSのメリットである、顧客とのコミュニケーションもマーケティングの担当となることがあります。サポートセンターがある場合はそちらに流すこともありますが、商品に対する質問などはマーケティング担当が返信します。

アカウントが大きくなることで質問なども増えてくるため、対応は簡単なものではありません。的確に質問に回答しつつ、顧客の満足度を高めるための回答を要求されるため、繊細な作業となります。

データの分析・改善

プランニングした投稿が、本当にユーザーからの反応が良かったのか、実際のデータを見ながらの分析や改善もマーケティングの担当となります。インプレッションに対するエンゲージメント率など、詳細な数字を分析していきます。

また、データを収集するために行う作業は膨大です。

●    反応の良い時間帯
●    反応の良い投稿内容
●    画像の有無の反応率
●    画像と映像での反応率の違い
●    ハッシュタグを導入しての反応率の違い
●    どのようなハッシュタグがもっとも反応がよいのか
●    インプレッションに対するエンゲージメント率

このようなデータを分析、反応の低い箇所は改善するといった分析・改善を繰り返します。投稿が見られているにも関わらずコメントやいいねなどエンゲージメント率が低い場合、エンゲージメント率が低い原因も検証していきます。

SNSマーケティングの勉強方法

SNSマーケティングに仕事内容について説明しましたが、どのようにして勉強していくのでしょうか?企業のSNSマーケティング担当の採用条件にも、「実務経験2年」のようにSNSマーケティングの経験が必須で要求されることがあります。

そこで、SNSマーケティングをどのように勉強するのかについて紹介します。SNSマーケティングに強い企業はまだまだ少ないため、経験があるだけで採用される可能性も高まります。

実際に運用する

SNSを勉強する方法として一番効果的なのが、実際にSNSを運用してみることです。実際に運用しつつ、データを分析、改善を図ってどのような投稿がもっとも反応が良いのかを調べていきましょう。

SNSは無料で始められるため、失敗してもリスクが生じません。その反面、成功すれば自身のアカウントが影響力のあるものになる可能性もあるため、参入しておいて損はありません。

情報商材やコンサルを受ける

SNSマーケティング勉強する方法として、最短で成功したい場合は情報商材や、コンサルティングを受けることが効果的です。成功している事例を参考に運用することで、成功への近道となります。

また、実際にコンサルティングとして、伸びるまで実際にSNS運用の方法をマンツーマンで指導してもらえるサービスもあります。SNS運用の知識は、今ではどの業種でも重宝されるため、スキルを持っておくだけでも非常に強いです。

まとめ

本記事では、SNSマーケティングについての概要や、どのような仕事内容なのかについて解説しました。最後に、本記事の内容を簡単にまとめると

●    SNSマーケティングとはSNSを活用して認知拡大や収益の増加に繋げること
●    投稿する内容や、どのような投稿に反応するのかをプランニングする
●    投稿への質問やコメントに対して、顧客の満足度が上がるように回答する
●    投稿した内容の反応率を分析、データに基づいて悪い部分を改善する
●    SNSマーケティングを勉強するなら、自分でアカウントを運用する
●    コンサルティングを受けて、伸ばすノウハウを自分のものにする

このような内容でした。SNSマーケティングに力を入れている企業も増えてきており、SNS担当として人材を採用している企業も出てきています。それほどまでにSNSの効果は大きく、期待されていることが伺えます。

しかし、SNS担当の人材を採用、教育するとなると費用や時間がかかります。そこで、SNS運用に力を入れたいけど新規採用は考えていないという場合は、SNS運用を外注してみるのも手段の1つです。

弊社でもSNS運用代行を請け負っているため、ぜひ一度、SNS運用の外注化を検討してみてはいかがでしょうか。

NEW
ARCHIVE