ホームページ制作,

無料のホームページ制作ツール5選【無料故の欠点も】

「初期費用を抑えてホームページを制作したい」「プログラミング言語などの専門知識を使わずに制作したい」など考えている方でも、カンタンに制作できる無料の制作ツールが多くリリースされています。

本記事では、無料のおすすめホームページ制作ツールを解説します。

無料でホームページ制作が行えるおすすめツール

ホームページを無料で制作できるおすすめのツールを5つ紹介します。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

・WordPress
・Wix
・imdo
・ペライチ
・BASE

・WordPress

ネット上にあるWebサイトの37%がこのWordPressで作られています。

サーバー代以外に必要になる費用がなく、ほとんど無料で利用可能です。

最大の特徴は、プラグインの豊富さにあり、様々なプラグインを導入することによって必要な機能を追加し、カスタマイズできます。自由度が高くどこまでも追求できるためおすすめです。

・Wix

Wixは、日本で運営を始めたのが2012年とまだまだ歴史は浅いですが、世界的に見ると約1億人以上のユーザーが利用している制作ツールです。

ドラッグ&ドロップで要素を設置していくだけなので誰でも本格的なホームページを制作でき、面倒な操作は一切したくないという方におすすめです。

また、スライダー表示やアニメーション効果などの動きを入れることもでき、テンプレートも豊富に整えられているため、オリジナル性高く仕上げられます。

・Jimdo

Jimdoは、様々なWebサービスを展開しているKDDIウェブコミュニケーションズが運営する制作ツールです。Jimdoも先ほどのWix同様にドラッグ&ドロップをするだけでホームページ制作ができます。

また、「ジンドゥー AI ビルダー」といういくつかの質問に答えるだけでAIが自動で制作してくれる機能もあるため、最もカンタンに制作ができるツールと言えるでしょう。

しかし、その分ありふれた仕様になってしまう可能性もあるため注意が必要です。

・ペライチ

ペライチは日本の企業「株式会社ペライチ」が提供するサービスのため、日本語のサポートが充実しています。

直感で操作ができるようなUI設計になっており、初心者でもカンタンに制作可能です。

しかし、その名の通り少ないページ数を想定した制作が得意なツールなため無料プランで1ページ、最もハイクラスなプランでも10ページまでしか作れない点はややマイナスです。

・BASE(ベイス)

BASEはECサイトを構築する際に使われる制作ツールです。

豊富なテンプレートが整っているだけでなく、アクセス解析や決済機能まで利用できます。BASEで料金が発生するのは注文が入った時(決済手数料3.6%+40円にサービス利用料3%)だけです。注文が入るまでは一切料金はかかりません。

また、Instagramとの連携も可能なためECサイトとInstagramの双方から集客を見込むことが可能です。

無料でホームページ制作を行う際の注意点

ホームページを無料制作ツールで構築する場合に気をつけるべき注意点は3つあります。

これらの点を押さえておかなければ、満足のいく出来にならない可能性が高いので確実に守るようにしましょう。

・独自ドメインが使えるか確認する
・ページ公開数の制限を確認する
・容量の制限を確認する

・独自ドメインが使えるか確認する

無料制作ツールの中には独自ドメインが使えないツールもあります。

独自ドメインが使えないとツールを提供している会社がサービスを終了した際に、ホームページも消失してしまいます。

せっかく作ったのに消えてしまうのは非常にもったいないです。

それだけでなく、サブドメイン形式やサブディレクトリ形式でドメインを借りるような形になるため、URLが長くなってしまい見た目的によくありません。

有料プランにすることで使えるようになる制作ツールも多いので確認してみましょう。

・ページ公開数の制限を確認する

ほとんどの無料制作ツールにはページ公開数に制限が設けられています。

各制作ツールで定められた公開数以上にページをアップすることはできません。

また、投稿されているページ数が多いほど狙っているキーワードにアプローチしやすくなるため、検索流入を求めている方はSEO対策についても考えるようにしたいです。

・容量の制限を確認する

無料制作ツールを使用して制作する場合には容量を確認することも忘れないように。

先ほどのページ公開数同様に各制作ツールで使用できる容量に制限がかけられています。しかし、無料プランでも500MB程度は使える場合がほとんどで、このくらいの容量があればよほどのことがない限りは問題ありません。

動画や画像を多く使用してページ数も数十ページを超えるようなら注意が必要かもしれません。

まとめ

無料のホームページ制作ツールは大きな費用もかからず、プログラミング言語などの専門知識も必要ないため、誰でも制作することができます。

しかし、それゆえの落とし穴もあるため十分気をつけてください。自分で制作して成果が出るのか不安だという方は制作会社に依頼することをおすすめします。

株式会社アシストなら頭金0円で分割払いができるプランを提供しており、負担を最小限にしてホームページの制作が可能です。

初期費用を抑えたいという方は株式会社アシストを検討してみてください!

NEW
ARCHIVE